ホーム > スタッフブログ

募集要項

2020年1月22日(水)12:52アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【ロシア語の慣れ親しみ方】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア語の慣れ親しみ方」です。

ロシア語はヨーロッパ言語の中でも2番目に習得が難しいことは以前、ブログに書きましたが、学習者の母国語によってもロシア語習得の難易度は変わってきます。

残念ながら、日本人にとっては、英語よりも難易度は高いです。

さらに、日本人は小さいころから日常生活やテレビ、ラジオなどで、知らず知らずのうちに英語に親しんでいます。

Swimming, Cooking, Baseball, Bus, Car, Taxi….などなど、辞書を今更引かなくてもわかりますよね。英語が外来語として日常的に使うから英語は習得しやすいという理由が大きいと思います。

ロシア語は日本には外来語としてはほとんどありません。ロシア語が日本に外来語として存在するのは、「コンビナート」「イクラ」「アジト」「ノルマ」くらいでしょう。

ですので、聞き慣れていないロシア語の学習は、興味のある話題を含めて学習を続けることが大切です。

そうすれば、単語帳を無理に反復して詰め込んで覚えるよりも、興味がある分野の単語の方がすんなり覚えられるはずですので、まずはそこを切り口に始めることをお勧めします。

まず、興味がある本やメディアを見つけて、その中の不明な単語を拾って調べ、読み方、書き方、意味を覚えていくのが近道です。

例えば、テレビドラマはストーリーが非常に単純で分かりやすい内容ですので、初めは何をいっているかわからなくても、何回も録画した同じ番組を反復して見て聞くことで、ロシア語の耳が自然とできてくるものです。

当学校でロシア語を勉強されている生徒さんは、4技法をバランスよく学習しているはずですので、学校では先生との会話とテキストの反復練習を行い、日常では興味のあるロシア語の書籍、映画、テレビなどに積極的に触れていくことが大切です。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

ロシア語の慣れ親しみ方

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2020年1月9日(木)13:08小島よしお広報副校長の講師紹介《フランス・英語講師 レジス・ラミー》

今日は、小島よしお広報副校長からフランス語・英語講師レジス・ラミー先生の

紹介をさせていただきます!是非ご覧ください。

 

【レジス・ラミー】

★フランス出身

MBAを持ち、日本では大手自動車メーカーでの勤務経験も持つ

ビジネスに強い講師です。

フランスで言語・翻訳の専攻で、修了後は空軍に英語を教えてその後来日しました。

大きな体格とは裏腹の優しさと、明るい雰囲気のレッスンでフランス語・英語上達への

モチベーションを常に向上させてくれます。

フランスの先生らしく、ワインアドバイザーという一面もあります。

ラミー先生からフランス語・英語を学びたい!という方は是非、ご連絡ください!!

 

★公式HP:http://www.fij.tokyo/

★体験レッスン希望はこちらへ!!:http://www.fij.tokyo/free_trial/

2019年12月25日(水)13:45許先生の中国・中国語情報局【中国の国民性】

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国の国民性」です。

 

トピックとして、「国民性」が与えられましたが、中国の国民性について正直にいうと、分かりません。それに関する本を読んだことがありますが、中国人の特徴を纏めているとはいえません。中国の国民性って何ですか?と周囲の人に聞き回りましたが、十人十色の答えが出てきて、どのように紹介すればいいかずっと悩んでいました。色々考えて、中国の国民性よりも、今回は中国の東北地方の人たちの特徴をご紹介する方が妥当だと思います。以下は中国の東北部の位置です。(赤い色の地域)

 

中国東北地方

 

上記の中国の地図にある赤い色の地域が東北地域で黒龍江省、吉林省、遼寧省と内モンゴルの一部を指しています。

 

■「東北人」

中国の他の地域とは違い、東北三省の住民は遼寧、吉林、黒竜江の各省の住民としてよりも「東北人」としての意識が大きいと言われています。例えば、「中国のどこの出身ですか」と聞かれると、東北三省の人なら大体「東北です」あるいは「東北人です」と答えます。この原因の一つ目は昔からの人口移動「闖関東」と関連していると思われます。(注:19世紀後半から、20世紀前半にかけて行われた山東半島に棲む中国人(特に漢民族)の遼東以北への民族移動を指すこと)もう一つは、言語的・習慣的に統一されているため、団結しやすいとも言われています。わたくしも、自己紹介する時は無意識で「東北です」と言うことが多いです。

 

 ■「素直で人を助ける」

 わたくしの大学の町は中国の西部にあります。故郷から大学の所在地まで当時寝台列車を利用して36時間ぐらいかかりました。大学一年生の冬休みに、スーツケース2個分ものたくさんのお土産を買って、一人で頑張って帰省の列車に乗りました。途中北京で列車を乗り換える時に、知らない男性三人にスーツケースを車内に運んでもらい、無事に列車に乗ることができました。話してみると、皆東北に帰る大学生で、私一人でスーツケースを列車に押し上げようとしている姿を見て、手伝ってくれたようです。私はスーツケースとの戦いで体力がなくなり、座席で寝るか寝ないか意識が曖昧な時に、その大学生たちの話しが耳に入ってきました。

「彼女が降りる時に、スーツケースを降ろしてあげよう。一人でかわいそうに」

その暖かさが心まで伝わってきました。他の地域でもきっと手伝ってくれる人がいると思いますが、素直で率直に人を助けるという点では、東北人が多いのではと思います。

 

■「よく言われる東北人のイメージ」

「気が強い、お酒が強い、喧嘩が強い、短気、声が大きい、背が高い、とても面白い、人情深い、素直」これらの特徴は中国では一般的に東北人に対するイメージです。

 東北で生まれ、育った私からみても、他の省の人と比べたら、東北人はセッカチで気が強いと感じています。(大学は東北地方以外でしたので、客観的にみて感じました。)

それはあくまでも一般的な認識で、実際にそうじゃない東北人もたくさんいます。例えば、父方のおじいさんの家訓に「禁酒・大きい声を出していけない」というものがあります。東北人でありながら、父、おじさんたち、全員お酒を飲まず、声も普通で大きくないのです。笑。

 

■「よく間違われているイメージ」

 東北人として自己紹介する時に、「あなたはきっと寒さに強いんでしょう?」とよく言われます。実は、東北人は寒がり屋なんです。なぜなら、暖房が効きすぎているからです。私の家を例にすれば、外の気温はマイナス25度で部屋の中では暖房が効いて25度くらいあります。中国の東北地域では暖房の温度が集中的に管理されていて、寒くなる度に暖房の温度も上がります。外はたしかに極寒ですが部屋の中は暖かいから、私たちは寒さに強いのではなく、逆に寒さに弱いのです。

もう一つ面白いことに、部屋の中は暑いため冬にこそ、アイスクリームをたくさん買い貯め、雪を眺めてアイスクリームを食べることは普通です。故郷からもう10年以上離れているにも関わらず、冬にはアイスクリームを食べたくなります。

 

■「ユーモア」

「東北人は面白い」というイメージ通りに、東北の人たちにはユーモアがあります。中国のお笑い芸人の大半は東北出身で全国的に好かれています。ツッコミが大好きという特徴は中国では誰もが認めることです。わざとではなく、特別な訓練もなく、子供からお年寄りまで誰でも平気で普段の生活の中でお互いにボケたり、面白く突っ込んだりしています。そして、投げられた話題を上手に受け入れて、突っ込むという事を無意識的にやっています。わたしは、東北以外の町で就職したのですが、ツッコミという習慣がなく、同僚の話に突っ込んだら真顔になり、とても気まずくてなった事がありました。突っ込んでは行けなかったなぁと思いながら、少し寂しい思いがしました。

 以上は中国の東北地域に住んでいる人たちの特徴を簡単にご紹介しました。今度またお会いしましょう。下次见!

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

2019年12月21日(土)17:04広報担当《小島よしお》副校長 企画第二弾 韓国語で道案内をするぞ!

当校広報部長・副校長 小島よしおによる企画

「オリンピックまでに世界中の人に道案内をできるようにするぞ!

 

 

前回好評だった英語に続いて、今回は韓国語での道案内にトライ!

よしおさんは無事に道案内をできたのでしょうか?

今回も道案内する前に、しっかり韓国語をお勉強!

当校講師、李芝姫(イ ジヒ)先生がみっちり、楽しくレッスンをさせていただきました!

こちら、レッスン風景です!

 

 

今回は韓国語での道案内を、持ちネタである「そんなの関係ねえ!はい、おっぱっぴー!」を

交えてする、というチャレンジです。「そんなの関係ねえ!」が韓国語でどうなっているのか!?

是非ご覧ください!!!!!!!!!

 

 

いかがでしたか?

「そんなの関係ねえ」は

 

 신경 쓰지 마~ 신경 쓰지 마~ 하이 행복해요

シンギョン スジマ! シンギョンスジマ ハイ ヘンボッケ!

 

となっています。

日本語にすると、実は少しだけ「そんなの関係ねえ!」とは違っていて、

「シンギョンスジマ! = 気にしないで!」「ハイ、ヘンボッケ = はい、幸せ!」

という意味になります。「そんなの関係ねえ!」をよりポジティブに解釈して、応用しているパターンです。

これ、かなり素晴らしい韓国語訳だと思います。よしおさん曰く、「そんなの関係ねえ」は元々ポジティブなネタなんだ!との事なので、ネタの解釈もぴったり合っていますね!

 

道案内の内容も以下のように文字にしてみました。

これを見て、是非皆様も道案内ができるように練習してみてください!

 

Y=小島よしお L=韓国人観光客

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Y:괜찮아요?

ケンチャナヨ?(クェンチャナヨ?)

大丈夫ですか?

 

L:실은 길을 잃었어요. 한국어 할 수 있어요?

アニョ。キルル イロッソヨ.ハングゴ ハルス イッソヨ?

いえ・・・。道に迷ってしまいました。韓国語は話せますか?

 

Y:조금 할 수 있어요.

チョグム ハルス イッソヨ。

少しだけなら話せます。

 

L:정말요?

チョンマルヨ?

本当ですか?

 

L:신오쿠보까지 가고 싶은데, 어떻게 가면 좋은지 알아요?
シンオオクボカジ カゴシップンデ、オットッケ カミョン チョウンジ アラヨ?

新大久保まで行きたいのですが、どうやって行けば良いか分かりますか?

 

Y:미안해요. 조금 천천히 말해 주겠어요?

ミアネヨ.チョグム チョンチョニ マレ チュゲッソヨ.

ごめんなさい。もう少しゆっくり話していただけますか?

 

L:미안해요. 도쿄역에서 신오쿠보역까지 가고 싶어요.

ミアネヨ.トウキョウヨゲソ シンオオクボヨクカジ カゴ シッポヨ

ごめんなさい。東京駅から新大久保駅まで行きたいです。

 

Y:네. 여기에서 추오선을 타고 신주쿠역으로 가세요. 추오선은 오렌지색 선이 있는 전철이에요.

 ネー.ヨギエソ チュオソヌル タゴ シンジュクヨグロ カセヨ.チュオソヌン オレンジセク ソニ インヌン チョンチョリエヨ.

はい。ここから、中央線に乗って新宿駅に行ってください。中央線はオレンジ色のラインが入った電車です。

 

L:네.

はい。

 

Y:그리고 신주쿠역에서 야마노테선으로 갈아타세요. 야마노테선은 초록색 선이 있는전철이에요.

クリゴ シンジュクヨゲソ ヤマノテソヌロ カラタセヨ.ヤマノテソヌン チョロクセク ソニ インヌン チョンチョリエヨ.

そして新宿駅で山手線に乗り換えてください。山手線は緑色のラインが入った電車です。

 

신주쿠에서 첫 번째 역이 신오쿠보예요.
シンジュクエソ チョッポンチェ ヨギ シンオオクボエヨ

新宿から1駅目が新大久保です

 

L:정말 고마워요.

 チョンマル コマウォヨ

ありがとうございます!

 

Y:별말씀을

 ピョル マルスムル

どういたしまして。

L:저기요. 실은 배가 고픈데, 이 근처에 맛있는 식당 없어요?

チョギヨ. シルン ペガ コップンデ、イ クンチョエ マシインヌン シクタン オプソヨ?

すみません・・・・。実はお腹が減っているのですが、このあたりで美味しい食堂とかありませんか?

 

Y:미안해요. 잘 못 알아들었어요. 다른 표현으로 말해 줄래요?

ミアネヨ.チャル モダラドゥロッソヨ.タルン ピョヒョヌロ マレ ジュルレヨ?

ごめんなさい。よく聞き取れませんでした。何か他の言い方で聞いてもらえますか?

 

L:. 미안해요.배가 고픈데, 레스토랑 알아요?

ミアネヨ.ペガ コップンデ、レストラン アラヨ?

ごめんなさい。お腹が減ったので、「レストラン」知りませんか?

 

Y:알았어요! 여기를 오른쪽으로 돌아 오십미터정도 가면 정말 맛있는 돈까스 가게가 있어요.

アラッソ!ヨギルル オルンチョグロ トラ オシプミートチョンド カミョン チョンマル マシインヌン トンカス カゲガ イッソヨ

わかりました!ここを右に曲がって、50メートルくらい行くと、とても美味しいとんかつ屋さんがあります。

 

L:돈까스! 좋네요! 정말고맙습니다

トンカス!チョンネヨ!チョンマル コマプスムニダ

とんかつ!いいですね!!ありがとうございます。

 

Y: 신경 쓰지 마~신경 쓰지 마~ 하이 행복해요

気にしないで~、気にしないで~、はい。幸せ!

シンギョン スジマ シンギョン スジマ ハイ ヘンボクケ

 

Y::즐거운 여행 되세요.

チュルゴウン ヨヘン テセヨ

楽しい旅行を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後の記念撮影

 

≪??当校で韓国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/korea.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

2019年12月18日(水)16:54許先生の中国・中国語情報局【中国の教育事情】

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国の教育事情」です。

中国の学校制度は日本と同じく、小学校から大学まで「6・3・3・4」が基本です。高校には普通高校以外に中等専門学校(4~5年)や職業高校(2~3年)が、大学には本科(4~5年)のほか、短大に相当する専科(2~3年)、職業技術学院(2~3年)があります。では、以下のキーワードに分けて簡単に中国の教育事情をご紹介します。

 

 1)「競争」

中国の教育事情をご紹介しようとしたら、まず頭に浮かぶワードは「競争」です。1949年中華人民共和国が創立されて以来、人口はいくつかの段階を経て上がり続け、ピークを迎えました。そんな中で今60代の人は兄妹4~5人がいるというのはごく普通です。あまりの人口増化で国の経済発展に支障が出たため、1979年から2015年まで人口削減政策が導入されました。いわゆる「一人っ子政策」です。そのような施策をしても、多数の受験生が限られた教育機会を勝ち取るため、競争するということが続いています。

中国人は子供の時から大人になるまで、受験の連続です。良い幼稚園、小学校に入ろうとすれば受験が必要です。高校や大学への進学のために、もちろん、統一試験である「中考」「高考」を受けなければなりません。中国人は大人になるまで、ずっと「競争」「競争」の世界で頑張っているのです。高校入試と大学入試は「まるで千人、万人が一本の橋を渡るようだ。」と表現されるほど、強烈な競争です。

 

2)「大学入試」−かつては人生で一回しか運命を換えられない試験だった-

中国の大学入試は、同じ試験日(毎年6月)に全国統一で試験を実施しています。昔は、浪人制度もあまりなかったので大学入試は人生での一発勝負だとよく言われていました。それに、「いい大学に合格する」=「卒業後、いい就職が決まる」という時代だったので、「大学入試」は人生で一回しか運命を換えられないチャンスだと思われていました。

試験科目や配点は決めるのは各省が独自に決め、「3基本(国語・数学・外国語)科目➕文系科目/理系科目」のパターンが一番多いです。試験時間は各科目2時間半で合計10時間、2日間行われます。

高校一年生は3の基本科目以外に、文系科目と理系科目をすべて勉強します。2年生に進学すると、文系科目が得意な学生は文系クラスに入り、理系科目が得意な学生が理系クラスに行きます。

私達の世代の高校生活は「高考」を中心に、少し大げさにいうと、1日も休まずに三年間頑張りました。いい大学を目指して、受験勉強の他は頭に何も入れない生活が、今の私にとってとても不思議な日々でした。共に勉強したり、悩んだり、時々愚痴を言い合ったりしていたクラスメートは今でも大切な友達です。

 

3)「拡招」

昔の「大学入試」は非常に難しく、進学率が今より随分低い時代がありました。1978年以来改革開放が行われて、大学教育を受ける人材の社会的な需要が拡大されます。しかし、大学への進学者が少ないため、中国政府は1999年「拡招」と呼ばれる、大学定員を大幅に増やす政策を打ち出しました。さらに、私立大学も認められて大学に進学する人がどんどん増えて中国の大学進学率が連年上昇しています。

 

4)211 と985

 中国では、あなたの大学は「211」ですか「985」ですか?とよく聞かれます。それは、それぞれ「211プロジェクト」と「985プロジェクト」という二種類のプロジェクトを指しています。「211プロジェクトは」国の発展のため大学の競争力を強めていく方針で、21世紀に向けて教育・研究・管理の基盤を強化すべき100校を選抜して、1993年に制定されました。1998年には欧米の一流校レベルを目指して更に40校を選抜して重点的に投資しました、これが「985プロジェクト」と呼ばれています。

 大学に進学しやすい環境の中、211と985というプロジェクトに入る大学に進学するのは簡単なことではないですね。千人、万人が一本の橋を渡る「競争」がまだまだ続いています。

 

 以上は、今回の中国の教育事情の内容でした。また今度お会いしましょう。下次见!

 

高考

 

 

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月14日(土)14:34許先生の中国・中国語情報局《第6回 中国の食事事情》

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国の食事事情」です。

 

中国の食事事情をご紹介する前に、まず中国のお箸に関する広告をご覧ください。

 

https://youtu.be/UB5wE3xhQuk

 

3000年ほどの歴史を持っているお箸は中国の食事事情に欠かせなく、食事の伝統を伝承することから、食事のマナーなど様々な面で独特の役割を担っています。例えば、中国では大家族が一緒にご飯を食べるとき、おじいさんが先にお箸を持って食べ始めないと他の人は食べてはいけない、というコマーシャルのワンシーンがあります。それは敬老という意で子供の時から教わることです。そして、「迷い箸」「探り箸」「拾い箸」はだめで、特にご飯の上に箸を立てることが墓参りに備えるご飯を連想されるため、やってはいけないことになっています。それに、お箸を噛んだり、舐めたり、爪楊枝用にするなどもすべてだめです。中国のテーブルは大体丸くて大きいのですが、ご飯を食べるときに、手が届かないからといって、立ってお箸でギリギリまでおかずを手繰り寄せるのもマナー違反です。小学校のある日、晩御飯で学校の面白かったことを家族に一刻も早く報告したく、話している途中にだんだん興奮してお箸で人を指してしまい、お祖父さんに「お箸を降ろしてゆっくり話して」と注意されたことは今でも覚えています。こうやって中国の子供たちはそれぞれの家でお祖父さん、お祖母さんにお箸のマナーを教わり、食について初めてのイメージを持つようになるのです。

(豆知識:中国語でのお箸の発音から、「いい子を育てる」という祝福の意味が入っているので、結婚祝いとして上品なお箸を送ることも多いです。)

 

おはし

 

次に、ご紹介したいのは、中国料理の種類です。中国で最も一般的な区分法は「中華八大料理」に分けられます。それは、山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理です。私が食べたことがあるのは、塩辛くて味が濃い山東料理と、香辛料が多く使われて味が辛い、湖南料理と四川料理です。

 故郷の料理は前記した料理区分に入っておらず、主にお肉の煮物が多いです。そして、白菜の古漬けも毎年お祖母さんが作っています。白菜の古漬けについて簡単にいうと、菜を秋の末に甕に入れて、塩で漬けて、自然に発酵させて一ヶ月後に出来上がるというものです。出来上がった白菜は酸味が強くてそのままでは食べられません。大体は、冬の鍋物として骨つきの豚肉と一緒に煮込んで家族で鍋を囲んで食べます。

 

 

菜の古漬けは中国語で酸菜と言います。東北地方だけの漬物で毎年冬(ちょうど今から)になると、毎週食べるほど一般的なものです。酸菜は、塩加減により家庭ごとにそれぞれ味が違います。たとえ同じ家でも、母が漬けた酸菜とお祖母さんが漬けた酸菜も微妙に差があります。酸菜の他に、胡瓜やナス、人参などの野菜を浅漬ける習慣もあり、故郷の食卓に欠かせない料理の一つです。中国に帰って何が一番たべたいですか?と日本の友人に聞かれると、「お祖母さんが漬けてくれる漬物です!」と即答しました。漬物は東北人のソウルフードであることに反対する人はいないでしょう。

中国語の中に“民以食为天”というよく知られる古文があります。日本語に訳すと「民は食を持って天となす」という意味です。昔、中国人が挨拶する時に「ご飯食べた?」とお互いによく聞いていましたが、それは、日常生活の中でそれだけ食が重要視されていて、深い愛情を持たれているということだと思います。

以上は、今回の中国の食事事情の内容でした。また今度お会いしましょう。下次见!

 

 

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

2019年12月12日(木)11:46アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局≪ロシア・ウクライナの交通事情≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの交通事情」です。

キエフ、モスクワ、サンクトペテルブルクの地下鉄は、世界的にも有名な乗り物であることはご存知ですか?

特にキエフ、モスクワの地下鉄駅は大理石、シャンデリア、彫刻、モニュメントなどの絢爛豪華な装飾や彫刻、地下の非常に奥深くまで開通された地下鉄は「地下宮殿」とも言われ、美術館のような、とんでもない別世界です。これは冷戦時に非常事態の際に避難シェルターとしての役割をも持ち合わせていました。観光スポットとなっているのは言うまでもありません。ただ車両がやや旧型で、車内はうす暗く、時間帯によってはスリなども多い路線があるため、十分に注意する必要があります。案内標識は、多言語ではありませんので、必ずロシア語やウクライナ語を理解する必要があります。日本ほど公共交通機関が発達していないものの、都市内での移動にはとても安く便利です。

では自動車というと、やはり主要都市では大都市なりの交通量があります。日本ほど、舗装や交通標識が整備されておらず、スムーズな都市間高速移動のインフラも発達していませんので、外国人の運転はお勧めできません。マフィアがらみの当たり屋のようなドライバーや、運転マナーが悪いドライバーが多く、運転のトラブル時には外国人不利な立場に置かれます。
また、各都市内には多くの路線バスが運行しています。非常に安い運賃ですが、行き先表示や時刻表などが不明であったり、発着所を見つけるのに一苦労したりしますので、使いこなせるまでになるには、その町に十分に住み慣れてからでしょう。

タクシーもたくさん流れていて便利な交通手段なのですが、メーターが設置されていない白タクや自家用車を使ってアルバイトで働くドライバーも多いため、外国人の利用は特段の注意が必要です。また、タクシーの運転手に「この国は初めてかい?」なんて聞かれることがあります。この場合は口が裂けても絶対に「初めてです」なんて言わないでください!「10回目です」とでも言いましょう。「初めての観光客なら知らないだろう」と思われ、遠回りされることにほぼ間違いないからです。

ただ、キエフやモスクワではタクシーを専用App で呼び、乗り場、行き先、価格を事前確定し降車時に支払うのが一般化され、非常に便利で安心価格になりました。一方、流しのタクシーに乗車する客が外国人や観光客ばかりとなったところ、流しのタクシー料金は適正価格以上の法外な値段になってしまっています。タクシーへのチップは10%ほどですが、価格、サービス、接客、運転に少しでも不満がある場合は、要求されたとしても、一切、渡す必要はありません。

大陸間での移動は、長距離列車もあるのですが、やはり航空機が便利です。エアラインのネットワークは西欧のように張り巡らされており、料金もそれほどは高くはありません。

10年ほど前までは、旧ソ連製のツポレフ、イリューシンが国内線に使用されていました。旧ソ連製の航空機は非常に簡素で丈夫な造りなので、壊れにくいと評判がありましたが、人的要因による墜落事故は1990年代に頻繁に起こっていました。ただ、現在のツポレフ、イリューシンなどの航空機はウクライナ製のジェット機で、安全で快適になりました。

ロシアやウクライナへ行かれるみなさん、列車、飛行機、地下鉄も日本とは違った楽しみ方があるので、ぜひ体験してください。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

地下鉄

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年12月4日(水)11:18許先生の中国・中国語情報局≪第5回 中国の交通事情≫

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国の交通事情」です。

 

今の中国は基本的に車社会になっています。特に都市において広い道路に大量の車、バス、バイク、自転車が行き交っています。ブログを書きながら、こういう体験を思い出しました。上海に旅行に行った時に、夜タクシーで友達のお家に向かおうとしました。当時ちょうど通勤ラッシュの時間になり、大渋滞で長い間にタクシーが動けなかったのです。車窓を眺めたら、車のヘッドライトの光が交差して視野に入る範囲で全部車、車、車になり、すごい光景だなぁと思いました。

交通量の多さによって空気の汚染が年々酷くなり、多くの都市でナンバープレートの番号によって車の使用を禁止する交通制限が行われています。また、ここ10年各都市では交通インフラの整備が進んでいて、地下鉄やバスや自転車を多く利用することが市民たちに勧められています。そのような措置は大気汚染の対策になり、通勤ラッシュ時の大渋滞への緩和にもなります。多様な地理環境の中国では、ユニークな交通事情も多々あります。では、珍しい交通事情をご紹介します。まず以下の写真をご覧ください。

 

写真の出典はBAIDU百科です マンションを貫く地下鉄

 

 

ちらは中国の南西部にある直轄市である重慶の李子壩駅です。ご覧の通り、マンションの中を貫いた駅です。その不思議な光景が観光スポットになって毎年たくさんの観光客が、マンションを通る電車の写真を撮りにわざわざ来ています。

 

重慶市の位置です。

重慶市の位置です。

 

重慶について、もう一つ。重慶は中国の火鍋の聖地と呼ばれています。辛い料理がお好きな方にぜひ重慶に行っていただき、本場の火鍋を召し上がってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、同じく中国の南西部にある貴州省の橋をご覧下さい。

貴州省は重慶市の南方向に位置して、中国で唯一平原のない省です。カルスト地形の高原に2万基以上の橋をかけて世界で最も高い100基の橋のうち、46基が貴州省にあります。なので、貴州省の省内から他の地方へ移動する時に以下のような壮大な風景になります。

 

貴州橋1

 

貴州橋2

 

 

最後に、中国の旧正月の帰省ラッシュについてご紹介します。以下は2019年1月の産経ニュースをそのままに載せさせていただきます。

「中国で2月5日の春節(旧正月)に合わせた大型連休が始まるのを前に、ふるさとで過ごす人の帰省ラッシュが21日、始まった。中国政府はUターンも含め3月1日までに前年比0.6%増の延べ29億9千万人が車や鉄道、飛行機で移動すると見込む。」

(出典:https://www.sankei.com/photo/story/news/190121/sty1901210014-n1.html

簡潔に言えば、旧正月は中国人にとって唯一の家族団欒の機会で、旧正月の時に限って故郷に帰ろうと思われています。なので、旧正月の時期になると、約何億人の「世界一の大移動」となる帰省ラッシュになり、航空券や高速電車の切符が買いにくくなる時もよくあります。もし、中国旅行を計画するときは、くれぐれも旧正月の時期を避けるようにお勧めします。

 

以上は今日の中国交通事情についての簡単なご紹介でした。また今度お会いしましょう。下次见!

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

 

 

 

 

 

 

 

 

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

2019年11月29日(金)19:18校長ブログ 1 「学校の始まりとベトナム」

欧米アジア語学センターは、「ベトナム難民支援運動」の中から生まれました。

私(校長)が若い頃政治活動をしていた時、1975年ベトナム戦争(アメリカとベトナム)が終結、多くの難民が「ボートピープル」で日本へ避難してきました。

その難民の方々を当時日本にいたベトナム人留学生とともに救援活動を行いました。

そしてその時の留学生とともに20年前立ち上げた会社が「欧米アジア語学センター」なのです。

 

ベトナム人留学生と共に。 右がわたくし

ベトナム人留学生と共に。
右がわたくし

 

だから弊社は今、テキスト・語学本を13冊(4冊準備中)出版していますが、第1号は

「はじめてのベトナム語」(明日香出版社)でした。設立当初の教室は、JR新宿駅から南口から歩いて18分、文化学園の近く、東京ガスの隣のビルでした。ハーブの会社の一角をお借りして教室としたのです。部屋中ハーブだらけで、とても良い匂いがし、レッスン用テーブルも自然な木目が入った長形の物でそれなりの風情がありました。

当時は喫茶店レッスンが主流で関東全域を対象にして、生徒数も500名を軽く超え、ナント本校にも新宿駅から20分近くもかかるのに多くの人が通ってくれました。先生の登録数も中国語、韓国語を中心に40か国語1000名を超える大陣容となってきました。

欧米アジア語学センターの法人名は「株式会社エフアイジャパン」で「Future International

Japan(日本から世界の未来へ)」の略称です。

語学事業だけでなく、旅行事業もやっていました。南太平洋に「ミクロネシア連邦」(その中の一つ、トラック島は旧海軍連合艦隊の一大軍港だったところです)という国があり、その人たちを援助しようと「NPOミクロネシア振興協会」を立ち上げ、マグロなど輸出支援、観光の振興など、日本から旅行客を連れて行ったりしていました。

 

そして平成11年(1999年)、西新宿から新宿・四谷の学習院初等科の裏にあるビルに事務所を移転しました。周辺はとても閑静な場所で有名なフレンチレストラン「ミクニ」、迎賓館もすぐそばでした。四ツ谷駅から十数分かかったのですが、春は桜も咲き、生徒さんたちは喜んで通ってくれました。この時学校のレッスン方式は、喫茶店中心ではなく教室に通学する方式に変更しました。平成15年(2003年)5月、生徒数が増え、教室が足りなくなり、JR四ツ谷駅前のビルに移転しました。四ツ谷駅から歩いて1分、ビルの裏は「しんみち通り」という飲み屋街で大変環境が良かった(?!)です。

 

それから5年経ち、平成19年(2007年)に現在の御茶ノ水に移りました。

当センターは新宿・四谷に約10年、御茶ノ水に来てから12年目を迎えることになります。

 

 

小島孝之 欧米アジア語学センター  学校長

筆者:小島孝之
欧米アジア語学センター 
学校長

 

【欧米アジア語学センターで外国語を学んでみませんか?】

・電話: 03-5840-7434
・メール: gogaku@fij.tokyo
・web: http://www.fij.tokyo/
・お問い合わせ:資料請求: http://www.fij.tokyo/contact/
・体験レッスン:http://www.fij.tokyo/free_trial/

2019年11月28日(木)10:55許先生の中国・中国語情報局【第4回 私はこうやって日本語を身につけました】

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「私はこうやって日本語を身につけました。」です。

 

正直なところ日本語を身につける秘訣に関して、短時間ですぐ習得する方法があるとすれば、わたくしも知りたいです。外国語(日本語や英語)の単語や動詞の活用形などを覚えていた時に、ドラえもんの暗記パンがあれば、どれほど楽になるだろう、とよく思ったものです。笑。

どの言語においても、語学勉強は繰り返して覚えるという単調な作業でしょう。それに、「聞く・話す・読む・書く」という4技能を日々蓄積する事も必要なので、自由に外国語が使いこなせるにはかなり時間がかかります。まず、地味な練習や復習などは、どの言語の学習でも欠かせないという事を最初に押さえさせていただきます。

 

私は母の影響を受けて外国語に興味を持ちました。学習する時は発音について特に敏感で拘っています。日本語を学び始めた時は、自分の発音とアクセントが正しいかどうかを心配して、何回も日本人の先生(わたしの先生は由紀子先生というお名前でした。)に頼んでチェックしていただきました。チェックをして頂いても、正しい発音とアクセントが定着していないと痛感して、授業の時に先生の発音を集中して真似たりもしていました。

 

また、朗読することが好きで、教科書のテープに従って毎日30分ぐらいシャドイングで朗読をしました。教科書だけをずっと朗読していると、面白くなくなるので色々工夫も入れて、聞く練習をしました。例えば、ラジオでNHKのニュースとトーク番組を聞いたり、日本語のドラマや音楽は由紀子先生がカセットテープに焼いてくださって、毎日それを聞いたり日本語の歌を習ったりしていました。

毎日の朗読と聞く練習を通して、発音とアクセントが定着して、単語や動詞の活用形がだんだん覚えられるようになり、新しい単語も少しずつ増えて日本語の文章を読むことがとても楽になりました。わたくしの学習方法をまとめると、「聞いてから覚える」にあてはまっているのかなと思います。

 

それから、大学二年生の時から日本語で日記を書くようになりました。最初は宿題として日本語の日記を書いて、由紀子先生に訂正していただくことでした。文章を書くことが好きで、それをきっかけにしてほぼ毎日日本語で日記を書いて、週末にまとめて由紀子先生に見ていただきました。先生はとても優しくて親切な方で、日記を丁寧に訂正してくださり、日記の後にコメントを書いてくださって、最終的には先生との秘密の筆談になって楽しかったです。先生が訂正していただいたところを復習する事で文法の練習にもなりました。

そして、日記がどんどん書けるようになる間に、日本語を話すことが流暢になりました。また、他の人に「字が綺麗ですね」と言われたのですが、それは先生が添削してくれた文字を毎回真似して練習していたので、「それは由紀子先生のおかげ」と思っています。

だんだん話せるようになると、先生に日本語の小説を貸していただき読みました。読み始めると教科書の文章とはまったく異なり、実際の日本語はこのように書かれているんだ!こういう風に気持ちを表現しているんだ!と驚きながら日本語の小説が読めるようになりました。

このように由紀子先生のおかげで日本語の世界に浸る事ができ、日本語が楽しくてたまらなくなりました。よく考えると、わたくしにとっての日本語を身につける秘訣は「由紀子先生に出会ったこと」にほかなりません。

 

 以上は、今回のトピックです。また今度よろしくお願いします。下次见!

 

a605e7237ad8e129e9c8d26f6e1f9c22_s

 

 

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生 

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

 

1 2 3 4 5 6 8