ホーム > スタッフブログ

募集要項

2020年1月22日(水)12:52アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【ロシア語の慣れ親しみ方】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア語の慣れ親しみ方」です。

ロシア語はヨーロッパ言語の中でも2番目に習得が難しいことは以前、ブログに書きましたが、学習者の母国語によってもロシア語習得の難易度は変わってきます。

残念ながら、日本人にとっては、英語よりも難易度は高いです。

さらに、日本人は小さいころから日常生活やテレビ、ラジオなどで、知らず知らずのうちに英語に親しんでいます。

Swimming, Cooking, Baseball, Bus, Car, Taxi….などなど、辞書を今更引かなくてもわかりますよね。英語が外来語として日常的に使うから英語は習得しやすいという理由が大きいと思います。

ロシア語は日本には外来語としてはほとんどありません。ロシア語が日本に外来語として存在するのは、「コンビナート」「イクラ」「アジト」「ノルマ」くらいでしょう。

ですので、聞き慣れていないロシア語の学習は、興味のある話題を含めて学習を続けることが大切です。

そうすれば、単語帳を無理に反復して詰め込んで覚えるよりも、興味がある分野の単語の方がすんなり覚えられるはずですので、まずはそこを切り口に始めることをお勧めします。

まず、興味がある本やメディアを見つけて、その中の不明な単語を拾って調べ、読み方、書き方、意味を覚えていくのが近道です。

例えば、テレビドラマはストーリーが非常に単純で分かりやすい内容ですので、初めは何をいっているかわからなくても、何回も録画した同じ番組を反復して見て聞くことで、ロシア語の耳が自然とできてくるものです。

当学校でロシア語を勉強されている生徒さんは、4技法をバランスよく学習しているはずですので、学校では先生との会話とテキストの反復練習を行い、日常では興味のあるロシア語の書籍、映画、テレビなどに積極的に触れていくことが大切です。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

ロシア語の慣れ親しみ方

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2020年1月14日(火)15:21アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【買い物事情】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの買い物事情」です。

ロシア、ウクライナでは、想像以上にカード社会が成長しています。ファストフードや個人経営の小売店以外ではクレジットカードを使用できます。クレジットカードの利用は概ね安全が保たれていますが、キャッシングをする際は、必ずセキュリティカメラが設置されている大手銀行店舗内のATMを使い、街頭やスーパーマーケットに併設されているATM はスキミング被害に遭う可能性が非常に高いので、絶対に使いません。
スーパーマーケットは日本よりも断然大きく、品揃えも豊富で、一般的な家庭では生鮮食品を除いては商品を買い置きをしています。

イクラやキャビアは偽物が多く健康を害するものもあるので注意が必要です。和食品もありますが、ものによっては中国産の和食品であったり、また、輸入された和食品には、砂糖の代用として発がん性物質であるサッカリンが使われているものもありますので、注意が必要です。
街中にはキオスクが点在しています。大手スッパーマーケットの出店により店舗数は少なくなりつつありますが、新聞、雑誌、タバコ、ライター、菓子などが手に入ります。露店でも農家直販の野菜、果物、ナッツ類、飲料、ひまわりの種などが大変安く売られていますが、品質の保証はありませんので、特に夏は食中毒などの注意が必要です。
街の週末市場では、食料品、お土産や日用雑貨まで色々なものが入手できます。値札が付いていないことがよくありますが、価格交渉をして買うことも面白いかもしれません。ただ、週末市場はスリや置き引きなどの犯罪の温床ですので、持ち物には気をつけなければなりません。また、日本のような美しく繊細な包装文化がありません。デパート、スーパーマーケットや週末市場のいずれも基本的にラッピングなどはしてくれませんので、簡易なビニール袋や紙袋に入れてくれるだけです。パンなどは袋に入れずそのまま手渡されるだけの場合もありますので、ご自身でエコバッグなどを持ち歩くと良いでしょう。

ロシアは現在、西欧諸国からの多品目に渡る輸出制限や不安定な経済のため為替が大きく変動しています。輸入の日用品や農業製品の価格が高騰していますので、現地では国産の農業製品の需要はとても高いです。ただ、ロシアの都市では、中心街と郊外の物価差が大きく異なることも覚えておくと良いでしょう。

電化製品はとても高価です。とりわけ日本製のものはプレミアムブランドですので、最近は韓国製や中国製の廉価製品を購入するのが一般的です。自動車は非常に高価です。道路事情が悪い上、厳しい冬の環境にも耐えられる車としては、日本製のランドクルーザーなどは非常に高価で大人気です。電化製品と同じく、最近は庶民でも手の届く安価な韓国車が流入しています。

農業大国であるウクライナは食料品が元々安いので、日本人からすると、全ての品物がお買い得に感じられるでしょう。300円ほど出せばダンボール一箱分のりんごは買えます。

「ヨーロッパの穀倉」と言われるウクライナでは、さすがにパンの種類は非常に豊富で、肥沃な土地から生まれた野菜、果物、肉類は非常に美味であることに驚くでしょう。キノコ類やベリーは自然の森から大量に収穫され、様々な種類のジャムに加工されて店頭に並んでいます。
実はウクライナでは、世界屈指の肥沃な土地のため、森に少し入れば様々なフルーツやキノコ類が簡単に採れますので、わざわざお金を払って食料を買うこともない、とも考えられています。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

買い物情報

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年12月23日(月)20:04アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【ロシア・ウクライナの食事事情】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! ) 欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。 今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの食事事情」です。 ウクライナ、ロシアの伝統料理は、1240 年にかけてキエフを首都とした東欧の国家「キエフ大公国( Русь)」時代に遡り、現在のロシア料理は、ウクライナを起源として派生しました。食卓はボルシチやヴァレーヌィキなどの有名な料理があり、東欧の食文化の代表とされています。ですので、ウクライナの一般的な調理方法は現在もとても繊細で、例えば野菜の切り方は小ぶりに切り、美しい食器に少しずつ盛り付けるところはどこか和食文化に似通います。ロシアの調理方法は、食材の切り方や味付けは男性的で、大皿に大盛りに盛り付けるのが一般的です。いずれも一般的にはやや濃い目の味付けで、魚や肉より野菜を中心とした料理の方が多く見られます。焼いたり蒸したり炒めたり、色々な方法で調理することで食材そのものの風味を大切にします。食材は、例えば野菜は根から葉までの全ての部分を使い、魚も頭から尻尾まで、無駄なく捨てる部分なく調理するところも、和食文化に似ています。キエフやモスクワの中心街や市場に行くと、様々な地方の郷土料理を楽しむことができます。 さて、家庭を持つ友達からお誘いを受けたディナーでは、たくさんの種類の美味しそうなご馳走がテーブルに溢れるほどに並びます。これは半端な数と量ではないのです。ここに、おもてなしに労を厭わず、楽しむ時は盛大に楽しむという国民性が伺えます。料理をもてなす側は、食べきれないほどの料理をテーブルに用意することが美徳とされていますので、頑張って全部平らげようとする必要は全くありません。すべて平らげることは「空腹であったために全部平らげた」ことを暗示してしまい、却って失礼にあたります。残った食事はお土産にいただいたり、次の食事に持ち越されますので、たくさん残しても心配不要です。 テーブルマナーも異なります。共産主義時代を長く生きてこられた世代は、ブルジョワ階級的な食事を制限するように教育されていたため、ナイフを用いずにフォークとスプーンだけで、気取らずに食事する方もいます。人のお皿を跨いで何かを取ろうとする行為や、大きな咀嚼音はマナー違反とされるところは、西欧の食卓マナーと同じです。塩や胡椒瓶をとってもらいたい場合は自分で手を伸ばさずに、どなたかに手渡ししてもらいます。ただ都会から離れた地方に行くと、大きな咀嚼音で食事をしたり、テーブルマナーが極端に緩くなるのが特徴です。 レストランでは、大衆食堂(スタローバヤ)やファストフード店をのぞいて、ウェイターがテーブルまで案内をしてくれますので、席が空いていても、まずはウェイターの案内を待ちます。テーブルでは女性を先に席につかせます。注文はウェイターが注文を取りにくるまで待ちますので、「すみません!」と大声でウェイターを呼びつけるのはマナー違反です。ウェイターやウェイトレスは非常に薄給ですので、チップを頼りに生活をしています。チップは都市やレストランのグレードによって価額が異なりますが、10 〜25% ほど渡すと良いでしょう。ただ、非常に悪いサービスや我慢ならないほど不味い食事を提供された場合は、不味かったことをはっきりと伝え、チップは全く必要ありません。 旧ソ連諸国では和食ブームなのですが、和食レストランはお世辞にも美味しいとはいえません。和食レストランからバターやエスニックな香辛料の香りがしてくるほどですので、和食が全く理解されていません。また一般的に、和食、中華料理、韓国料理の分別がつけることができないようで、和食のメニューに、キムチやココナッツなどが紛れていることがあり、和食への理解が深まるのは相当先のことと思えます。 百聞は一食にしかず?日本でも有名なウクライナやロシアのレストランがありますので、まずは試してみてはいかがでしょう? それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

ロシア・ウクライナの食事事情

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年12月16日(月)18:29アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【第7回 ロシア・ウクライナの街中で】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの街中で」です。

旧ソ連の国々の街は、日本の都市計画や設計思想とは異なるため、街の作りが基本的に違います。日本の国土は70% 以上が山間部であるため、狭窄な平野に人口が密集し、特に政治経済活動が一極集中する中央集権的な首都東京は人口過密となっています。

ユーラシアは広大な国土があり、各地方の自治が強く、特に旧ソ連時代の連邦制度や地方分権的な社会制度を受け継いでいるため、各々の都市、町、村は一つ一つの核をつくって散在しています。ですので、大都市でも都市景観や許容人口には比較的余裕があり、緑地や自然などのオアシスが垣間見られるのも特徴です。
各都市は基本的に景観条例が厳しく、派手な看板や広告は制限されているため、美しい景観が保たれています。ただ近年、モスクワに限っては、一極集中型の過密人口が問題視されてきています。
モスクワは、放射状につくられた巨大都市で、ロシアの資産の90% 以上が集中しています。ロシア経済、政治、文化の中心で、都市は現在も成長を続けています。モスクワは首都防衛機能を高めるために、道路は意図的に複雑に設計され、中央のクレムリンが敵に侵略されにくいように蜘蛛の巣のような放射状にデザインされました。何か昔の江戸の街の設計思想にも似通いますね。しかし現在は、これが交通循環の悪い道路となってしまい、現在の交通渋滞の遠因ともされています。モスクワには交番はありませんので、対テロ対策や治安維持のため、随時、警察官がパトロールをして、街頭検査や身元確認をしています。ちなみに、ロシアでは外国人はパスポートの携行が義務付けられています。

さて、モスクワを巨大都市東京に例えるならば、キエフは京都や奈良のような存在です。

これは、キエフを首都とした東欧の国家「キエフ大公国( Русь)」時代に栄えた都の面影を残し、街のいたるところに大聖堂、修道院、歌劇場、教会、宮殿があり、東欧の歴史、文化、文明を感じさせてくれるからです。

 

東京が「清潔」という意味できれいな街だとすると、キエフは「美しい」意味できれいな街と言ったところです。街のつくりは全て右側通行です。日本とは逆で、歩行者は道路を横断するときは左右を確認してから渡ります(日本では右から左への順で確認するよう教育されていますね?)。左から右への順に目視確認することは大切で、逆にしてしまうと事故につながりかねません。
街の中心は幹線道路の幅が非常に広く車線数も多く、歩行者用横断歩道や歩道橋は非常に少ないのが特徴で、自動車や路線バス優先の設計になっています。ですので、道路を横断する際には地下街を通ります。地下街は地下通路の役割だけではなく、大きなショッピングモールにつながっていて、小売店がひしめき合って林立しています。地下街では食品から日用品まで、色々
な商品を取り揃え、映画館やカフェまであり、まるで地下都市のようです。なぜか地下街ではタバコ、ストッキング、花がたくさん売られている点が興味深いところです。街中には公設トイレがほとんどなく、地下鉄駅や鉄道駅にはトイレの設置はまったくありませんので、トイレはショッピングモールやデパート内の併設トイレを使うことになります。

ロシア・ウクライナの街は本当に他の国と比較ができないほど異なりますので、今日のブログには全てを書ききれませんでした。

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

写真

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月12日(木)11:46アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局≪ロシア・ウクライナの交通事情≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの交通事情」です。

キエフ、モスクワ、サンクトペテルブルクの地下鉄は、世界的にも有名な乗り物であることはご存知ですか?

特にキエフ、モスクワの地下鉄駅は大理石、シャンデリア、彫刻、モニュメントなどの絢爛豪華な装飾や彫刻、地下の非常に奥深くまで開通された地下鉄は「地下宮殿」とも言われ、美術館のような、とんでもない別世界です。これは冷戦時に非常事態の際に避難シェルターとしての役割をも持ち合わせていました。観光スポットとなっているのは言うまでもありません。ただ車両がやや旧型で、車内はうす暗く、時間帯によってはスリなども多い路線があるため、十分に注意する必要があります。案内標識は、多言語ではありませんので、必ずロシア語やウクライナ語を理解する必要があります。日本ほど公共交通機関が発達していないものの、都市内での移動にはとても安く便利です。

では自動車というと、やはり主要都市では大都市なりの交通量があります。日本ほど、舗装や交通標識が整備されておらず、スムーズな都市間高速移動のインフラも発達していませんので、外国人の運転はお勧めできません。マフィアがらみの当たり屋のようなドライバーや、運転マナーが悪いドライバーが多く、運転のトラブル時には外国人不利な立場に置かれます。
また、各都市内には多くの路線バスが運行しています。非常に安い運賃ですが、行き先表示や時刻表などが不明であったり、発着所を見つけるのに一苦労したりしますので、使いこなせるまでになるには、その町に十分に住み慣れてからでしょう。

タクシーもたくさん流れていて便利な交通手段なのですが、メーターが設置されていない白タクや自家用車を使ってアルバイトで働くドライバーも多いため、外国人の利用は特段の注意が必要です。また、タクシーの運転手に「この国は初めてかい?」なんて聞かれることがあります。この場合は口が裂けても絶対に「初めてです」なんて言わないでください!「10回目です」とでも言いましょう。「初めての観光客なら知らないだろう」と思われ、遠回りされることにほぼ間違いないからです。

ただ、キエフやモスクワではタクシーを専用App で呼び、乗り場、行き先、価格を事前確定し降車時に支払うのが一般化され、非常に便利で安心価格になりました。一方、流しのタクシーに乗車する客が外国人や観光客ばかりとなったところ、流しのタクシー料金は適正価格以上の法外な値段になってしまっています。タクシーへのチップは10%ほどですが、価格、サービス、接客、運転に少しでも不満がある場合は、要求されたとしても、一切、渡す必要はありません。

大陸間での移動は、長距離列車もあるのですが、やはり航空機が便利です。エアラインのネットワークは西欧のように張り巡らされており、料金もそれほどは高くはありません。

10年ほど前までは、旧ソ連製のツポレフ、イリューシンが国内線に使用されていました。旧ソ連製の航空機は非常に簡素で丈夫な造りなので、壊れにくいと評判がありましたが、人的要因による墜落事故は1990年代に頻繁に起こっていました。ただ、現在のツポレフ、イリューシンなどの航空機はウクライナ製のジェット機で、安全で快適になりました。

ロシアやウクライナへ行かれるみなさん、列車、飛行機、地下鉄も日本とは違った楽しみ方があるので、ぜひ体験してください。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

地下鉄

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年12月2日(月)17:24アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【ロシア・ウクライナのクリスマス】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナのクリスマス」です。

そろそろ、クリスマスが近づき、日本の街中にクリスマスのネオン、ツリーが飾られ、キャロルの音楽が流れ始めています。

西洋諸国ではグレゴリオ暦を用いているのでクリスマスは12 月25日です。旧ソ連圏ではロシア革命前までは旧暦であるユリウス暦が用いられていたため、当時のクリスマスを現暦でいうと1 月7 日になり、現在この日が東方正教会(キリスト教)のクリスマスで祝日となっています。ただ、カトリック教徒は12月25日に祝福しますので、ウクライナとロシアではクリスマスが2度やって来るように感じます。

日本ではクリスマスは商業ベースに乗った一つの楽しいイベントと考えられますが、私の国ウクライナでもたしかに楽しいイベントなのですが、人々の気持ちはもっとシリアスで、宗教感があります。恋人同士のデートの日でもなければ、プレゼントを交換する日でもありません。自分自身と家族が今ここにいられることに感謝を捧げ、恵まれない人々の幸せを願うことは、キリスト教国家のクリスマスと共通の目的です。
伝統的に、東方正教会ではクリスマスの日までは断食期間が設けてあるので、1月6日の夜のクリスマスイヴのディナーメニューは、肉類以外の12 種類の料理が食卓に並びます。敬虔な正教会の家庭では、魚類、サラダ油、アルコール類も食しません。イエスキリストが誕生した知らせとされる一番星が夜空に見えたら、クリスマスイヴのディナーが始まります。ディナーの後は、クリスマスの祈りを捧げ、クリスマスプレゼントを子供たちに渡し、家族と教会へ向かい、お祈りが深夜の2 時頃まで続きます。
クリスマス当日の過ごし方は人それぞれです。多くの人は大晦日まで働いて、1月1日から10日ぐらいまでが年末から続くお祭りムードの休暇となります。大都市でもこの時期はスーパーマーケットやレストランがお休みのところも多いため、前日までに買い物を済ませ、1月7日は家で食事をとる方が多いです。

クリスマスシーズンには、巨大なモミの木が街のいたるところに飾られ、都市はイルミネーションで輝き、どの街も雪で覆われ、幻想的で美しい景観を楽しむことができます。

日本の皆さん、もし冬休みに休暇を取れるのでしたら、寒さだけ我慢できれば、絶好の旅行シーズンです。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

クリスマス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年11月26日(火)18:04アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【ロシア・ウクライナのビジネスマナー】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナのビジネスとマナー」です。

日本で常識とされる商習慣、商業道徳観は、ロシア語圏では異なることがたくさんあります。
ビジネス上の初対面においては、やはりどの国も第一印象は重要です。

ステレオタイプかもしれませんが、日本での初対面では相手の肩書き、年齢、学歴などを見られますが、ロシア語圏では、まずは服装や身だしなみを見られます。男女を問わず、ネイリングを綺麗に保ち、靴の手入れ、スーツのアイロン掛けは絶対に怠りません。また、日本ではシックな色調のネクタイを用いる事が慎ましくお洒落であるとされますが、ロシア語圏ではフォーマルな場でも、非常に派手なネクタイやシャツが好まれます(TV で要人が身に付けているネクタイをご覧ください)。
上司対部下、先輩対後輩、顧客対取引先のような上下関係やピラミッド構造は、日本ほどは徹底されていません。封建社会が日本ほど長く続かなかったため、人の序列化はそれほど見受けられません。もっとも、上司などの上の立場を振りかざした「上から目線」の態度はビジネス上では受け入れられず、相手によって声のトーンを変えたり、言葉を使い分けることもあまりありません。

ただ、歪んだ男女人口構成比により女性人口の方が多く、就職、意思決定権、人事、地位、給与、昇格などでは男性優位な傾向があり、特に社会主義社会の崩壊後は女性の地位や活躍機会が不平等になっています。
日本にも蔓延る「お茶汲み」「腰掛け」と言われるような女性蔑視とも言える風潮がまだあるとすると、ロシア語圏の女性は「会社のロビーの花」のように例えられることがあります。女性は生真面目で働き者が多いのですが、社会からの適正評価はまだ先のようです。

そして、日本人が驚くことは「笑顔」についてです。仕事をしている時には、スチュワーデスでもマクドナルドの店員のような接客業でさえも、笑顔はほとんど見せません。これは不機嫌に嫌々ながら仕事をしているからではなく、人為的な「つくり笑い」を不誠実で不快であると感じる国民性だからです。また、旧ソ連時代には職業によっては「労働を提供する時は笑うな」との教えがあったことも現在まで影響しているのかもしれません。日本に在住のウクライナ人やロシア人が笑顔を見せるのは、日本の作法に充分慣れ親しんでしまっているからでしょう。

 

時間に対する観念は日本と大きく異なります。出社やミーティングの遅刻は日常茶飯事で、これが実務上のトラブルになることもあります。ですので、何事も誰かと約束する際には、時間に余裕を持って予定を立てる事が肝心です。メールの返信なども中々いただけないことがありますので、いつまでに返信が必要であるかを相手に事前に伝え、返信が遅れた際には催促を重ねることが重要です。何か仕事を依頼しても、完結するまでに予想外な時間を要したりします。ましてや終業時刻を超えた残業をしてまで仕事を定刻通りに完了することは緊急事態を除いて稀です。

 

日本の会社での業務は、上層部への報告・連絡・相談(ホウレンソウ)がコミュニケーションが基本とされ、常に縦のコミュニケーションが重要視されます。また、日本の会社の業務進行には、上司からの指示に従い業務を進めることが一般的とされ、進捗状況は上司と組織内で共有されることから業務は共同作業になります。一方ウクライナ、ロシアでは、各部課にその仕事分野のスペシャリストが配置されるため、担当者の役割、目標、責任の所在が明確であり、現場の裁量と責任で仕事を任せられています。担当者は自分の仕事の方法を熟知しているため、上司が逐一指示や承認作業をすることは少なく、担当者がイニシアチブを持って仕事を進行します。ですので、大きな判断を下したり業績に大きく影響する業務を除いて、上司は担当者から仕事の大まかな報告のみを受けることが一般的です。また、自身の仕事の範囲が明確化されてるため、担当者が業務契約上請け負っている業務外のことについて質問や依頼をされても、その担当者が親身に対応してくれることは稀です。極端な言い方かもしれませんが、つまり、チームワークの得意な日本、個人プレーが得意なロシアとウクライナといったところです。

 

私は個人プレーが得意ですがみなさんは?

 

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

ロシア語ビジネス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

 

2019年11月18日(月)17:34アントニーナ先生のロシア・ロシア語情報局≪ロシア・ウクライナの人々≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの人々」です。

概してロシア、ウクライナでは、時間やお金に無頓着な人が多く見られますが、行動や考え方はおおらかで、人生を楽しむことを第一優先に、仕事よりも休暇や趣味、友達とのおつきあい、家族との時間を優先する人が多数派です。
また、給料をしっかりと定期的に貯蓄に回す日本人に比べると、目の前のお金を人付き合いなどにすぐ浪費してしまう傾向にあります。「江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ」とは、現代のロシア人やウクライナ人を指したことわざのように思えます。

また、家族との絆、親戚とのお付き合いをとても大切にします。子どもが育って独立や結婚を経ても、両親との頻繁なコミュニケーションは欠かさず、食事や週末などを一緒に過ごしたりします。親戚同士も家族同様のお付き合いが親密で、親戚一同が一つの強いコミュニティを形成しています。親子関係について日本の家庭と比較すると、子供を溺愛する親が多く、日本人からすると物質的にも精神的にも子供を甘やかしているほどに映ります。また、社会全体が子供を非常に大切にする傾向にあり、地下鉄内でも親が子に席を譲る光景はよく見られます。(地下鉄の性能が悪いため、子供が立っていると危ないとの理由もあるかも知れませんが)。子に彼氏(または彼女)ができた際は、必ず両親に紹介し、恋人も「家族の一員として受け入れてもらう」ことが、正式に付き合い始める暗黙のルールとなっています。

親戚関係に至っては、自分の叔父を「父」、叔母を「母」、姪や甥を「子」と呼び合うほど近しい関係なのです。そこには、子育て、進学、就職、結婚などの人生のイベントを通して、両親はもとより親戚も一丸となって支え合う互助精神があるからです。
このような密接な関係値は、70 年以上続いた共産主義社会と密告社会の下で生活上のさまざまな制限を受けていたため、家族、親戚、友達が一体となって助け合わなければ生活ができない、という意識から成り立ったとも言われています。

友人関係もとても親密で、常に互助精神があります。結婚して家庭を持っていても、イベント、パーティなどでお付き合いすることは日常茶飯事で、友達の家族を含めての交流も非常に積極的です。友達が病気や事故などで何かに困った時には、お金、労力などに見境無く手厚く援助し、おめでたいことがあればこの上ない大変なおもてなしで祝福してあげます。

また、ロシア人やウクライナ人の国民性は「殻は非常に固く、中は柔らかい」と言われます。これは、外見、特に初対面では非常に無愛想であるために初めは近寄りがたいのですが、一度心を開いて話せば、とても情の厚い、かけがえのない友達関係がつくりやすいという意味です。

現地に住んでいると、しょっちゅうパーティやお祝い事などイベントへのお誘いの声がかかり、パーティ三昧です。特に誕生日は老若男女を問わずに非常な大切なイベントです。遠くにいる友達の誕生日には、必ず電話で長々とお祝いを述べ、近くにいる友達の誕生日は必ずパーティへ、素敵で豪勢なプレゼントとともに、欠かさずに出席します。

人やTPO にもよりますが、誕生日のパーティがレストランで催される場合、会費や食事代は、なんと誕生日を祝われる側が全て負担をするのが原則なのです。ですので、出席者は必ず盛大なプレゼントを用意するのが原則です。パーティに誘われたら、必ずご自身の誕生日パーティにも誘ってあげるのが友達としてのマナーです。友達とのイベントにはぜひ積極的に参加し、自身から心を開く心掛けが大切とされています。

ロシア、ウクライナの人間関係はとても特徴深いので、他にも色々と書きたいのですが、続きはみなさんとお会いした際にお話ししますね。

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

家族

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

 

 

2019年11月11日(月)17:35アントニーナ先生のロシア・ロシア語情報局≪第4回 わたしはこうして日本語を身につけました。≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「私はこうして日本語を身につけました」です。

みなさん、前回は、ロシア語の習得の難しさを話題にしましたが、今回は日本語です。

日本語は特有の言い回し、難易度の高い文法、一つのものに対しての呼称の豊富さから、ヨーロッパ人にとっては習得の難しい言語とみなされています。寒い季節がやってきましたが、例えば、日本語では冬という季節についてはたくさんの呼称があります。陰暦の表現では、「師走、睦月、如月」、そして、二十四節季では、「霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒」と細分化され、その背景には様々な民族文化や郷土文化がありますね。そうです、冬という語句にも様々な語彙に分かれて、一つ一つに全く異なったニュアンスや意味があります。普段、私は自分のことを「わたし」と自称しますが、「俺、僕、」などとは言いません。日本語は、年齢、性別、身分、TPOによって徹底された使い分けがされており、一字でも間違えれば、ひどく笑いの対象になりますよね。私の外国人の友人が航空会社にチケットを予約申し込みした際、「航空券一人前はいくらですか。」と言ったことがあります。航空会社の方はお客様相手なので絶対に笑ったりはしませんでしたが、密かに心の中でクスクス笑っていたに違いありません。

さて、私はこのような難しい言語を話し始めて、15年ほどになりますが、実はどのようにして覚えてきたのかは一言ではまとめきれません。でも、確かに言えることは、「日本で友達、恋人、友人、家族をつくり、日本語を話さなければならない状況に迫られた」ことが一番大きな原動力で、またこれがモチベーションになったことです。でもこれだけでは、会話レベルだけが上達するにすぎませんし、本や新聞も読めず、文章を書くこともできるようにはなりません。

そこで私は、当校の生徒さんのように、書く、読む、聞く、話すの4技法を習得しようと、都内の日本語学校と大学に入学し、毎日勉強をしました。4技法の勉強は徹底的な暗記の繰り返しで、忘れては覚え直すことの反復です。そして勉強して日常で使ってみることにより、また新しい語句や表現が自然と身に入ってくるようになりました。

文法、単語、慣用句、読解は、勿論先生に習って基礎を身につけるのが最速の方法ですが、基礎レベルをクリアしたら、日常で使うことも大切になってきます。基礎レベルに達したら、学校と自宅で勉強しつつ、日常で使い慣れていく習慣を持つことがマスターへの近道です。

これからロシア語を学ぶみなさん、これを一つの方法として語学に励んでください。

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

雪景色

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年11月5日(火)19:56アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局≪第3回 ロシア語ってどんな言語?≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

 

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア語ってどんな言語?」です。

 

みなさんご存知の通り、ユーラシア大陸で主に話されている、

ロシア語は、インドヨーロッパ語族、スラヴ語派東スラヴ語群に属する言語で、ヨーロッパの中で最も母語話者が多く、14 カ国以上で話されています。
また、前回のブログでもご紹介しました通り、ロシア語は多様な文化、多民族、深い歴史の背景を持ち合わせる言語でもあります。過去20 年の間、日本と旧ソ連圏の間での、ビジネス、留学、文化交流の機会が大幅に増えてきたことにより、メディアではロシア語に触れる機会が覆うなり、日本はもとより、世界中でロシア語に触れられる機会が増えてきました。

 

昨今は、都内の地下鉄やホテルで、外国人観光客の会話からロシア語がよく聞こえて来る様になりました。

さて、ロシア語の起源は諸説がありますが、現在のウクライナ地域に居住していたスラヴ人が使っていた東スラヴ語から発展したという説が一般的に知られています。13世紀にキエフ大公国が崩壊した後、モンゴル帝国に支配され、その後、モスクワ大公国が成立し、この国の公用語がロシア語として命名され、独自に受け継がれていかれたものとして知られています。

その後、ロシア語がユーラシア大陸の至る地域で話されるようになった一方で、ロシア語が公用語として認められたのは実は最近のことで、ソ連邦が崩壊した直後にロシア連邦がロシア語を公用語として制定したのが初めてです。

 

ユーラシア大陸の各国は、多民族国家である為、1つの言語を公用語に制定することは非常に困難であり、ソ連邦にも公用語は一切存在せず、ロシア語は各国間の「共通言語」の位置づけであっただけなのです。

ところで、広大なユーラシア大陸で話されるロシア語ですが、各地域、各国でそれぞれの独特な方言、国訛りがあり、ロシア語は、日本語のような標準語が存在しません。英語もイングランドが発祥の言語ですが、標準語は存在しないはずですよね。アメリカ人とイギリス人がお互いの英語の国訛りをからかっていることを巷で見受けることがありますが、どちらの英語も標準語ではありません。

ある特定の国のみで話される言語には標準語は存在し、多国間で話されている言語はそれぞれの地で独自に発展するものなのでしょうか。私もロシア語の会話を聞けば、概ねはその方の出身地はわかります。

さて、ロシア語は、ヨーロッパ言語で2番目に習得が難しい言語であると言われています。1番目はギリシャ語で、いずれもキリル文字です。

 

ロシア語は33文字のアルファベットから成っていて、キリル文字(サイリリック)と呼ばれています。表現や言い回しの多様性、ロシア語独特の文法に加え、一つ一つの単語がとても長いのが特徴です。見たことありますよね、Rが左右逆に成った文字など。

しかし、ロシア語を学んでいる、またはこれから学ぶ皆さん、習得が難しい言語と言っても、心配する必要はありません。外国語の学習は全てが「暗記」により覚え、話して聞くことによって「慣れる」ことで、高度なレベルまではマスターができるはずです。

ロシア語を軸に、様々な発見をしながら楽しんで継続することが大切です。

 

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

ロシア語

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・