ホーム > スタッフブログ

募集要項

2019年12月14日(土)14:34許先生の中国・中国語情報局《第6回 中国の食事事情》

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国の食事事情」です。

 

中国の食事事情をご紹介する前に、まず中国のお箸に関する広告をご覧ください。

 

https://youtu.be/UB5wE3xhQuk

 

3000年ほどの歴史を持っているお箸は中国の食事事情に欠かせなく、食事の伝統を伝承することから、食事のマナーなど様々な面で独特の役割を担っています。例えば、中国では大家族が一緒にご飯を食べるとき、おじいさんが先にお箸を持って食べ始めないと他の人は食べてはいけない、というコマーシャルのワンシーンがあります。それは敬老という意で子供の時から教わることです。そして、「迷い箸」「探り箸」「拾い箸」はだめで、特にご飯の上に箸を立てることが墓参りに備えるご飯を連想されるため、やってはいけないことになっています。それに、お箸を噛んだり、舐めたり、爪楊枝用にするなどもすべてだめです。中国のテーブルは大体丸くて大きいのですが、ご飯を食べるときに、手が届かないからといって、立ってお箸でギリギリまでおかずを手繰り寄せるのもマナー違反です。小学校のある日、晩御飯で学校の面白かったことを家族に一刻も早く報告したく、話している途中にだんだん興奮してお箸で人を指してしまい、お祖父さんに「お箸を降ろしてゆっくり話して」と注意されたことは今でも覚えています。こうやって中国の子供たちはそれぞれの家でお祖父さん、お祖母さんにお箸のマナーを教わり、食について初めてのイメージを持つようになるのです。

(豆知識:中国語でのお箸の発音から、「いい子を育てる」という祝福の意味が入っているので、結婚祝いとして上品なお箸を送ることも多いです。)

 

おはし

 

次に、ご紹介したいのは、中国料理の種類です。中国で最も一般的な区分法は「中華八大料理」に分けられます。それは、山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理です。私が食べたことがあるのは、塩辛くて味が濃い山東料理と、香辛料が多く使われて味が辛い、湖南料理と四川料理です。

 故郷の料理は前記した料理区分に入っておらず、主にお肉の煮物が多いです。そして、白菜の古漬けも毎年お祖母さんが作っています。白菜の古漬けについて簡単にいうと、菜を秋の末に甕に入れて、塩で漬けて、自然に発酵させて一ヶ月後に出来上がるというものです。出来上がった白菜は酸味が強くてそのままでは食べられません。大体は、冬の鍋物として骨つきの豚肉と一緒に煮込んで家族で鍋を囲んで食べます。

 

 

菜の古漬けは中国語で酸菜と言います。東北地方だけの漬物で毎年冬(ちょうど今から)になると、毎週食べるほど一般的なものです。酸菜は、塩加減により家庭ごとにそれぞれ味が違います。たとえ同じ家でも、母が漬けた酸菜とお祖母さんが漬けた酸菜も微妙に差があります。酸菜の他に、胡瓜やナス、人参などの野菜を浅漬ける習慣もあり、故郷の食卓に欠かせない料理の一つです。中国に帰って何が一番たべたいですか?と日本の友人に聞かれると、「お祖母さんが漬けてくれる漬物です!」と即答しました。漬物は東北人のソウルフードであることに反対する人はいないでしょう。

中国語の中に“民以食为天”というよく知られる古文があります。日本語に訳すと「民は食を持って天となす」という意味です。昔、中国人が挨拶する時に「ご飯食べた?」とお互いによく聞いていましたが、それは、日常生活の中でそれだけ食が重要視されていて、深い愛情を持たれているということだと思います。

以上は、今回の中国の食事事情の内容でした。また今度お会いしましょう。下次见!

 

 

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

2019年12月12日(木)11:46アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局≪ロシア・ウクライナの交通事情≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの交通事情」です。

キエフ、モスクワ、サンクトペテルブルクの地下鉄は、世界的にも有名な乗り物であることはご存知ですか?

特にキエフ、モスクワの地下鉄駅は大理石、シャンデリア、彫刻、モニュメントなどの絢爛豪華な装飾や彫刻、地下の非常に奥深くまで開通された地下鉄は「地下宮殿」とも言われ、美術館のような、とんでもない別世界です。これは冷戦時に非常事態の際に避難シェルターとしての役割をも持ち合わせていました。観光スポットとなっているのは言うまでもありません。ただ車両がやや旧型で、車内はうす暗く、時間帯によってはスリなども多い路線があるため、十分に注意する必要があります。案内標識は、多言語ではありませんので、必ずロシア語やウクライナ語を理解する必要があります。日本ほど公共交通機関が発達していないものの、都市内での移動にはとても安く便利です。

では自動車というと、やはり主要都市では大都市なりの交通量があります。日本ほど、舗装や交通標識が整備されておらず、スムーズな都市間高速移動のインフラも発達していませんので、外国人の運転はお勧めできません。マフィアがらみの当たり屋のようなドライバーや、運転マナーが悪いドライバーが多く、運転のトラブル時には外国人不利な立場に置かれます。
また、各都市内には多くの路線バスが運行しています。非常に安い運賃ですが、行き先表示や時刻表などが不明であったり、発着所を見つけるのに一苦労したりしますので、使いこなせるまでになるには、その町に十分に住み慣れてからでしょう。

タクシーもたくさん流れていて便利な交通手段なのですが、メーターが設置されていない白タクや自家用車を使ってアルバイトで働くドライバーも多いため、外国人の利用は特段の注意が必要です。また、タクシーの運転手に「この国は初めてかい?」なんて聞かれることがあります。この場合は口が裂けても絶対に「初めてです」なんて言わないでください!「10回目です」とでも言いましょう。「初めての観光客なら知らないだろう」と思われ、遠回りされることにほぼ間違いないからです。

ただ、キエフやモスクワではタクシーを専用App で呼び、乗り場、行き先、価格を事前確定し降車時に支払うのが一般化され、非常に便利で安心価格になりました。一方、流しのタクシーに乗車する客が外国人や観光客ばかりとなったところ、流しのタクシー料金は適正価格以上の法外な値段になってしまっています。タクシーへのチップは10%ほどですが、価格、サービス、接客、運転に少しでも不満がある場合は、要求されたとしても、一切、渡す必要はありません。

大陸間での移動は、長距離列車もあるのですが、やはり航空機が便利です。エアラインのネットワークは西欧のように張り巡らされており、料金もそれほどは高くはありません。

10年ほど前までは、旧ソ連製のツポレフ、イリューシンが国内線に使用されていました。旧ソ連製の航空機は非常に簡素で丈夫な造りなので、壊れにくいと評判がありましたが、人的要因による墜落事故は1990年代に頻繁に起こっていました。ただ、現在のツポレフ、イリューシンなどの航空機はウクライナ製のジェット機で、安全で快適になりました。

ロシアやウクライナへ行かれるみなさん、列車、飛行機、地下鉄も日本とは違った楽しみ方があるので、ぜひ体験してください。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

地下鉄

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年12月4日(水)11:18許先生の中国・中国語情報局≪第5回 中国の交通事情≫

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国の交通事情」です。

 

今の中国は基本的に車社会になっています。特に都市において広い道路に大量の車、バス、バイク、自転車が行き交っています。ブログを書きながら、こういう体験を思い出しました。上海に旅行に行った時に、夜タクシーで友達のお家に向かおうとしました。当時ちょうど通勤ラッシュの時間になり、大渋滞で長い間にタクシーが動けなかったのです。車窓を眺めたら、車のヘッドライトの光が交差して視野に入る範囲で全部車、車、車になり、すごい光景だなぁと思いました。

交通量の多さによって空気の汚染が年々酷くなり、多くの都市でナンバープレートの番号によって車の使用を禁止する交通制限が行われています。また、ここ10年各都市では交通インフラの整備が進んでいて、地下鉄やバスや自転車を多く利用することが市民たちに勧められています。そのような措置は大気汚染の対策になり、通勤ラッシュ時の大渋滞への緩和にもなります。多様な地理環境の中国では、ユニークな交通事情も多々あります。では、珍しい交通事情をご紹介します。まず以下の写真をご覧ください。

 

写真の出典はBAIDU百科です マンションを貫く地下鉄

 

 

ちらは中国の南西部にある直轄市である重慶の李子壩駅です。ご覧の通り、マンションの中を貫いた駅です。その不思議な光景が観光スポットになって毎年たくさんの観光客が、マンションを通る電車の写真を撮りにわざわざ来ています。

 

重慶市の位置です。

重慶市の位置です。

 

重慶について、もう一つ。重慶は中国の火鍋の聖地と呼ばれています。辛い料理がお好きな方にぜひ重慶に行っていただき、本場の火鍋を召し上がってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、同じく中国の南西部にある貴州省の橋をご覧下さい。

貴州省は重慶市の南方向に位置して、中国で唯一平原のない省です。カルスト地形の高原に2万基以上の橋をかけて世界で最も高い100基の橋のうち、46基が貴州省にあります。なので、貴州省の省内から他の地方へ移動する時に以下のような壮大な風景になります。

 

貴州橋1

 

貴州橋2

 

 

最後に、中国の旧正月の帰省ラッシュについてご紹介します。以下は2019年1月の産経ニュースをそのままに載せさせていただきます。

「中国で2月5日の春節(旧正月)に合わせた大型連休が始まるのを前に、ふるさとで過ごす人の帰省ラッシュが21日、始まった。中国政府はUターンも含め3月1日までに前年比0.6%増の延べ29億9千万人が車や鉄道、飛行機で移動すると見込む。」

(出典:https://www.sankei.com/photo/story/news/190121/sty1901210014-n1.html

簡潔に言えば、旧正月は中国人にとって唯一の家族団欒の機会で、旧正月の時に限って故郷に帰ろうと思われています。なので、旧正月の時期になると、約何億人の「世界一の大移動」となる帰省ラッシュになり、航空券や高速電車の切符が買いにくくなる時もよくあります。もし、中国旅行を計画するときは、くれぐれも旧正月の時期を避けるようにお勧めします。

 

以上は今日の中国交通事情についての簡単なご紹介でした。また今度お会いしましょう。下次见!

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

 

 

 

 

 

 

 

 

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

2019年12月2日(月)17:24アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【ロシア・ウクライナのクリスマス】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナのクリスマス」です。

そろそろ、クリスマスが近づき、日本の街中にクリスマスのネオン、ツリーが飾られ、キャロルの音楽が流れ始めています。

西洋諸国ではグレゴリオ暦を用いているのでクリスマスは12 月25日です。旧ソ連圏ではロシア革命前までは旧暦であるユリウス暦が用いられていたため、当時のクリスマスを現暦でいうと1 月7 日になり、現在この日が東方正教会(キリスト教)のクリスマスで祝日となっています。ただ、カトリック教徒は12月25日に祝福しますので、ウクライナとロシアではクリスマスが2度やって来るように感じます。

日本ではクリスマスは商業ベースに乗った一つの楽しいイベントと考えられますが、私の国ウクライナでもたしかに楽しいイベントなのですが、人々の気持ちはもっとシリアスで、宗教感があります。恋人同士のデートの日でもなければ、プレゼントを交換する日でもありません。自分自身と家族が今ここにいられることに感謝を捧げ、恵まれない人々の幸せを願うことは、キリスト教国家のクリスマスと共通の目的です。
伝統的に、東方正教会ではクリスマスの日までは断食期間が設けてあるので、1月6日の夜のクリスマスイヴのディナーメニューは、肉類以外の12 種類の料理が食卓に並びます。敬虔な正教会の家庭では、魚類、サラダ油、アルコール類も食しません。イエスキリストが誕生した知らせとされる一番星が夜空に見えたら、クリスマスイヴのディナーが始まります。ディナーの後は、クリスマスの祈りを捧げ、クリスマスプレゼントを子供たちに渡し、家族と教会へ向かい、お祈りが深夜の2 時頃まで続きます。
クリスマス当日の過ごし方は人それぞれです。多くの人は大晦日まで働いて、1月1日から10日ぐらいまでが年末から続くお祭りムードの休暇となります。大都市でもこの時期はスーパーマーケットやレストランがお休みのところも多いため、前日までに買い物を済ませ、1月7日は家で食事をとる方が多いです。

クリスマスシーズンには、巨大なモミの木が街のいたるところに飾られ、都市はイルミネーションで輝き、どの街も雪で覆われ、幻想的で美しい景観を楽しむことができます。

日本の皆さん、もし冬休みに休暇を取れるのでしたら、寒さだけ我慢できれば、絶好の旅行シーズンです。
それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

クリスマス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年11月29日(金)19:18校長ブログ 1 「学校の始まりとベトナム」

欧米アジア語学センターは、「ベトナム難民支援運動」の中から生まれました。

私(校長)が若い頃政治活動をしていた時、1975年ベトナム戦争(アメリカとベトナム)が終結、多くの難民が「ボートピープル」で日本へ避難してきました。

その難民の方々を当時日本にいたベトナム人留学生とともに救援活動を行いました。

そしてその時の留学生とともに20年前立ち上げた会社が「欧米アジア語学センター」なのです。

 

ベトナム人留学生と共に。 右がわたくし

ベトナム人留学生と共に。
右がわたくし

 

だから弊社は今、テキスト・語学本を13冊(4冊準備中)出版していますが、第1号は

「はじめてのベトナム語」(明日香出版社)でした。設立当初の教室は、JR新宿駅から南口から歩いて18分、文化学園の近く、東京ガスの隣のビルでした。ハーブの会社の一角をお借りして教室としたのです。部屋中ハーブだらけで、とても良い匂いがし、レッスン用テーブルも自然な木目が入った長形の物でそれなりの風情がありました。

当時は喫茶店レッスンが主流で関東全域を対象にして、生徒数も500名を軽く超え、ナント本校にも新宿駅から20分近くもかかるのに多くの人が通ってくれました。先生の登録数も中国語、韓国語を中心に40か国語1000名を超える大陣容となってきました。

欧米アジア語学センターの法人名は「株式会社エフアイジャパン」で「Future International

Japan(日本から世界の未来へ)」の略称です。

語学事業だけでなく、旅行事業もやっていました。南太平洋に「ミクロネシア連邦」(その中の一つ、トラック島は旧海軍連合艦隊の一大軍港だったところです)という国があり、その人たちを援助しようと「NPOミクロネシア振興協会」を立ち上げ、マグロなど輸出支援、観光の振興など、日本から旅行客を連れて行ったりしていました。

 

そして平成11年(1999年)、西新宿から新宿・四谷の学習院初等科の裏にあるビルに事務所を移転しました。周辺はとても閑静な場所で有名なフレンチレストラン「ミクニ」、迎賓館もすぐそばでした。四ツ谷駅から十数分かかったのですが、春は桜も咲き、生徒さんたちは喜んで通ってくれました。この時学校のレッスン方式は、喫茶店中心ではなく教室に通学する方式に変更しました。平成15年(2003年)5月、生徒数が増え、教室が足りなくなり、JR四ツ谷駅前のビルに移転しました。四ツ谷駅から歩いて1分、ビルの裏は「しんみち通り」という飲み屋街で大変環境が良かった(?!)です。

 

それから5年経ち、平成19年(2007年)に現在の御茶ノ水に移りました。

当センターは新宿・四谷に約10年、御茶ノ水に来てから12年目を迎えることになります。

 

 

小島孝之 欧米アジア語学センター  学校長

筆者:小島孝之
欧米アジア語学センター 
学校長

 

【欧米アジア語学センターで外国語を学んでみませんか?】

・電話: 03-5840-7434
・メール: gogaku@fij.tokyo
・web: http://www.fij.tokyo/
・お問い合わせ:資料請求: http://www.fij.tokyo/contact/
・体験レッスン:http://www.fij.tokyo/free_trial/

2019年11月28日(木)10:55許先生の中国・中国語情報局【第4回 私はこうやって日本語を身につけました】

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「私はこうやって日本語を身につけました。」です。

 

正直なところ日本語を身につける秘訣に関して、短時間ですぐ習得する方法があるとすれば、わたくしも知りたいです。外国語(日本語や英語)の単語や動詞の活用形などを覚えていた時に、ドラえもんの暗記パンがあれば、どれほど楽になるだろう、とよく思ったものです。笑。

どの言語においても、語学勉強は繰り返して覚えるという単調な作業でしょう。それに、「聞く・話す・読む・書く」という4技能を日々蓄積する事も必要なので、自由に外国語が使いこなせるにはかなり時間がかかります。まず、地味な練習や復習などは、どの言語の学習でも欠かせないという事を最初に押さえさせていただきます。

 

私は母の影響を受けて外国語に興味を持ちました。学習する時は発音について特に敏感で拘っています。日本語を学び始めた時は、自分の発音とアクセントが正しいかどうかを心配して、何回も日本人の先生(わたしの先生は由紀子先生というお名前でした。)に頼んでチェックしていただきました。チェックをして頂いても、正しい発音とアクセントが定着していないと痛感して、授業の時に先生の発音を集中して真似たりもしていました。

 

また、朗読することが好きで、教科書のテープに従って毎日30分ぐらいシャドイングで朗読をしました。教科書だけをずっと朗読していると、面白くなくなるので色々工夫も入れて、聞く練習をしました。例えば、ラジオでNHKのニュースとトーク番組を聞いたり、日本語のドラマや音楽は由紀子先生がカセットテープに焼いてくださって、毎日それを聞いたり日本語の歌を習ったりしていました。

毎日の朗読と聞く練習を通して、発音とアクセントが定着して、単語や動詞の活用形がだんだん覚えられるようになり、新しい単語も少しずつ増えて日本語の文章を読むことがとても楽になりました。わたくしの学習方法をまとめると、「聞いてから覚える」にあてはまっているのかなと思います。

 

それから、大学二年生の時から日本語で日記を書くようになりました。最初は宿題として日本語の日記を書いて、由紀子先生に訂正していただくことでした。文章を書くことが好きで、それをきっかけにしてほぼ毎日日本語で日記を書いて、週末にまとめて由紀子先生に見ていただきました。先生はとても優しくて親切な方で、日記を丁寧に訂正してくださり、日記の後にコメントを書いてくださって、最終的には先生との秘密の筆談になって楽しかったです。先生が訂正していただいたところを復習する事で文法の練習にもなりました。

そして、日記がどんどん書けるようになる間に、日本語を話すことが流暢になりました。また、他の人に「字が綺麗ですね」と言われたのですが、それは先生が添削してくれた文字を毎回真似して練習していたので、「それは由紀子先生のおかげ」と思っています。

だんだん話せるようになると、先生に日本語の小説を貸していただき読みました。読み始めると教科書の文章とはまったく異なり、実際の日本語はこのように書かれているんだ!こういう風に気持ちを表現しているんだ!と驚きながら日本語の小説が読めるようになりました。

このように由紀子先生のおかげで日本語の世界に浸る事ができ、日本語が楽しくてたまらなくなりました。よく考えると、わたくしにとっての日本語を身につける秘訣は「由紀子先生に出会ったこと」にほかなりません。

 

 以上は、今回のトピックです。また今度よろしくお願いします。下次见!

 

a605e7237ad8e129e9c8d26f6e1f9c22_s

 

 

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生 

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

 

2019年11月26日(火)18:04アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局【ロシア・ウクライナのビジネスマナー】

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナのビジネスとマナー」です。

日本で常識とされる商習慣、商業道徳観は、ロシア語圏では異なることがたくさんあります。
ビジネス上の初対面においては、やはりどの国も第一印象は重要です。

ステレオタイプかもしれませんが、日本での初対面では相手の肩書き、年齢、学歴などを見られますが、ロシア語圏では、まずは服装や身だしなみを見られます。男女を問わず、ネイリングを綺麗に保ち、靴の手入れ、スーツのアイロン掛けは絶対に怠りません。また、日本ではシックな色調のネクタイを用いる事が慎ましくお洒落であるとされますが、ロシア語圏ではフォーマルな場でも、非常に派手なネクタイやシャツが好まれます(TV で要人が身に付けているネクタイをご覧ください)。
上司対部下、先輩対後輩、顧客対取引先のような上下関係やピラミッド構造は、日本ほどは徹底されていません。封建社会が日本ほど長く続かなかったため、人の序列化はそれほど見受けられません。もっとも、上司などの上の立場を振りかざした「上から目線」の態度はビジネス上では受け入れられず、相手によって声のトーンを変えたり、言葉を使い分けることもあまりありません。

ただ、歪んだ男女人口構成比により女性人口の方が多く、就職、意思決定権、人事、地位、給与、昇格などでは男性優位な傾向があり、特に社会主義社会の崩壊後は女性の地位や活躍機会が不平等になっています。
日本にも蔓延る「お茶汲み」「腰掛け」と言われるような女性蔑視とも言える風潮がまだあるとすると、ロシア語圏の女性は「会社のロビーの花」のように例えられることがあります。女性は生真面目で働き者が多いのですが、社会からの適正評価はまだ先のようです。

そして、日本人が驚くことは「笑顔」についてです。仕事をしている時には、スチュワーデスでもマクドナルドの店員のような接客業でさえも、笑顔はほとんど見せません。これは不機嫌に嫌々ながら仕事をしているからではなく、人為的な「つくり笑い」を不誠実で不快であると感じる国民性だからです。また、旧ソ連時代には職業によっては「労働を提供する時は笑うな」との教えがあったことも現在まで影響しているのかもしれません。日本に在住のウクライナ人やロシア人が笑顔を見せるのは、日本の作法に充分慣れ親しんでしまっているからでしょう。

 

時間に対する観念は日本と大きく異なります。出社やミーティングの遅刻は日常茶飯事で、これが実務上のトラブルになることもあります。ですので、何事も誰かと約束する際には、時間に余裕を持って予定を立てる事が肝心です。メールの返信なども中々いただけないことがありますので、いつまでに返信が必要であるかを相手に事前に伝え、返信が遅れた際には催促を重ねることが重要です。何か仕事を依頼しても、完結するまでに予想外な時間を要したりします。ましてや終業時刻を超えた残業をしてまで仕事を定刻通りに完了することは緊急事態を除いて稀です。

 

日本の会社での業務は、上層部への報告・連絡・相談(ホウレンソウ)がコミュニケーションが基本とされ、常に縦のコミュニケーションが重要視されます。また、日本の会社の業務進行には、上司からの指示に従い業務を進めることが一般的とされ、進捗状況は上司と組織内で共有されることから業務は共同作業になります。一方ウクライナ、ロシアでは、各部課にその仕事分野のスペシャリストが配置されるため、担当者の役割、目標、責任の所在が明確であり、現場の裁量と責任で仕事を任せられています。担当者は自分の仕事の方法を熟知しているため、上司が逐一指示や承認作業をすることは少なく、担当者がイニシアチブを持って仕事を進行します。ですので、大きな判断を下したり業績に大きく影響する業務を除いて、上司は担当者から仕事の大まかな報告のみを受けることが一般的です。また、自身の仕事の範囲が明確化されてるため、担当者が業務契約上請け負っている業務外のことについて質問や依頼をされても、その担当者が親身に対応してくれることは稀です。極端な言い方かもしれませんが、つまり、チームワークの得意な日本、個人プレーが得意なロシアとウクライナといったところです。

 

私は個人プレーが得意ですがみなさんは?

 

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

ロシア語ビジネス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

 

2019年11月20日(水)17:20許先生の中国情報局≪第3回 中国語ってどんな言語?≫

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国語はどんな言語」です。

中国語を勉強し始めるにあたって、みなさんに知っておいていただきたい知識を最小限に数点に絞ってご紹介したいと思っております。

 

「漢語(汉语)」

以前ご紹介したように、中国は国土が広く地理環境も多様で、各地域の風土習慣も随分異なります。そして、広い国土に56の民族が住んでいてそれぞれの文化を持ち、それぞれの言語を使っています。その中で全人口の9割以上を構成する漢民族の言葉が中国語として呼ばれています。普通に「中国語(中文)」と言われる事もありますが、正式には「汉语(漢語)」と呼ばれます。

 

中国の民族分布図

中国の民族分布図

 

ご覧の通りに、中国は多くの民族が混住している国なので、各民族の人たちは馴染み合ってそれぞれの文化や習慣、また言葉はお互いに影響を与え合っています。例えば、私の故郷では漢民族の他に、モンゴル族と朝鮮族も住んでいますので、少し韓国語とモンゴル語(語彙レベル)も混じっています。食生活でもキムチを作ったり、羊肉を食べたりもします。

 

「標準語(普通话)」

しかし、歴史変遷に連れ、「漢語」も長い年月を経て発展し、多数の方言を産み育っています。それらの方言は、大きくいって七大方言または八大方言に分けられています。前回もご紹介したように、方言の間には激しい差があります。同じ中国人でも、まるで外国人同士のように通じ合えないこともよくあります。以前、アモイに勤めていた時、銀行口座を開きに行って、銀行員は親切に方言でたくさん説明してくれたのですが、アモイの方言が全く分からなず、「すみませんが、標準語ができる方にお願いしたいのですが」と赤面で頼んだこともありました。そのような方言間の差異にもたらされた不便が多々あります。それらを無くすため、共通語が必要となります。1949年中華人民共和国が成立して以来、共通語について明確に規定され、そして共通語の普及も強く推進されました。その「共通語」は「普通话(標準語)」と呼んでおり、①北の方言を基礎方言とし、②北京語音を標準音とし、③模範的な現代口語文の著作を文法の基準とするものです。

私たちがこれから学ぶ中国語は「普通话(標準語)」です。余談ですが、標準語がこれだけ普及している中でも、完璧な標準語が話せる人たちは決して多くありません。なぜかというと、それぞれの方言に強く影響されるからです。例えば、舌を巻く「er」という発音ができない人またそういう発音習慣を持っていない人も結構います。

 

「漢字/簡体字(简体字)」

漢字は中国の文字で、3500年ほどの歴史を持っています。漢字の数はおよそ5万字あります。しかし、よく使用されているのは5000字です。さらに、2000字ほどを習得できたら、普通の書物に出てくる漢字のほとんどが読めるとも言われています。漢字は中国人にとっても容易に覚えられるものではありません。小学生の頃、一番記憶に残った宿題は漢字を書く練習です。毎日学校で漢字を習って、家に帰って一つの漢字を十回も二十回も書くという練習をひたすらやっていました。また、中華人民共和国が成立して以来、ずっと使われていた筆画が多い漢字(繁体字)を系統的に簡略化するなど、(それらを簡体字と呼んでいます。)文字の改革も積極的に進められました。

 

漢字についての豆知識を今回のブログの終わりにさせていただきます。わたしの下の名前は家瑶です。漢字の成り立ちを調べていたら、家という字の最初の意味は人と家畜が住む場所で、瑶は美しい玉(宝石)という意味です。家瑶は家にある美しい玉(宝石)という意味になり、なんとも面白い発見になりました。みなさんもぜひご自分の名前にある漢字の成り立ちを調べてみてください。

 

以上は今日の中国語についての簡単なご紹介でした。また今度お会いしましょう。下次见!

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019年11月18日(月)17:34アントニーナ先生のロシア・ロシア語情報局≪ロシア・ウクライナの人々≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア・ウクライナの人々」です。

概してロシア、ウクライナでは、時間やお金に無頓着な人が多く見られますが、行動や考え方はおおらかで、人生を楽しむことを第一優先に、仕事よりも休暇や趣味、友達とのおつきあい、家族との時間を優先する人が多数派です。
また、給料をしっかりと定期的に貯蓄に回す日本人に比べると、目の前のお金を人付き合いなどにすぐ浪費してしまう傾向にあります。「江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ」とは、現代のロシア人やウクライナ人を指したことわざのように思えます。

また、家族との絆、親戚とのお付き合いをとても大切にします。子どもが育って独立や結婚を経ても、両親との頻繁なコミュニケーションは欠かさず、食事や週末などを一緒に過ごしたりします。親戚同士も家族同様のお付き合いが親密で、親戚一同が一つの強いコミュニティを形成しています。親子関係について日本の家庭と比較すると、子供を溺愛する親が多く、日本人からすると物質的にも精神的にも子供を甘やかしているほどに映ります。また、社会全体が子供を非常に大切にする傾向にあり、地下鉄内でも親が子に席を譲る光景はよく見られます。(地下鉄の性能が悪いため、子供が立っていると危ないとの理由もあるかも知れませんが)。子に彼氏(または彼女)ができた際は、必ず両親に紹介し、恋人も「家族の一員として受け入れてもらう」ことが、正式に付き合い始める暗黙のルールとなっています。

親戚関係に至っては、自分の叔父を「父」、叔母を「母」、姪や甥を「子」と呼び合うほど近しい関係なのです。そこには、子育て、進学、就職、結婚などの人生のイベントを通して、両親はもとより親戚も一丸となって支え合う互助精神があるからです。
このような密接な関係値は、70 年以上続いた共産主義社会と密告社会の下で生活上のさまざまな制限を受けていたため、家族、親戚、友達が一体となって助け合わなければ生活ができない、という意識から成り立ったとも言われています。

友人関係もとても親密で、常に互助精神があります。結婚して家庭を持っていても、イベント、パーティなどでお付き合いすることは日常茶飯事で、友達の家族を含めての交流も非常に積極的です。友達が病気や事故などで何かに困った時には、お金、労力などに見境無く手厚く援助し、おめでたいことがあればこの上ない大変なおもてなしで祝福してあげます。

また、ロシア人やウクライナ人の国民性は「殻は非常に固く、中は柔らかい」と言われます。これは、外見、特に初対面では非常に無愛想であるために初めは近寄りがたいのですが、一度心を開いて話せば、とても情の厚い、かけがえのない友達関係がつくりやすいという意味です。

現地に住んでいると、しょっちゅうパーティやお祝い事などイベントへのお誘いの声がかかり、パーティ三昧です。特に誕生日は老若男女を問わずに非常な大切なイベントです。遠くにいる友達の誕生日には、必ず電話で長々とお祝いを述べ、近くにいる友達の誕生日は必ずパーティへ、素敵で豪勢なプレゼントとともに、欠かさずに出席します。

人やTPO にもよりますが、誕生日のパーティがレストランで催される場合、会費や食事代は、なんと誕生日を祝われる側が全て負担をするのが原則なのです。ですので、出席者は必ず盛大なプレゼントを用意するのが原則です。パーティに誘われたら、必ずご自身の誕生日パーティにも誘ってあげるのが友達としてのマナーです。友達とのイベントにはぜひ積極的に参加し、自身から心を開く心掛けが大切とされています。

ロシア、ウクライナの人間関係はとても特徴深いので、他にも色々と書きたいのですが、続きはみなさんとお会いした際にお話ししますね。

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

家族

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

 

 

2019年11月14日(木)19:31大人の語学学習方法

語学教材の広告で、「子供は言葉を覚えるのに勉強しないですよね?お母さんの真似から覚えます。」「だから、大切なのは、学習ではない。聞く事やコミュニケーションだ」というキャッチフレーズをよく耳にします。語学を習得する上でリスニング・コミュニケーションが大切である事は言うまでもありません。ただ、皆が嫌いな「勉強」をしなくていい、というPRは本質とは違うといつも感じています。

 

皆さん、脳の神経細胞は生まれた時が100%だとすると、3歳までには70%が排除されてしまう事をご存知でしょうか?その後病気などをしない限り、100歳になっても残りの30%を後生大事にキープして人は生涯を終えます。3歳までの子供というのは、異常なまでの神経細胞で言語を含む様々な事を覚えて行くのです。

1~3歳児の脳は毎日、いや毎秒のように変化・成長を遂げています。

 

それに比べて、彼らの30%程度の能力しか持たない私達・・・・・。

 

同じ方法で言語能力が獲得できると思いますか?

無理ですよね。では、どうやったら私達大人は3歳児に勝てるのか?(勝負ではないのですが・・・。)

方法はあります。3歳児達は私たち30%の脳みそを侮ってはいけません。

子供みたいに出てくる言葉すべてを暗記する事はできなくてもいいのです。数学の公式のように文法(パターン)を覚える事で、暗記しなければいけない言葉・表現は何千万分の一に減らすことができます。単語も自分が必要とするイディオムをしっかり把握して、自分のニーズに必要なものから、コツコツと覚えていく。

また、私達大人はすべての言葉が分からなくても、文脈から単語や会話の流れを推測する技術を持っています。さすがの3歳児も文脈を読むなんて高等テクニックはないでしょう?

どうだ見たか、3歳児。というところです。

 

最後は、「大人」VS「3歳児」みたいな話しになってしまいましたが、大人が言葉を覚えるには、適格なアプローチとそれなりの努力が必要です。体験レッスンで「年齢も年齢で、まったく覚えらなくて、自信がありません・・・。」という悩みを聞く事が多いですが、当校ではレッスンを行うだけではなく、学習アプローチについてもアドバイスしています。言語の習得は子供の時でなければ間に合わないなんて事は絶対ありません。

皆さん、大人の学習方法で未知の言葉を覚えてみませんか?

 

 

fdc4279e87c9552e92b0b230d942e98f_s

 

【欧米アジア語学センターで外国語を学んでみませんか?】

・電話: 03-5840-7434
・メール: gogaku@fij.tokyo
・web: http://www.fij.tokyo/
・お問い合わせ:資料請求: http://www.fij.tokyo/contact/
・体験レッスン:http://www.fij.tokyo/free_trial/