ホーム > スタッフブログ

募集要項

2019年5月15日(水)15:06海外での支払いどうしてますか??

皆さん、海外でのお支払いはどうしていらっしゃいますか?
今日ブラジル・ポルトガル語の先生から聞いた話なのですが、ブラジルでは、クレジットカードの利用はなるべく控えた方がいいとの事です。ある生徒さんの体験談なのですが、暗証番号を人に見られないように、等かなり気をつけていたにも関わらず、第三者からカードで買い物をされそうになったとの事。日本では考えられませんが、この場合お店側がやはり疑わしいそうです。カード情報を防犯カメラを使って見る事もあるのだそうです。

じゃ、支払いはどうすれば?もちろん現金が安全かと思いますが、ブラジルでは、デビットカードが日本よりも普及していて、悪用もされにくいそうです。

ブラジルや海外に行かれる際は、クレジットカード以外の支払い知識を持っておくと安全かと思います。

★★★★★
欧米アジア語学センターでは、語学レッスン中上記のような現地で注意すべき事や異文化理解なども取り入れております!当校で語学だけではない、+αの知識も学んでみませんか?
★★★★★

 

☆お問い合わせはこちら!☆

■お電話:03-5840-7434
■メール:gogaku@fij.tokyo
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/

2017年8月31日(木)14:53Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツ人の休暇】

今日でコラムも20回目を迎えました。いつも沢山の方々に読んで頂き嬉しく思います。

今日のテーマはドイツ人の休日、休暇の過ごし方です。ドイツ人は休みをとても大事にするという事で日本でも知られているのですが、では一体どういう風に休暇を過ごしているのでしょうか?

平日はそこまで混雑していない街も、土曜日は人で街が溢れます。ショッピングをしたり、街で友達と待ち合わせてお茶したり、実はレストランも土曜日が一番混んでいます。土曜日の夜はすぐ予約で一杯になるので、予約を断らなければいけない状況が続いていました。若者達も居酒屋やクラブに出かけたり、夜も街は凄く賑やかです。

土曜日と比較して日曜日は街の中も静かで、お店も閉まっています。レストランやインビス(ドイツ語でいう軽食屋さん)は勿論営業していますが、金曜や土曜日ほど人が入りません。

日曜日は家族と一緒にゆっくり食事をしたり、湖で日光浴したり、バーベキューをしたりなど自然の中でゆったり時間を過ごすのが好きな方が多いです。

ドイツ人は旅に出る事がとても好きで、統計では2012年までずっと旅行者数はドイツ人が世界一位でした。(それ以降は中国に抜かれてしまいましたが・・・・。)

旅行の仕方も海外、国外旅行、短期から1ヶ月の長期旅行など様々です。ドイツ人に一番の人気スポットはスペインとイタリアです。ここ最近ではクロアチア人気も上昇しています。

ドイツ国内ではスキーが滑れる山が沢山あるためバイエルンが一番好かれていて、またメークレンブルグに海があるため足を運ぶ方も多いようです。

ここからは私が経験したドイツ人の旅行好きを語ります。

18歳で高卒認定資格(ABITUR)を取得したドイツ人の多くは、大学に入学する前に世界に旅に出ます。ニュージーランド、オーストラリアがとても好まれていて、一年間滞在される方が多いです。そこでいわゆるバイトをみつけ、働きながら旅行したりしてやり繰りされています。この高卒認定資格を取得されている方々は英語を流暢に話せるので現地に行っても言葉で苦労はされないみたいです。

ドイツ人は本を読んで知識を身に付けるという事も大事にしますが、自然界から体験して肌で触れて学ぶという事をとても大事にしています。

旅をすると語学が上達するだけではなく、様々な文化と触れ合い知り合い、視野も広くなりますよね。お金では買えない喜び、また悲しみ、そして経験が沢山得られます。

また他の文化に順応する事によって物事を客観的に観る力、そして自己分析をするようにもなってきますよね。

旅に出たくなってきましたね。笑

では、Gute Reise!  (良い旅を!)

 

IMG_2896

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年8月17日(木)18:24Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【宗教について】

皆様いかがお過ごしでしょうか?

コラムも残すこと後5回となってきました。

あと5回でまだドイツの色々な豆知識をお伝えできればと思います。

 今回のテーマはドイツの宗教、永遠のテーマですね。さてドイツでは一体どのような宗教が信仰されているのでしょうか?

 

ドイツ人の半分以上は教会のメンバーで約28%がカトリック信仰、そしてまた28%がプロテスタント信仰です。ドイツの南西はたいていカトリックで形成されていて、(バイエルンそしてバーデン・ヴュルテンベルグ州はカトリックの教義の中心であり)中央部、そして北部はどちらかというとプロテスタントで形成されています。東部は当時のDDR(ドイツ民主共和国)共産主義が宗教を弾圧したため、今日そこに住んでいるたいていの人々は無宗教です。この様に、ドイツ人は実はポーランド人、イラン人またはイタリア人と比較した時彼らよりも信心深くありません。

 

宗教の役割は年々少なくなっていて、沢山の人々が教会から退会しているのが現状です。
田舎に住む人々は都会に住む人々に比べて比較的宗教的で、宗教的習慣は都会より田舎地域で大事にされています。例えば日曜日はキリストの為の休日ですので、小さな村では隣人が洗濯物を干す、または洗車するといった「日曜日のお仕事」は好まれないのです。
そして、またそのような小さな村でお客様としてお食事に招待された時、食事前に皆でお祈りするという傾向もまだ見られます。

 国家が宗教を決め、宗教を自由に選択できなくなり宗教戦争(例えば17世紀に起こった30年戦争)が最終的に起こったという、悪い経験を以前したため、政治と宗教はドイツでは分離されています。
教会は今日もはや政治をとらず、司牧と社会福祉の仕事を引き受けています。
教会は教会のメンバーに所属している労働者から一人ずつ月30ユーロの教会税を取り財政的に援助されています。

 

ドイツでは他にも、約500万人のイスラム信者、ユダヤ教徒そして仏教徒、シーク教徒が存在します。

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年7月19日(水)17:16Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツでのチップ】

暑中お見舞い申し上げます。

 

日本がこんな暑い中、ドイツはなんと11度を記録しております。笑
寒いですね。

 話が変わりますが、ドイツで大学時代、日本人学生をサポートするチューターというお仕事をさせて頂いてた時に 「レストランやカフェでどのぐらいチップを渡せばいいの?」とよく質問されました。当時、ウエイトレスとして6年働いていた経験があったので、チップの大事さをよく覚えています。まず、カフェやレストランで働いている人々はチップが収入の大きな一部です。また、仕事ぶりを評価する一つの重要な指標であり、文化ともいえるのです。愛想が良く、対応が速く食事も美味しかった場合は「美味しかった。」の言葉だけではなく、きちんとチップで評価してあげなければいけません。逆に言うと、愛想が悪くて食事や飲み物も酷かった場合は、チップをあげなくても良いのです。

 

基本的にチップの額は、自分で決めて良いのですが大体以下の通りです。

 

【カフェでの飲食】

 1.コーヒー 定価 2,20 の場合 -> 2,50 (30セント チップ)

 2.コーヒー 定価 2,20 + ケーキ 3,50 -> 定価5,70 -> 6,50 (80セント チップ)

 

【レストランの場合】

カクテル 定価 5,00 + サラダ 5,50-> 定価10,50->11,50 (1ユーロ チップ)

 

この様に定価が大きくなるにつれてあげるチップも通常増えていきます。
大体7%-10%の間を意識してあげるといいでしょう。

 チップは一体誰が貰えるのでしょうか?お財布を持ち歩いてるウエイトレスが大抵貰えるのですが、その内の半分を私達はキッチンとバーテンダーで分けていました。

 

ですから、観光客ばかりを担当して、全くチップが来なかった日なんて彼らに申し訳ない気持ちでいっぱいでしたし、逆に良い接客が出来てそれをチップで評価された時、バーテンダーもキッチンで働いてる方々も喜んで下さいました。犬が来たらすぐにキッチンに駆け込み犬の水を用意し、誰かがナイフやフォークを落としたら、声をかけられる前に自分で気づいて持っていく、お客様の好まれるテンポに合わせて注文をとる、会話を遮らない様にうまく接客する。忙しい中、声を掛けられたらお客様の気分を害さない様に上手い一言でかわし余裕をみせる。この一つ一つがチップで評価されるので、沢山貰えた時、仕事もっと頑張ろうと思う!励みになっていました。かなりハードでしたが、今の自分のお仕事に大変役立っています。

皆さんもドイツでウエイトレスしてみませんか?

 

 あっ、因みにレストランやカフェでお支払いする時1セントや10セント等の小さい小銭は失礼に値するので50セントから払う様にしてあげて下さいね!

 

IMG_1028

 

 

 

 

 

 

※私が働いていたメキシカンレストランの料理

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

2017年6月6日(火)19:36【ご存知ですか?海外子女教育振興財団(JOES)】

今日は海外で生活する事になるご家族、特にお子様をサポートする団体をご紹介します。

海外へのご赴任が決まった方の間では、ご存知の方が多いかと思いますが、ここでは、日本のテキストの無料配布から、出国前・滞在中・帰国後のすべての段階での特にお子様の教育に関して決め細やかにサポートしています。
何かと心配事の多いご赴任者ご家族には力強いパートナーとなってくれるでしょう!

下記、webサイトをご覧頂ければ色々な情報を見る事ができますが、更に色々な情報を知りたい方は、彼らが月間で発行している「海外子女教育」という雑誌を読むとよいでしょう。活きた現地学校情報が溢れており、私のような海外赴任には縁がない人間にも、著名人が執筆したコラムは読み応えがありますし、帰国子女の海外での奮闘記などは涙を誘うものがあります。「読み物」として普通に面白いです。
海外赴任があるかも??という方は是非事前に手に入れて読んでおくと良いかもしれませんね。

■webサイト
http://www.joes.or.jp/

■機関紙「海外子女教育」
http://juko.joes.or.jp/shop/g/g1100100/

2017年4月5日(水)14:49Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツ国民食 アスパラ】

ドイツの美味しい食べ物といいますとじゃがいもやソーセージが代表的だと思いますが、他にもまだまだ美味しい食べ物はたくさんあります。

そう、例えば白アスパラガス!(Spargel)

今日はその白アスパラガスのちょっとした歴史、栽培の仕方などをご紹介させて頂きます!

 

アスパラガスの価値は既に古代ギリシャ人に理解されていました。

古代ギリシャの名医ヒポクラテスは緑のアスパラガスの支柱ではなく、乾いた根の部分から強い利尿作用のある薬を得ていました。

 

裕福な古代ローマ人にとってアスパラガスはどの祝宴でも欠かせない食材でした。

更に、ローマ帝国初代皇帝は使用人に

“任務はアスパラガスが沸騰するのに必要な時間より速く遂行されるべきだ!”

と命令の際にアスパラガスを話題に持ち込む程、彼はアスパラガスの大ファンでした。笑

 

古代ローマ人がアスパラガスをヨーロッパに伝え、ドイツでは初めてStuttgartの庭園で栽培され17世紀半にアスパラガスはドイツで広められ、19世紀の後半にアスパラガスが空き缶で保存されることが出来るようになり、大成功を収めます。

また19世紀に今まで緑のアスパラガスだけだったのが、他の色のアスパラガスも栽培される様になり、ほとんど土の下だけで栽培されるようになります。第2次世界大戦後

ドイツはこの頃、奇跡的経済複興だけでなく、アスパラガス栽培も驚く好景気をみせます。

アスパラガスの耕地面積は1995年から2005年だけでも約18000ヘク

タールに拡張し、国家の連邦上級官庁の調査によると2013年にはおよそ24000ヘクターである事が分かりました。

 

アスパラガスの栽培は準備や土地の知識も必要とされるためとても時間がかかり、

軽い砂質の土で栽培されるのが一番適しています。

 

ドイツでは6月が白アスパラガスの季節でトーストに乗せて食べたり、じゃがいもを添えて食べたりします!

皆様も一度白アスパラガスを食べてみてくださいね!

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri
中学卒業後、単身渡独。
持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
引っ張る頼れる講師。
強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2017年3月18日(土)11:24Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【推薦図書】

今日は最近出版されたドイツ語のテキスト「今すぐ書けるドイツ語レター・Eメール表現集」をここでご紹介させて頂きます!

 

この本は基本的に左側が日本語そして、右側がドイツ語で書いてあります。

とても見やすく分かりやすく書いてあるのがとてもポイント高いのですが、その他にも皆様が気になっている手紙の最後に書く、herzliche Gruesse, mit freundlichen Gruessen, などの挨拶の細かな説明などもあり、普通では得られない情報が書いてあります。

 

この本はレベル的には中級の方に適していると思いますが、ドイツ人に誠意を見せたいという思いで、初心者の方でも本に書いてある形式をそのまま真似して使ってらっしゃる方も沢山います。

ビジネスからパーソナルな文書まで、シチュエーション毎に分けられているので、今ドイツ人とメールでやり取りをしている方、折角ですからこの本を利用して英語からドイツ語に切り替えてみませんか?

ビジネスシーンでも、やはり英語よりドイツ語でメールを書くとやり取りがスムーズに行く、返信が早いという声をよく耳にします。

後は、間違えている所をわざわざ添削して返信して下さる方も沢山いらっしゃいますよ!

 

完璧ではなくても、一生懸命伝えようとする!その誠意がお互いの関係をより親密にさせますし、こちら側により親近感を抱いて下さると思います。

 

授業でインプットした後、メールや手紙で習ったことをアウトプットして交流を深めていって下さいね。

 

では、Auf Wiedersehen! (またね!)

 

IMG_0313

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年2月27日(月)18:50Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツの飲み物と言えば?】

ドイツの飲み物と言えば?

とお伺いすると皆様口を揃えてビールと仰いますが、ドイツには他にも美味しい飲み物が沢山あります!私自身はビールを美味しいと思えないタイプですので、ワインやカクテルをドイツで飲んでいました。

 

そして今日はここ数年ドイツで人気の”Hugo =フゴ”というカクテルをご紹介したいと思います。
フゴはさっぱりしていて、またホルンダーの甘い味がするので飲みやすいです。

比較的夏に飲まれる事が多く女性に大人気です。

 

作り方はすごく簡単!

ホルンダーのお花のシロップ、レモン又はライム、プロセッコ(スパークリングワイン)又はゼクト(ドイツ版シャンパン)お好みによって混ぜるだけ。

最後にミント、またライムを薄く切って入れると香りも加わって美味しいですよ!氷も忘れずに!

また、アルコールを入れずにホルンダージュースとしても飲まれる方も多く、ホルンダーはビタミンやカルシウムが含まれているため上の世代の方にも愛されています。

 

材料は日本でも手に入れられるので、是非自分でも作ってみて下さいね!

 

Dann,  bis übernächste Woche!

(では、また再来週に!)

写真は「フゴ」見ているだけで喉が渇きますね!

 

フゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年1月27日(金)19:31Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【スピーキングのコツ】

Hallo, guten Abend! (こんばんは)

 

いよいよ、コラムも10回目を迎えました。お目通し頂き誠にありがとうございます。

今日は皆様にスピーキングのコツをお伝えしていこうと思います。

控え目で、聞き手に回る傾向にある日本人にとってスピーキングは特に苦手とする分野ではないでしょうか?

 

まず、スピーキングが苦手な方にとって、その場を切り抜けたいと思われている方にアドバイス出来るとしたら、会話の主導権を自分が握る事です!

これは自分だけが、永遠に語るという意味ではなく、答えが返って来ても自分が理解出来る質問をする。つまり、自分の分野に相手を引き込むという事です。

後は、相手に長く語らせず相槌を打ったり、少し口を挟んでみるというのも自分がその間、考えを整理する為にも重要です。分からない、どうしようもない!となってしまったら、質問を流して、違う話を切り出すという事もとても大事だと思います。シーンとなってしまうよりも会話が弾ませる事が大事です。

 

前もお話しさせて頂いた事ありますが、トライする時に初めは文法が間違っているとわかっていても、相手に伝えるという事を優先させる。しかし、ある程度やはり文法が出来ていないと通じない時もあるのでその時は、日本語でいう「えーっと…」(also, irgendwie, ja, aber…) などを前置きして考えている事を表明して下さい。

 

少し横暴なやり方かもしれませんが、初めはこのぐらいの勢いで試してみて下さいね。通じた!が話す事が楽しいとなっていくのでその気持ちを大事に頑張って下さい!

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

2016年12月8日(木)14:39Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツの教育】

皆さんはドイツの教育と聞くとどういうイメージを持っていますか?
ドイツと言うと車や機械が有名な技術大国で、教育もそれに合わせて厳格なものと思われるかと思いますが、
そのような国民を育てる教育とはどのようなものでしょうか?

 

それにはかの有名な学者アレクサンダー・フンボルトの兄ウィルヘルム・フンボルトの提唱した教育論が影響していると言われています。プロイセンの大学教育改革を任されたフンボルトは、大学は自立した個人を育てる場と定め、自立には文化的素養と理数学的教養が欠かせないとし、文系であっても理数系の講義を受けたり、また逆に理数系でも文系の教養を得られるような仕組みを設けました。事実を学ぶだけではなく、その事実を踏まえて自分がどう考えるのかを重視するので、試験も論述や口述が殆どです。中学や高校でもそうです。ドイツ人が理屈っぽいと思われるのもこうして子供の頃から論述試験で鍛えられているからかもしれません。

そんなドイツの大学も最近では欧州連合の高等教育を統一するボローニャ・プロセスの制定で大きく変わりました。ディプロムからバチェラーマスターという単位制になり、試験の数も増え、他の国の大学とも似たようなシステムになりました。フンボルトの教育の理想が失われる!技術大国としての基盤が危うい!と大きな議論になったものですが、果たしてどうなるのでしょうか?

 

■ウィルヘム フンボルト
ドイツの言語学者・政治家・貴族。フンボルト大学(ベルリン大学)の創始者

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・