ホーム > スタッフブログ

募集要項

2016年11月18日(金)11:57Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツ人の国民性】

今回は私が思っているドイツ人の国民性についてお話しさせて頂きます。

 

ドイツに12年在住していた時に、ドイツ人以外の外国人からよくドイツ人は冷たい、面白くないという事を頻繁に耳にしました。

自分自身もドイツに移り、初めの1,2年は冷たいなあという印象を持っていましたが、言語が理解出来るようになり、しっかりとしたコミュニケーションが取れるようになってドイツ人への印象が変わりました。

 

個性がある、ダイレクトに物を言うなどは海外ではよく見られる傾向なのですが、それに加えドイツ人の多くの人は一つの物、事柄に対する意見をしっかり持っていて、そしてその事について討論するのが好きです。

 

大学在学中よく経験したのですが、ドイツではゼミや講義の中でプレゼンする人が、自分の仲良い友達でも、そうでなくても関係なく質問し、反論があれば自分の論理で冷静に説明します。だからと言って、友達関係が悪化する事は無く、ゼミや講義の後はいつも通りに仲良く話していました。

討論好きは学校だけに限りません。プライベートな時間、カフェ、バーや居酒屋に行っても、世間話以外に国際政治の討論、社会問題、新聞の話、ある歴史の解釈の仕方など真面目な討論が繰り広げられます。

ドイツ人は論理的で一人一人が自分の哲学を持っているという事ですね。

 

ですが、それは他人の意見を受け入れないという事ではありません。自分の意見を持ち、それを他の人に話す事で、自分の中でもう一度確認、そして他の人の意見を聴き、それがまた違った意味で論理的であればその事について自分も感銘したり、考え直したり、他人の意見に同意出来なくてもそれと共存しようとする、といった傾向です。それと同時に深い芯をそれぞれが持っているという事です。

もちろん、全員がそうではありませんでした。自分が知りあって来た人にはそういう方々が多く、長くドイツに住んでいる外国人もこういった影響を少なからず受けています。

 

大学の事務やレストランバーで仕事をしている際に感じたことですが、駄目なものはだめ、決め事に関しては例外をめったに認めません。(日本だったら、単位を落としそうになると救済措置がありますが、ドイツではスコアを割ると問答無用で落第!)、仕事は自分で見つけるもの、やる時はやる。そして、会議では役職や年齢など自分の立場に囚われず、改善点、問題点を言っていく。時間になったら途中でも仕事を終えるという傾向が強かったです。

 

皆さんはどのようなドイツ人像をお持ちでしょうか?是非、ドイツに行って沢山のドイツ人と深くお話ししてみて下さいね。

 

IMG_2896

 

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年10月22日(土)15:47Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局 第四回:よくある質問に答えます!

皆様、如何お過ごしでしょうか?

 今日は生徒さん達からよくされる質問にお答えします。皆様にも参考になればと思います。

 

■質問1.【日本でドイツ語を学ぶ時間がありません。現地で学びたいと思いますが間に合いますか?】
滞在目的やどれぐらいドイツ語圏に滞在されるか、どのぐらいのレベルでドイツ語を喋れる様になりたいのかによります。
もし、長期間ドイツ語圏の滞在を予定される方でドイツですぐに語学を活かす必要のない方は、耳が慣れてからグラマーを学んだりすることが出来るので大丈夫でしょう。
※ただ、最初の数ヶ月の日常生活は辛くなるかもしれません!!

 逆に、お仕事や大学関係が目的で、現地で学習する時間がなく、またすぐにドイツ語を活かす必要のある方はやはり事前に日本でグラマーをしっかり、そして耳を少し慣らせておくということはとても大事だと思います。
何故かと言うと、グラマーはドイツの語学学校ではドイツ語で説明されていくからです。グループレッスンが主流ですし、質問できても先生に説明されている内容が分からないなどの問題が出てきます。

後、やはりその時に出てきた文法事項の「なぜこうなるのか?」がすっきりされずに毎日そのままクラスが進んでいくので、「分からない」が積み重なり、語学の伸びが止まってしまう可能性も大です。

 

その一方、長期滞在で余裕のある方は耳が慣れて行き、経験、つまりよく出くわしたシチュエーションなどでフレーズを自動的に覚えていきます。
時間に余裕があるため音から入って、その後文法を学んでも大丈夫という訳なんです。ただし、絶対に早かれ遅かれグラマーは勉強しましょうね。
文法習得などの学習を疎かにして、ストリートだけで学んだドイツ語に頼っていては、大学で働いたり、仕事でメールをきちんとしたドイツ語では返せないという欠点が浮き彫りになります。やはり言語はある程度きちんと学ばないとお金が稼げないという事です。
もちろん、ビザを申請したい時なども、「ただここに滞在していました。」だけではビザは降りません。語学学校に通った証明書、成績証明書も必要です。永久ビザを狙っているとなると尚更、国から決められている語学試験にも合格する事が必須です。

 

 

■質問2・【話すことが本当に苦手です。どうしたら喋れるようになるんでしょうか?】
 質問1の解答で文法押しの先生だと思われたかもしれませんが、私は会話も文法も両方同じぐらい大事だと思っています。
単語と単語を並べてみても言いたいことが全く伝わらない、その為に文法を学びます。
かといって、文法だけは満点だけど、いざ人前に出ると喋れないでは困ります。両方鍛えていくことが大事です。

 よく話せないと仰る方は、質問に対しての答えは一つしかないと思われています。そのため、会話中にその単語を忘れて黙って考えて一生懸命思い出そうとします。その何分間の間で相手は「ドイツ語出来ないんだ。質問の意味が分からなかったんだな。」と勘違いをし、英語に切り替えて話し掛けられてしまい、結局英語で会話をして終わったなんて事も間々に聞きます。

 皆様にお伝えしたいことは、質問に対しての答え方は何通りもあるということです。
もし、思い出したい単語を瞬間的に忘れたとしたら、すぐに似てる単語(類義語)を探したり、その物を説明してみてください。

 *例*

「机」 という名詞が思い出せません。

  • 物を沢山置ける。 2.大抵、木でできている。などなど・・・

 

そうすると相手も「あー、ドイツ語少し喋れるんだ。教えてあげよう!もしかしてこの事を言いたいんじゃないかな。」と察して反応してくれます。
黙ってたらそういう経験も出来ない!間違いすら出来ない。=改善も出来ない。
悪循環です。ですから勇気を持って、間違うことを恐れず沢山適当なことでも良いんです。
トライしてみてくださいね!
難しい文を作ろうとするのではなく、まずはシンプルな簡単な文で会話に慣れるようにしてみてくださいね!

 

Viel Erfolg!(沢山の成功を!(お祈りいたします)

 

IMG_2928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年4月8日(金)19:55≪第23話≫ ダビッド先生のドイツ情報局 【おすすめの辞書】

Hallo!

 

初回レッスンでよく生徒さんに聞かれるんです。

「先生、ドイツ語の辞書を買いたいんですが、どの辞書を買ったらいいですか?」って。

そのときは、だいたいこう答えます。

 

「買わなくて、いいですよ」

 

はい。その通りです。

実はオンラインに完全に無料で使える優秀な辞典があるんです!

その名は「和独辞典」。

(www.wadoku.deで検索できます)

 

このサイトでボクも何度救われたか!日本語での検索とドイツ語での検索ができて、すごいヒット数なんですよ〜 基本なんでも載ってます。

ドイツ語が打てないキーボードでの入力の場合、ウムラウトのüäöは検索エンジン内で変換もできます。とにかく便利!

場合によっては、あんまりたくさんの単語が出てくるので、どれを使えばいいかわからなくなっちゃうという少し困ったことも確かにありますが、この和独オンライン辞典では口語まで、たくさんの言葉が調べられるのが魅力です!普段辞書には、口語ってなかなか載りませんよね〜 だけど実生活はそればかりが聞こえてくるんです。だからこれは本当に使えるなあと思います!

システム的には、和独辞典は一応誰でも新しい単語の訳を提案することもできます。まだ登録済みでない単語は、提案してからもちろん管理人さんに正解かどうか確認が入って、OKでしたら辞典に反映されます。そうやって単語がどんどん増えて、「旬の言葉」も、割とすぐ出てくるんです!繰り替えし言いますが、それが和独辞典のすごいところですよ〜(笑)しかもタダで使えるし、スマホのホーム画面にアイコンを置いておくと、いつでもどこでも簡単にアクセスができて、「どこでも辞書」が誕生!

しかし!ちょっとしたネックは実は、あります…

実は和独辞典は、単語ごとをクリックすると用例も用意されたり、類語もすぐ表示されますが、これは、日本語の単語をクリックしたときのみです… ドイツ語の訳はクリックできません。多分元々ドイツ人向けに作られたものだからということもあるでしょうけど、日本語をクリックすればドイツ語の用例も出てきますので使えなくはないですよ。

そして用例は出ても、ほとんどの単語は完全な「例文」が出ません。

それでも読解にはとても役に立ちます!!自分で文書を作りたくて、使い方例をたくさん見たい方には、やっぱり電子辞書を買ってもらった方がいいかもしれません。なので「買わなくて、いいですよ〜」が限定されてしまいますね…すみません(⌒-⌒; )

 

例文が見たくて辞書を買いたいと言う人は、電子辞書が、ちょっと高いけど、これからのドイツ語の勉強への投資だと思って買うといいかもしれません。値段もピンキリですが、いきなり3万円とかするものが多いので、優秀かもしれないけど、なかなか手が出ないかと思います。なので、「今はちょっと予算がピンチかも!」という人は、1万5千円ぐらいで買える、カシオのちょっとバージョンが古いものも出ているのでいいと思います!例文も出るし、音声も出るので聞き取りの練習もできます。とにかく紙の本でいうと数冊の辞書や辞典がデータで入ってます!これは買って損はないでしょう!紙の辞書は、付箋を貼ったりすることができていいと思いますが、持ち運びにくいし、これだけの本を一気に含んでる電子辞書はやっぱりベストかな〜。

今ちょっと余裕がある人は、最新のバージョンを買うともっとも損がなくていいかもしれませんよ。

 

またオンラインのものになりますが、テーマ毎に単語を覚えたいという方には、「ドイツ語図解辞典」がおもしろいかも!これは偶然見つけたものですが、例えば「食べ物」という分類や、「身の回り品」という分類などのイラストをクリックすると、絵でたくさんのドイツ語単語を理解し覚えることができます。単語力を増やしたい!というアバウトな希望の方にはいいと思いますよ〜

URLはこちらwww.bildwoerterbuch.com

 

最後に、勉強が進んでドイツ語に深入りしちゃって、専門的な言葉をドイツ語で調べたいのにどの辞書をひいてもなかなか単語の訳が出てない方へコツを教えたいと思います…

まずは母国語でウィキペディアで検索します。それで、検索結果の言語切り替えをすると、なんと今までどの辞書でも出てこなかった言葉でも、当言語の記事が出ますので、その題名が、途方にくれて探しまわってどこにもなさそうだった言葉の訳になるんです!

このやり方では、本当にマニアックな言葉まで出ますので、ぜひ覚えておいてください。いつか、役に立つかもしれません…♪

 

それでは、来週は、最終回です!また来週もお勉強情報を発信しますので、最後まで読んでもらえるとうれしいです。

Bis dann!

 

david

 

 

■筆者:レンメル ダビッド ナタナエル

マンガ家になるため来日し、現在はドイツ語講師、マンガ家、マンガ講師
として活躍中。ドイツ語講師としては、日本語を高いレベルで習得した経験を
活かして、論理的でわかりやすいレッスンが評判。
何よりも楽しくレッスンを進める事で生徒さんの継続率も非常に高い先生です。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年3月29日(火)20:09修了生さまご紹介【ドイツ語 ダビッド先生】

今日は先週、ドイツご赴任のため50時間のレッスンを修了されたs様をご紹介
させて頂きます。s様は語学学習が苦手という事でいらっしゃいましたが、
先生曰く「謙遜、謙遜!」上達も早く、とても嫌いとは思えないほど質問もたくさん!
明るく、意欲的に取り組んでいただきました。先生も楽しそうでした。

現地では、日本で先生と話した時とスピード感がまったく違うためはじめは
戸惑われるかと思いますが、時間が経つと日本で積み重ねた基礎が必ず活きて行きます。
ドイツに行かれてもご健闘をお祈りいたします。
下記、S様と担当のダビッド先生。右の文章は頂いたレッスンへの感想です。

 

 


IMG_1369

 短い時間でしたが、大変お世話になり有難うございました。

 語学は苦手で取り組みたいという思いは、これまでありませんでしたが、
 仕事の関係上やらざるを得なくなり、門をたたきました。

 ダビッド先生の優しさと、上手なご指導ゆえに話す事の大切さと
 面白さを経験させていただき、とても感謝しております。

 まだまだ出来ない、わからない事がたくさんありますが、
 現地で積極的に更に学んでまいります。
 もう少し早くからこちらで学んでいれば・・・・と思いますが、
 まずはとっかかりを作っていただいた事に感謝いたします。

 

 

 

2016年3月17日(木)19:30【リーズナブルの秘密】

先日行われた体験レッスンで生徒様にこんな事を聞かれました。

「料金が他の学校より大分安いようだけど・・・・・。なんでですか?」

実はこの質問はよく頂きます。
恐らく「こんなに安い学校大丈夫??」という事だと思います。
数年前、大手語学学校が責任を果たさないまま倒産し、語学学校の信用が落ちておりますので、皆様のお気持ち非常に良く分かります。私もお客様側であれば、理由が知りたいです。

本日は当校がリーズナブルな料金に設定できている理由を説明させていただきたいと思います。今日のテーマでは「秘密」なんて大袈裟に言っていますが、単純な事です。

①広告費を最小限に
②人件費を最小限に
③教室運営費を最小限に

①当校ではWEB広告に多少コストを使う他はほぼ広告宣伝費を使っておりません。もちろん多くの方に知っていただきたいので、色々な媒体の広告費を調べた事があるのですが、特に電車の車内広告など、莫大なコストがかかります。

②少人数のスタッフで運営していますので、人件費が最小限です。もちろん、先生の質を落として人件費を稼ぐような事はしません。少人数のマンパワーフル活用です!

③教室運営費に関しては、設備や立地の面でコストダウンをして押さえられたコストをリーズナブルな受講料に反映させているわけですが、正直、改善点だと考えております。多くのお客様にいらしていただき、利益を上げてから、この部分はしっかり対策して、皆様がもっと気持ちよく通っていただける学校を目指しています。

という3点がリーズナブルの秘密、というか理由です。
以上のような努力をして現在の料金をキープしております。
ですので、皆様が懸念されるような、レッスン料が高い学校と比較して講師で劣るのでは?という事は絶対にありません。大手のBE社や、GA社所属の先生が当校でも教えている事も多くあります。

料金設定に関して、熱く説明しましたが、最後に受講料と絡めて学校選びのオススメポイントを皆様に。
最近では、皆様数校比較されて学校を決める方が多いと思います。その時はまず、「料金の事は頭から消して」先入観なしで学校=講師を見て欲しいと思います。プライベートレッスンでは講師との相性・信頼が一番重要だと思います。学校の役割としては、事前に生徒さんの情報をおうかがいして、いかに的確なマッチングをできるかが腕の見せ所です。
まずは、純粋にマッチングが成功しているか?講師を信頼できるのか?で結果をつけて、その後に「ご予算」「立地条件」等を加味して学校を選択していただければ悔いのない学校選びが出来るのではないでしょうか?

皆様が最良の講師と出会える事を願っております。

2016年1月22日(金)16:09欧米・アジア語学センター – ≪第12話≫ ダビッド先生のドイツ・ドイツ語情報局 【ドイツの遊び方事情】

Hallo!

最近寒いですね〜 いよいよ冬本番です!
前回と前々回は政治や経済など難しい話題でしたが、今日はドイツ人は自由時間によくするFreizeitbeschäftigung(フライツァイトベシェフティグン=遊び方)について書きたいと思います!

やっぱりどこでもイマドキはメディアが生活の一部ですよね。ドイツ人ももちろんテレビを見たり、ラジオを聞いたり、本を読んだり、ゲームをしたりします。でも日本ではそんなに一般的ではない遊び方もいくつかあるので、その辺を紹介したいと思います…!

日本の田舎はどうかわかりませんが、東京で友達と会うとなると、やっぱり居酒屋が一番人気なのではないでしょうか?でも実は、ドイツには居酒屋はないんです!
もちろんビアガーデンやバー、レストランやカフェとかはありますが、日本みたいに、お酒も飲めて、料理も食べれて、さらに大人数で「くつろげるスペース」という様な形式ではありません。(最近は日本風居酒屋が所々できましたが、床に座ってくつろぐスペースより、タッチスクリーンのパッドでオーダーができる便利さなどを輸入してる形です!)。

じゃあ、居酒屋がなければ、ドイツ人は普段どこで集まるんですか?!気になりますよね。
答えは… Zu Hause(ツーハウゼ=お家)です!
つまりいわゆるホームパーティ。ドイツではそれが普通なので、「ホームパーティ」という言葉はありませんが… 「集まろう〜」ってなると、「誰かの家だよね〜」というのが常識。
家は基本的に日本の家よりは広めです。だから人が呼びやすいです。誕生日も何歳になっても、ドイツ人は大きく祝うので、数十人を家に招待して、誕生日パーティをします。広めの地下室などにダンスができるパーティルームを作ってる家庭も少なくないと思います。
持ち寄りパーティもあれば、招待する人がビュッフェやがんばり屋さんだったらコースメニューを用意する場合もあります。

もちろんドイツ人はレストランとかに全く行かなくはないんですが、外食は日本ほど多くなくて、特別な時にしか行きません。出会いがしたい人や、友達と仕事帰りとかちょっとだけしか会う時間がなければバーとかに行くかな。

複数の友達が家で集まるとよくやるのは、Spiele(シュピーレ=ゲーム)です!しかし、これはプレステとかではなく、テーブルゲームやボードゲームのことです!
ドイツのゲーム文化はすごいですよ!日本は、テレビゲームはたくさんありますが、ドイツはソーシャルゲームも超一般的です。日本のテレビで芸能人もたまにクイズゲームやリアクションゲームとかやりますよね?テレビで他人がやるのを見るよりか自分でやればいいのに!といつも思っちゃいます。とにかくドイツでは集まりにはゲームがつきものかも。ゲームの種類は山ほどあるので全部紹介すると来週まで書き終えられないと思いますが、うちで人気なゲームを紹介します。

一つ目は”Tabu”(タブー)です:人数が二つのグループに分かれて、カードに書かれた言葉を自分のグループに説明するゲームです。その説明で使ってはいけない、つまり名前通りタブーの言葉も五つ程カードに書かれています。もちろん超使いたくなるような言葉です。1分間しかないので、ばーってしゃべってグループに説明をし、説明してる言葉を当ててもらいます。グループの人はみんな、がーって思いつくまま正解かも!?と思った言葉を言いまくります。1分間でできるだけ多くのカードの言葉を説明し、説明が通じて回答が出ればポイントを稼ぐゲームです。具体例で言うと、例えば「カンガルー」という言葉をグループに説明するのにタブーの言葉は「袋、ジャンプ、動物、オーストラリア、跳ぶ」だとします。さあ、この条件で1分で「カンガルー」を説明どうぞ♪ というようなむちゃぶりゲームです(笑)
だいたいこうなります:説明者「生き物!ほ乳類!」グループ「豚!牛!イルカ?!」「違う大陸!南半球の!」「アフリカ!像?」「ううん、もっと右!」「え?オーストラリア?!」「そう!そこのほ乳類!赤ちゃんを運ぶやつ!」「赤ちゃん?あ!カンガルー!」「そう!ふ〜」
一瞬ほっとしますが、時間が残ればすぐ次のカードを…
想像できるかわかりませんが、すごくテンポのいいゲームなので楽しいですよ〜

あと”Activity”(アクティビティ)というゲームも好きです。形式が似てますが、説明をする言葉にタブーワードがつかない代わりに、言葉自体は難しいです。「磁界」とか。そして説明の他、1分以内にカードに書かれたものを「絵で描くチャレンジ」と1分以内にみんなの前で「無言劇チャレンジ」もあります。たとえば「メルヘンのお城」を描くとか。もちろん「お城」だけという回答では正解にはなりません。それとも無言劇で「模型飛行機」を演じるとか。「模型」とかプラスアルファされる言葉をいかに工夫してグループに分かってもらえるかがポイントです。
他には普通のボードゲームとか、本当にたくさんの知識がないとできない超上級クイズゲームもあったりします。
こういうゲームは頭も使うし、一人ひとりの個性が出るので、とても楽しいですよ〜

これはどちらかというと寒い季節の娯楽ですが、暖かくなるとドイツで一番人気なのはアウトドアな遊びです。

多くの人は庭を持っているので、庭のケアが自由時間の遊び?場合によっては仕事?です。夏は、夜の11時まで明るいので、庭で過ごす時間が長く、バーベキューもしたりしますので、やっぱり庭を奇麗にしたいですね。休みを一日外で過ごす場合も少なくないです。みんなで朝ご飯を庭でとってから、花の水やり、日向ぼっこやスポーツしたり、夕方はバーベキュー、夜は野生のハリネズミに食品の余り物を少しだけ出したりとか。
マンションに住んでて庭がない人はSchrebergarten(シュレーバーガーテン=市民菜園)を借りたりします。そこで自然農業をして、農薬の使ってない自家製野菜を作ってる家庭もあれば、花を育ててただ夏の満喫できるスペースとして使っている人も多くいます。

ドイツ人は自転車が好きなので、家族や友達でサイクリングツアーとかもよくします。やっぱり自然に出かけたりするとリフレッシュができますね。
こうやってお金を使わずにできる遊び方はいっぱいあります。

お金を使うヨーロッパの遊びといえば、やっぱり舞台ですよね。ドイツは劇場が多く、大切な文化です。国立劇場は全国で140軒、私立は220軒あります。さらに別の形式の舞台は320軒あります。
今は映画や他のメディアの魅力と低コストのため、若い人で劇場に足を運ぶ人がかなり減っていると思います…

自分があんまり興味がないだけで忘れてはいけないのは、ドイツの国民的スポーツ、Fußball(フースバル=サッカー)です。ほとんどの人はサッカーが大好きで、テレビで見ています。ボクの実家の近所は日本の内田選手がいるシャルケアリーナで、シャルケが好きな人がとても多い地域です。
シャルケの試合があると、実家の下の階に住んでる人のシャルケ旗がピンと上がってボクの部屋の窓の前で日差しを奪われたのが苦い思い出です(笑)そして勝っても負けても、下の人の声が大きく「うおおおおああ!!」と漏れてきます(笑)
若者の遊びでサッカーをやるのもやっぱり人気がありますね。ちなみに、日本人の男の子は子供のとき野球選手になりたいと同じように、ドイツ人の男の子はサッカー選手になりたいと答えてます。(野球はドイツでは全く人気がないです)ところで、女の子の、将来なりたいお仕事の一位は獣医さんです。

動物といえば、ドイツ人はペットを飼ってる人が多いです。特に大型犬が人気です。ペットホームにたくさんの里親を待ってる動物がいるので、動物をペットホームから引き受ける形が多いです。しかしどうしても、自分の家でペットが飼えない人用、「犬と散歩」仕組みがあります。ペットホームの犬と仲良くなってから散歩に連れていったり世話したりすることができます。ペットホームにとっても大切な人力になりますし、ホームも犬もペットを飼えない人もみんなが得するシステムです。子供のときにおばさんと一緒によく行きましたよ。結局おばさんが何度も行くうちに犬に惚れて、お家に迎える決断もできるようになりました。

そんな感じで、ドイツには、日本と少し違った遊び方もいっぱいあります。
いかがだったでしょうか?

それでは、来週からは文化よりも、語学についての記事に集中したいと思います♪

写真:一つは「タブー」(ちょうど「寿司」を説明するカードです!タブーワードは日本、お米、のり、魚、お箸)そしてもう一つは父親の家の庭です。

IMG_8256 tabu3

2015年12月4日(金)17:37≪第7話≫ ダビット先生のドイツ情報局 【ドイツの教育事情】

Hallo!

実はつい最近30路に突入しました。学生生活がまるで昨日のような思い出ですが、意外に時間経っちゃってるなあとしみじみ思ったりしてます・・・
でも今日は学生時代をいろいろ思い出し、ドイツの教育事情について書きたいと思います!
ドイツは学歴社会です!勉強するのが命。義務教育は9年、高学歴の人は最低12年、最大寿命までです。そのわけを説明します…

でもまず基本的なこと。ドイツの学年は日本と違って夏に始まります。夏休み中に交通が混雑しないように州によって夏休み期間を毎年多少ずらしているので、時と場合によって8月か9月に授業がスタート。
そして学生服はありません。ドイツ人は「みんなで同じ」が歴史上の理由から怖くて、「イエーイ個性バンザイ!」的な文化です。髪の毛を虹色に染めても、大人かわいいメイクをしても、入れ墨を入れても学校のルールに反しません。ボクも高校の時にゴシックだったので、黒ずくめで白メイクの吸血鬼のような少年でした…

さて、学校システムですが、Grundschule(グルントシューレ=小学校)に入学するのは基本的に6歳ぐらいのときです。小学校は4年生までです。基礎をしっかり学び、その後は進学します。その進学先は何事もなければ大学までもう変わりませんので大事に選びたいですね。進学する学校システムは3つあるので、そちらからの選択になります。
それはRealschule(レアールシューレ=実科学校)、Hauptschule(ハウプトシューレ=基幹学校)とGymnasium(ギムナジウム)があります。
Realschuleは義務教育のみ、16歳で卒業し職業訓練を受けるなどする人が行きます。Hauptschuleも同じなんですが、Realschule程レベルが高くないです。
一番レベルが高いのはGymnasiumです。ギムナジウムでは5年生〜13年生まで勉強します。つまり日本でいうと小5〜高3(+1年)までずっと学校が変わらないようなものです。10歳〜19歳までの子どもがいるわけですね。日本の高校生の学年に当てはまる先輩は、新入生のパトロンになって、学校を案内したり、困ったことがあれば助けたりします。高学年の希望者はStreitschlichter(シュトライトシュリヒター=喧嘩解決サポーター)という訓練を受けて、小中学年の学生の喧嘩やイジメ防止に取り組んでいます。
ギムナジウムの最初の2年はErprobungsstufe(エアプローブングスシュトゥーフェ=試験学年)と呼ばれていて、本当にこのギムナジウムのシステムについていけるか、試しの2年間です。もし難しければ、少しだけ易しいRealschule(上記のね↑)に編入します。
逆にRealschuleで優秀な人はレベルの高いギムナジウムに編入することが可能です。
ギムナジウムの特権は、卒業さえすればそのまま大学に進学する権利です。そう、入試はありません!でもその代わりにギムナジウムの卒業試験はとても難しいです。点数がよろしくない人は卒業試験を延期したく、希望して留年することもあります。なぜかというと、卒業試験の成績が希望している大学の学問に入学するための資格になるからです。その資格になる卒業試験の名前はAbitur(アビトゥア)。通称Abi(アビ)です。ドイツの法律ではアビの取得によって大学で勉強ができる保証があります。といっても、例えば医者になりたければ超優秀な卒業成績を持っていないと医学部に入学することはなかなか難しいです。大学が平均点数を指定し、定員になるまで優秀な人からとるからです。その指定の平均点数はNCと呼ばれています。希望の学問のNCに届かなくても、確かにまだ方法がありますが・・・NCがぎりぎり惜しい人用の「待ちリスト」があります!毎年大学が定員数のうち、数人を待ちリストからとります。待てば待つ程リストの上位に上がるので、結局数年後に入学するチャンスはやってくるかも!?ただ、毎年「待ちリスト」に登録する人がいて、こちらも良いNCの順でとるので、本当に成績が悪い人は何年待っても希望通りにはいかないでしょう…。そうするとNCが求められない学部を選ぶしかないですね。希望通りの進路ができるようにアビのためにしっかり勉強していい卒業成績を持った方がいいですよね!
アビトゥアのための準備期間は大学に行く前の3〜4年間です。10年前、ボクが学生の時はまだどこでも4年制でした。つまり日本でいうと高校3年+1年間長く学校に通うのが一般的で、学生生活が計13年でした。しかし国際的に合わせようとして無理矢理政治家は12年に短縮するという法案を通しました。勉強の詰め込みが増えたので「昔の13年に戻した方がいいんじゃないの」という声も出て、今は12年か13年のどちらかはそれぞれの州や学校によって決められるようになってます。
とにかくアビ期間に入ると、これからの進学したい路線をイメージした時間割をある程度自由に組むことができます。必須科目は数学、国語、英語、体育、それ以外選択できるのはその他外国語(特にフランス語が多いですが、学校によって異なります)、宗教又は哲学&道徳、政治学、歴史、教育学、化学、情報科学、物理学、生物学、美術、音楽、演劇です。移民が多いので彼らのためだけに母国語の授業が用意されているケースも多いです(特にトルコ語)。
「理系」か「文系」という重点も選択しなければいけません。それによって卒業試験の内容が違ってきます。例えばボクは重点が「文系」だったので、文系の科目2つで卒業試験を受ける必要がありました。偏らないように理系の卒業試験も一つを受けるのが必須で、あとは自由選択科目の試験一つの計4つの試験科目ですね。国語(ドイツ語)と英語と、理系でまだ何となく理解できた「生物学」と、選択科目では「教育学」を選びました。その4つの科目のうち、3つは6時間をかける筆記のアビ試験を受けることになります。もう一つは口頭試験になります。ドイツの学校には選択肢問題の試験が全くないので、試験ではいつも論文を書かなければいけません。卒業試験だけではなく、普通の試験も3時間程度の論文です。もちろんその時間に相当する濃さの文書を書かないとまずいですね。だからずっとひたすら書くんです…手も頭も痛いですよ〜でも試験は長いということで、試験中にご飯は食べていいのはありがたいです(笑)

ギムナジウムを卒業したらいよいよ大学入学ですね!日本でびっくりしたのは、大学生は授業中に寝たり、勉強しなかったりするということです!ドイツでは見かけないですね…大学も高校と一緒で、卒業するのが大変ですし、卒論にすごい時間がかかるので、最初からしっかり勉強しないと難しいみたいです。学費さえしっかり払えば卒業できることもありません。 
だってドイツの学校は小学校から大学までどれも基本的に無料なんです。教育はみんなが持つ権利で、格差がうまれてはいけないと考えられています。数年前は一時的に大学の学費が導入されていたけれども、もう廃止になりました。ドイツ人がみんな「高すぎだろ!」と口を揃えて文句をたらしまくった額が、日本円で言うと10万円ぐらいです… 当然、自分が日本で専門学校に入りたいと親に明かしてへらへら値段を言ったとき「高すぎだろ!何考えてんだ!」と激怒されました…。でもドイツでは25歳までの学生に国からの生活支援金が出て、ボクはもう日本で自力で一人暮らしをしていたので、親がその支援金をボクの学費に当ててくれました。それだけで学費が賄えるような金額ではないんですけど、学費のために貯金する文化がないので、助かりました。もしそういう支援がなければ日本で学生ができなかったに違いないですね。本当に感謝です…!

ちなみに、ドイツでは学費がかからないからこそ、いつでも大学に入ることができるし、ずーっと寿命がくるまで学生を続けて勉強マニアな生活もできます!そもそも大学は期間が日本と違って4年に決まっていないので、途中で休学し海外に行って、また戻ってきて前に取っていた講義を1、2年後に受け続ける人がたくさんいます。大学院通いや様々な研修、学科が合わなかった場合の別の学科への編入や、勉強に要する時間の総合を考えると、卒業して仕事を始めるのも日本よりだいぶ遅く、27か28歳ぐらいが普通という感じです。大学に行かず勉強より技術を磨き、手に職を持ってる人はもちろん、もうちょっと早く始めますけどね。
そうやっていつでも自由に勉強できるドイツです。あなたもドイツで学生生活にもどりませんか?(笑)まずはドイツ語から、ぜひ♪

IMG_6385 IMG_9266

2015年9月5日(土)16:05【美味しいペルー祭りが代々木でやってます!】

皆さんこんにちは。今日はイベントのご案内をさせて頂きます。今日と明日の2日間(今日は終わってしまいますが・・・)

代々木公園でペルーの食と文化を楽しめるフェスがやっております。普段スペイン語を話す機会がない・・・という方、是非フェスにお出かけになって、お店の店員さんにスペイン語で話しかけてはいかがでしょうか?

2015年7月23日(木)17:13【スタッフ自己紹介】

皆さん、こんにちは。今日はFacebook・ブログの編集を担当しているスタッフの自己紹介をさせて頂きます。自分語りは苦手ですが、スタッフ紹介を通して少しでも学校の雰囲気が伝われば幸いです。

私、スタッフの石川と申します。
男性で年齢は36歳、実は最近まで34歳かと思っていましたが、6つ下の弟が30歳になったとの報告を受け、自分が36歳である事を知りました・・・・得意言語は韓国語で、2002年に1年間留学後、韓国語を使う企業に就職しました。(旅行手配・海外営業の2職種を経験しました。)

実は私、当校の卒業生です。まだ当校が四谷の外れにあるアパートの1室にあった頃(2001年頃)、韓国留学を目前に控え、その準備として通っておりました。その後、ある企業に韓国語を活かした仕事で就職が決まりましたが、英語もマストという事で英語のレッスンも受けました。(英語マストの会社に入社したのですが、何を隠そう私、英検3級も落ちている英語だめ人間・・・。入社面接で「英語は得意です!」とハッタリかましての入社でした。我ながらたいした度胸です。)
その後、約10年経って欧米アジア語学センターに入社したのですが、実は10年以上前から欧米アジア語学センターで働かせて欲しい!と執拗に「迫る」、「断られる」を繰り返していました。
何故そこまでして欧米アジア語学センターで働きたかったのか?
2つ理由があります。一つ目は、現在では退職された方なのですが、私が当校の生徒だった頃、語学だけではなく、留学について、他にも人生についても色々アドバイスをくれたスタッフの方がいて、その人に憧れて同じ仕事をしたいと思ったのがそもそもの理由です。もう一つは、自分自身韓国に留学して、多くの人と出会い、また韓国語を活かした仕事を選び、その職場でも本当に貴重な出会いをいくつもしました。韓国語を学んでいなければ、僕の人間関係の半分はない事になり、今どうなっているか考えるだけで寂しいものがあります。
語学はコミュニケーション技術の一つと言ってしまえばそれまでですが、関わり方によっては「人生も変えてしまう」程の破壊力を持った技術です。そんな出会いを、色々な方に体験して欲しかったというのも語学学校で働きたかった理由の一つです。

今日は苦手な自分語りを長々としてしまいました。
こんな私ですが、学校にいらっしゃる皆様にも語学を通して、人生がより豊かなものになるよう、また思いもよらない変化や出会いに遭遇していただけるよう(もちろん、良い意味の)是非お手伝いできれば嬉しいと思っています。

※写真:最前列左が私憧れのスタッフ首藤さん、
    その隣が私の学生時代。

SBSテレビ取材040906

2015年7月16日(木)09:52【学校長次男 小島よしお氏】

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、お笑い芸人の「小島よしお」氏は当校、学校長の次男です。

数年前に大ブレークして以後はテレビで見かける機会がなくなりましたが、ギャグを伝えたい層を子供たちに絞って、新たなブレーク期を迎えているようです。
全国的な人気が衰えても諦めず、自分が輝ける分野を見つけて更に上昇する姿に大いに刺激を受けました。
客層を絞るという事は私も日々勉強しているマーケティングで、非常に大切で、また勇気がいり、難しい事。大胆に実行した事はすごいと思います。身近な人に勉強させてもらいました。
(ご本人はマーケティングなんて商売じみたこと、まったく考えてないとは思いますが・・・)

毎度、日々のニュースを語学学習に繋げて恐縮ですが、諦めずに継続して、どん底が見えてしまったら、違う捉え方で再チャレンジをする。挫折がツキモノの語学学習においても参考になる事だと思います。例えば、会話重視で練習をしていて、話しても、話しても下手になっていく気がする・・・そんな場合は一旦会話は忘れて、単語練習に没頭してみる。辞書を引き引き外国語の雑誌を読んでみる。そんな事をしているうちに、ふと会話をしたら、「あれ?私って、こんなにスムーズに話せたっけ?」という瞬間に出会う事もできるかもしれません!結構そんなものですよ!?

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn…