ホーム > スタッフブログ

募集要項

2019年11月13日(水)19:45許先生の中国情報局≪第2回 多彩多様な中国≫

みなさん、こんにちは。大家好!

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

今日のトピックは、「中国はこんなところ!」です。

中国を紹介することは簡単なことではありません。歴史を始め、文化、経済、生活などの側面からどれも大きい枠組で単に紹介するポイントを羅列するだけでも十分な量になります。それに、中国についての書籍も年々出版されており、専門的な中国学はそれらにお任せしたいと思います。

私の方からは、「多様多彩」をキーワードにして中国をみなさまにご紹介します。

まず、「多様多彩」の根本的な元は国土の広さからなります。

中国は広くて面積というとヨーロッパの総面積と比敵するぐらいと言われています。なので、中国人でも中国の各地域に行ったことがない状況は珍しくありません。留学時代に、日本人の友人と中国旅行の雑談をして私より中国のあちこちに行っているなと感心しました。

中国の地図を全般的に眺めると、鶏の形に似ていると子供の時から教わりました。故郷は以下の中国の地図にある東北地区に属しています。故郷の阜新という町は先ほどの鶏の例えで言うと、首のところにあります。これほどの面積があるため、各省間の移動にはかなり時間がかかります。例えば、故郷から中国の甘粛省の省都蘭州まで、車でおよそ22時間が必要です。電車を利用する場合は少なくとも10時間以上かかります。

 

 

 

そして、ご紹介したいのは中国の多様な地理環境です。全体的に見ていくと、海抜的に中国は三段階に分ける事ができます。西部は高くてチベット高原、黄土高原、青海高原、雲貴高原などがあり、中部に山があって、中部から東部までは低くて平原(東北平原、華北平原)が増えてきています。気候的に西部は日当たりが強く、乾燥している日が多いです。一方、東部は海に接しているので、潤っている天気が多いです。

 

中国土地の様子

物理的な地理状況の多様性と経度、緯度、高度の差が大きいため、それぞれ地域の風土も非常に異なります。例えば、簡単に分類すると、北部は主食が小麦で南部はお米です。東北地域はお米の産地でもあるため、小麦もお米も両方主食になっています。また、旧正月では水餃子を作って新年を迎える地域がほとんどですが、水餃子を作る習慣がなくお団子を作って新年を迎える地域もあります。そして同じ食べ物でも、各地域の人たちは「おいしい」に対する認識も随分異なります。今、SNSで盛り上がっている論争の一つに「あなたにとって、食べるトーファー(豆花)は塩辛い?甘い?」というものがあります。(注:豆花とは、豆乳を凝固剤で固めたもの)塩辛いトーファーがおいしい人たちと、甘いトーファーが王道だと言っている人たちが、永遠にそれについてノリノリで言い争っています。因みに、わたくしは塩辛い派です。甘いものが好きですが、甘いトーファーは受け入れられないです。笑。

 

また、物理的な地理環境に富んだ国だからこそ、各地域別に方言も発達しています。方言の系統を「七大」方言に分ける方もいれば、「八大」方言に分ける方もいます。その中で一番広く話されている北方方言(北京語、東北弁)が標準語に決められているわけです。標準語が決められてから標準語普及政策も共に進められ、今日になって若者たちほとんどが標準語を話せるようになっています。

もう一つ面白い豆知識をお話します。七大方言の中で、古文に近い方言は広東語です。なので、李白、白居易などの詩人は、広東語に近い感じの方言で唐詩を詠んでいました。興味がある方は、ぜひ広東語で唐詩を詠む映像を検索してみてください。

 

中国方言図

今日のブログを通して、中国の多様性について少しイメージをしていただければと思います。しかし、地理環境にもたらされた多様性の元、歴史変遷が頻繁に繰り返す中で唯一変わっていないものがあります。それは漢字です。3500年ほど歴史を持っている漢字はずっと中国と中国人のそばに寄り添い、中国を支えてくれています。現代の中国人でも何百年前の祖先の文章や小説や古詩が読めて、古籍から先人の知恵を得たり、一緒に悲しがったり、感動したりすることができます。なんとロマンチックなことだろうと思っています。

 

以上は、簡単な中国のご紹介でした。また今度お会いしましょう。下次见!

 

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2019年11月11日(月)17:35アントニーナ先生のロシア・ロシア語情報局≪第4回 わたしはこうして日本語を身につけました。≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「私はこうして日本語を身につけました」です。

みなさん、前回は、ロシア語の習得の難しさを話題にしましたが、今回は日本語です。

日本語は特有の言い回し、難易度の高い文法、一つのものに対しての呼称の豊富さから、ヨーロッパ人にとっては習得の難しい言語とみなされています。寒い季節がやってきましたが、例えば、日本語では冬という季節についてはたくさんの呼称があります。陰暦の表現では、「師走、睦月、如月」、そして、二十四節季では、「霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒」と細分化され、その背景には様々な民族文化や郷土文化がありますね。そうです、冬という語句にも様々な語彙に分かれて、一つ一つに全く異なったニュアンスや意味があります。普段、私は自分のことを「わたし」と自称しますが、「俺、僕、」などとは言いません。日本語は、年齢、性別、身分、TPOによって徹底された使い分けがされており、一字でも間違えれば、ひどく笑いの対象になりますよね。私の外国人の友人が航空会社にチケットを予約申し込みした際、「航空券一人前はいくらですか。」と言ったことがあります。航空会社の方はお客様相手なので絶対に笑ったりはしませんでしたが、密かに心の中でクスクス笑っていたに違いありません。

さて、私はこのような難しい言語を話し始めて、15年ほどになりますが、実はどのようにして覚えてきたのかは一言ではまとめきれません。でも、確かに言えることは、「日本で友達、恋人、友人、家族をつくり、日本語を話さなければならない状況に迫られた」ことが一番大きな原動力で、またこれがモチベーションになったことです。でもこれだけでは、会話レベルだけが上達するにすぎませんし、本や新聞も読めず、文章を書くこともできるようにはなりません。

そこで私は、当校の生徒さんのように、書く、読む、聞く、話すの4技法を習得しようと、都内の日本語学校と大学に入学し、毎日勉強をしました。4技法の勉強は徹底的な暗記の繰り返しで、忘れては覚え直すことの反復です。そして勉強して日常で使ってみることにより、また新しい語句や表現が自然と身に入ってくるようになりました。

文法、単語、慣用句、読解は、勿論先生に習って基礎を身につけるのが最速の方法ですが、基礎レベルをクリアしたら、日常で使うことも大切になってきます。基礎レベルに達したら、学校と自宅で勉強しつつ、日常で使い慣れていく習慣を持つことがマスターへの近道です。

これからロシア語を学ぶみなさん、これを一つの方法として語学に励んでください。

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

雪景色

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

2019年11月6日(水)19:03許先生の中国情報局≪第1回 はじめまして!≫

みなさん、初めまして。大家好,我叫许家瑶!(こんにちは。許家瑶と申します!)

欧米・アジア語学センター、中国語講師の許です。

これから、週に一回、中国語また中国の歴史や文化について様々な記事をお送りします。

ご存知のように「地域が変われば、習慣も変わる」(十里不同风,百里不同俗)と言われているほど、中国には各地域の衣食住や飲食習慣が多様なので、中国はどのような国なのか、中国人がどういう特徴を持っているかを簡単にまとめる事はとても難しいです。言葉を例にすれば、中国の方言の一つである広東語と中国語の標準語の差はオランダ語と英語の差のようです。これら多様な中国文化・言語を私個人の視点と角度から発信していきたいと思っております。

私は中国の東北地域と通称されている中の一つである遼寧省の出身です。ふるさとは省都瀋陽の北西にある阜新という小さな町です。

阜新の中心部

阜新の中心部

 

地理上の緯度は北海道の札幌とほぼ同じぐらいで、雪景色がよく見られる地域で年中カラっとして晴天が多く、梅雨がありません。(寒いので、ゴキブリもあまり見た事ないです。笑)中国の東北地域は土地が非常に肥沃であるため、農業が非常に盛んで、農作物に恵まれています。特に、東北米と言われるお米は米の粒が大きくてツヤもあり、美味しいと全国で知られています。それだけに、東北人は米にうるさいというのもよく言われています。町の民族構成は漢民族のほか朝鮮族とモンゴル族も多く、飲食習慣もそれらの習慣がお互いに馴染み合っています。また、宝石の一種である瑪瑙(メノウ)の産地でもあり、メノウで作られているアクセサリーや置物などが有名です。

瑪瑙

瑪瑙

 

もう一つご紹介したいのは海州露天鉱国家鉱山公園です。かつてはアジアで最大の露天鉱山として知られていましたが、石炭が掘り尽くしになるため、近年環境を整備して、跡地に国家鉱山公園が建設されて、市民の憩いの場となりました。そして、今の時代は高速電車が一般的になりましたが、故郷には、まだ蒸気機関車が残っており、毎年鉄道マニアや写真家が集まって最後になるわずかの蒸気機関車の写真が撮られています。

 

蒸気機関車写真の出典は以下の通りです

http://www7b.biglobe.ne.jp/~railbus/0113FuxinA.html

 

さて、最後に自己紹介をさせて頂きます。私は大学の時に、日本語を専攻として学び、日本の文化や日本人に対して興味を持ち、日本についてもっと知りたい・学びたいと思い留学しました。大学院の勉強が終わり、中国に帰って大学の日本語教師として二年間働き、さらに中国と日本の大学の講師交流プログラムを通して京都で中国語教師として二年間経験を積んでいました。中国語を勉強した学生たちが皆勉強に熱心で楽しい二年間を共に過ごせました。

 

中国語は難しい言語で特に発音が難関の一つだと言われていますが、中国語を教えていた経験から見ると、最初から舌の位置などを正しくすることに集中しすぎないように、まず正しい発音を繰り返して聞くことが大事だと思います。聴覚と口の開け方について少しずつ発音の特徴を馴染ませていくと、だんだん上達します。そして、ひたむきに勉強に励むことも重要ですが、中国語の勉強からの楽しみを見つけることが大切だと思います。

語学の学習目的は人とのコミュニケーションにある事が多く、何か楽しみを発見しながら勉強するのがとても大切だといつも思っています。中国語の勉強以外に餃子を作ったり(餃子の皮から作る)、中国のお茶を飲んだり、中国の映画を見たり、中国語の歌も歌ったりして、たくさん体験すると、より中国語の楽しみが増えるのでぜひ当校でも一緒に中国語の勉強や中国の文化を体験できればと思います。

 

以上、私の自己紹介とさせていただき、これから一緒に楽しく中国語を勉強しましょう!

 

 

筆者:許 家瑶先生

筆者:許 家瑶先生

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校で中国語を学んでみませんか??≫

■中国語ページ:http://www.fij.tokyo/course/china.php

■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2019年11月5日(火)19:56アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局≪第3回 ロシア語ってどんな言語?≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

 

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア語ってどんな言語?」です。

 

みなさんご存知の通り、ユーラシア大陸で主に話されている、

ロシア語は、インドヨーロッパ語族、スラヴ語派東スラヴ語群に属する言語で、ヨーロッパの中で最も母語話者が多く、14 カ国以上で話されています。
また、前回のブログでもご紹介しました通り、ロシア語は多様な文化、多民族、深い歴史の背景を持ち合わせる言語でもあります。過去20 年の間、日本と旧ソ連圏の間での、ビジネス、留学、文化交流の機会が大幅に増えてきたことにより、メディアではロシア語に触れる機会が覆うなり、日本はもとより、世界中でロシア語に触れられる機会が増えてきました。

 

昨今は、都内の地下鉄やホテルで、外国人観光客の会話からロシア語がよく聞こえて来る様になりました。

さて、ロシア語の起源は諸説がありますが、現在のウクライナ地域に居住していたスラヴ人が使っていた東スラヴ語から発展したという説が一般的に知られています。13世紀にキエフ大公国が崩壊した後、モンゴル帝国に支配され、その後、モスクワ大公国が成立し、この国の公用語がロシア語として命名され、独自に受け継がれていかれたものとして知られています。

その後、ロシア語がユーラシア大陸の至る地域で話されるようになった一方で、ロシア語が公用語として認められたのは実は最近のことで、ソ連邦が崩壊した直後にロシア連邦がロシア語を公用語として制定したのが初めてです。

 

ユーラシア大陸の各国は、多民族国家である為、1つの言語を公用語に制定することは非常に困難であり、ソ連邦にも公用語は一切存在せず、ロシア語は各国間の「共通言語」の位置づけであっただけなのです。

ところで、広大なユーラシア大陸で話されるロシア語ですが、各地域、各国でそれぞれの独特な方言、国訛りがあり、ロシア語は、日本語のような標準語が存在しません。英語もイングランドが発祥の言語ですが、標準語は存在しないはずですよね。アメリカ人とイギリス人がお互いの英語の国訛りをからかっていることを巷で見受けることがありますが、どちらの英語も標準語ではありません。

ある特定の国のみで話される言語には標準語は存在し、多国間で話されている言語はそれぞれの地で独自に発展するものなのでしょうか。私もロシア語の会話を聞けば、概ねはその方の出身地はわかります。

さて、ロシア語は、ヨーロッパ言語で2番目に習得が難しい言語であると言われています。1番目はギリシャ語で、いずれもキリル文字です。

 

ロシア語は33文字のアルファベットから成っていて、キリル文字(サイリリック)と呼ばれています。表現や言い回しの多様性、ロシア語独特の文法に加え、一つ一つの単語がとても長いのが特徴です。見たことありますよね、Rが左右逆に成った文字など。

しかし、ロシア語を学んでいる、またはこれから学ぶ皆さん、習得が難しい言語と言っても、心配する必要はありません。外国語の学習は全てが「暗記」により覚え、話して聞くことによって「慣れる」ことで、高度なレベルまではマスターができるはずです。

ロシア語を軸に、様々な発見をしながら楽しんで継続することが大切です。

 

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

ロシア語

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2019年11月2日(土)17:53外国語学習で認知症予防!

カフェや電車などで年配の方が数独や何プレなどの脳トレ本を読んでいる姿を

よく見かけます。最近記憶力に不安が・・・・、などと不安に思われている方も多いでしょう。

30歳台も残り1ヶ月を切った、真のアラフォーである私スタッフも最近ちょっと自分の記憶力を信じられないケースも増えてきました。

個人的に思うところがあり、認知症予防に関して、色々と勉強してみました。結果

『外国語学習ほど認知症予防に適しているものはない!』

という結果に辿りつきました。

 

認知症予防で大切な事は以下の事がとくに大切だと言われています。

1、コミュニケーション

2、社会性

3、デュアルタスク(複数の作業を同時に行う事)

4、芸術的活動

5、脳の可塑性

 

外国語学習は、以上の大切な点をすべて満たす力があると思います。

まず、1の「コミュニケーション」これは言うまでもないでしょう。外国語はコミュニケーションを取るためのツールであり、また、語学講師とのレッスン=やり取りはコミュニケーション以外の何ものでもありません。

 

2の「社会性」に関しては、語学学校に通うことを前提とした話しです。毎週決まった曜日・時間に語学学校に通いスタッフや仲間、先生たちと会うことは社会的生活の一部になります。

 

3の「デュアルタスク」に関しては、外国語習得の一番難しい部分が効果を発揮します。文法=公式を覚え、それにコツコツ暗記したイディオムたちをはめていく。これはパズルのような作業です。これをノートの上でする事も難しいですが、コミュニケーションの中でこなすのは更に脳を使う作業です。ましてや名詞の性があったり活用の複雑な言語になると、脳は悲鳴を上げるでしょう。(良い意味で)更に、歩きながら外国語を発すると身体的な活動もプラスされ、更なるデュアルタスクとなります。

※ウォーキングも認知症予防に非常に効果的とされています。その際、ただ歩くだけではなく「息が切れるくらいのスピード」、「少し難しい計算をしながら歩く」等が大切とされており、外国語発話と絡めたウォーキングは最大の効果を発揮すると思われます!

 

4の芸術的活動に関して。外国語学習が芸術的?そう。外国語学習の中にも芸術=音楽に該当する要素があると考えています。特に中国語や東南アジアの言語のように「声調」がある言語は、音階をしっかり把握して発音する事が重要になっているため、音楽的感覚と近い要素があるな、と日々思っています。また、自分の好きな言語の響きがたまらない!という方も多く、音楽的趣向に似た動機から外国語を学んでいる方もいらっしゃる事からも、芸術的活動に当るのではないかと考えています。

 

5、最後は脳の機能的な話しですが、脳は退化したらそのままではありません。可塑性と言って、環境や自分の脳の使い方によって、閉じられていた回路が通じる事があり、努力次第で何歳になっても脳の機能は向上させる事ができる、という事です。普段日本語を話す私達にとって、外国語を話そうと努力する事は未知の回路を開拓する事です。文法・発音、どれをとっても始めての経験になります。未知の言語を学ぶ事によって、私達が幼い頃、一生懸命日本語能力を取得した時に脳が飛躍的に成長したように、今度は別の言語で別の回路を開拓する事ができるのではないでしょうか?そういう意味では、英語ではなく触れた事がない言語の方が脳には良い刺激になるかもしれませんね。

 

最後に、何よりも語学は勉強する楽しさ、外国の人たちと関われる喜びが味わえるものです。4で挙げた芸術的活動が重要視されているのは、この「楽しさ・喜び」が大きく関わっている事もあると思います。語学を学習する事で目標ができ、少しでも上手になりたいと思うことで日常生活が楽しくなり、張りが出ます。張りが出る事で、マインドが前向きになり、毎日の生活が楽しくなれば、認知症も少し遠ざかるのではないでしょうか?認知症は寂しい人がなるとも言われています。(100%は賛同はできない言葉ですが。)

将来、健康な頭で元気でいたいという方、是非未知の外国語に挑戦してみませんか!?

 

6200f358a900bed0d181da151699eea0_s

 

 

 

 

 

 

 

欧米アジア語学センターで外国語を学んでみませんか?

電話: 03-5840-7434

メール: gogaku@fij.tokyo

web: http://www.fij.tokyo/

お問い合わせ:資料請求: http://www.fij.tokyo/contact/

体験レッスン:http://www.fij.tokyo/free_trial/

 

 

 

 

 

 

2019年11月1日(金)17:29≪世界の人に道案内企画第二段≫【韓国語】!

オリンピックまでに世界中の人に道案内をできるようにする企画第二段が進行中です。今回の言語は「韓国語」。 当校広報部・小島よしおさんは果たして、韓国語で道案内ができるようになったのか??結果が分かり次第、動画配信で報告します!

 

 

欧米アジア語学センター
03-5840-7434
gogaku@fij.tokyo
web:http://www.fij.tokyo/index.html

2019年10月28日(月)17:58アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局≪第2回 ロシア語圏はこんなところ!≫

皆さん、こんにちは。Здравствуйте! (ズドラーストヴィチェ! )

 

欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

今日のトピックスは、「ロシア語圏はこんなところ!」です。

 

私は、当時はソ連邦を成すウクライナの首都キエフで生まれ育ちましたので、ロシア語圏、とりわけウクライナとロシアについて織り交ぜてのお話をします。

 

ロシア語圏は、世界最大の大陸、ユーラシアに位置し、東ヨーロッパやアジア諸国と接しながら、太平洋から北極海までへも面しているため、多民族、多文化を持ち合わせています。

ロシア語圏の国や人々については何事も一括りにまとめて語ることはできず、そこには多様な思想、価値観、宗教観が根付いています。ですので、ロシア語圏全ての人々がロシア語を母国語とし、スラブ料理を食し、東方キリスト正教会に属しているとは言い切れません。

ロシア語圏や旧ソ連圏でも、例えば中央アジア地域では、ウズベク語、カザフ語、キルギス語、トルクメン語を第一母国語として郷土文化と共に生活している人々も大勢います。

また、ユーラシアは広大ですので、同じロシア語でも地域によってはとても強い方言があります。

ウクライナとロシアでは、人口の90%以上、国の資産の90% 以上が大都市に集中しているため、教育、経済、政治、文化は大都市を中心に成長している、つまり中央集権的な国です。

最近、キエフ、モスクワ、サンンクトペテルブルグに限っては、一極集中型の過密人口が問題視されてきています。何か日本にも似ていますね。

 

さて、日本人、とりわけご年配の方々はロシア語圏(旧ソ連諸国)に対しては冷戦時代のネガティブなイメージをまだどこかに持たれているかも知れません。

一方、ロシア語圏(旧ソ連諸国)の対日感情は、これはまたとても良好であり、何か片想いをしているようにも伺えます。特にウクライナでは、日本のODA(政府開発援助) による様々な公共施設、インフラ、チェルノブイリ基金、医療の無償資金協力を受けていることを国民が知っており、日本・ウクライナ両国の社会・経済・文化面における交流、人的交流が近年促進しています。

また、日本のポップカルチャーや日本製製品の流入により、若年層の間には、日本のモノやコトに対するポジティブなイメージが完全に出来上がっています。

前回のブログでも少し触れましたが、私がキエフで学生だった頃は、まだ日本は本当に遠い存在で、どのような国か想像もつかなかったものの、現在は様々な情報を得られるようになりましたが、日本とロシア語圏諸国は、まだ心理的にも地理的にも遠い国ですので、お互いの深い真の理解までに達するにはまだ時間がかかると思います。

 

みなさんがご存知の通り、ロシア語圏は、冬はどの地域も厳しい寒さです。

私の出身地キエフは、マイナス25度ほどにまで下がります。

夏の気温は30度以上にもなるとこともあり暑いのですが、乾燥しているため、心地の良い暑さです。

また、秋の期間が非常に短く、極端に言うと、「夏が終わったら冬が突然やってくる」と言った感じでしょうか。ですので「秋」はとても貴重な季節であり、「秋」をテーマにした民謡、歌、詩などが多くあります。

 

ロシア語圏諸国は近くて遠い国々ですが、なんとなく見えてきましたでしょうか?

 

次回のブログからはもっと掘り下げて絞ったテーマでお届けします。

それでは、次回まで。До свидания! (ダスビダーニャ! それでは、また!)

 

 

秋のキエフ中心 雪がうっすらと積もり始めました。

秋のキエフ中心 雪がうっすらと積もり始めました。

 

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019年10月24日(木)18:06【新加入 許家瑶先生】

新しい先生が加わりました!
皆様にご紹介させていただきたいと思います。許家瑶(XU JIAYAO)先生です。中国遼寧省出身で、中国語講師である「国際漢語教師資格」をはじめ、中国語標準語資格1級など、様々な資格を持っているだけではなく、京都平安女学院大学中国語講師を始め、講師経験も豊富です。言語学を専門としているだけあり、面接を通して、語学教育に考察と自信を持っていると感じました。また、とてもソフトで話しやすい講師でもあります。今後、当校での活躍がとても楽しみです!

 

 

170723_2205_001 (004)

 

 

【お問い合わせはこちらまで!】
お問い合わせ:http://www.fij.tokyo/contact/
体験レッスン:http://www.fij.tokyo/free_trial/
ホームページ:http://www.fij.tokyo/
お電話:03-5840-7434
メール:gogaku@fij.tokyo

2019年10月21日(月)18:06アントニーナ先生のロシア・ウクライナ情報局≪皆さん、はじめまして。Приятно познакомиться! ≫

皆さん、はじめまして。Приятно познакомиться! (プリャートナ パズナコーミルスィャ!)
欧米・アジア語学センター、ロシア語講師のアントニーナです。

これから、週に一回、ロシア語圏についての様々な記事をお送りし、ロシア語をはじめ、ロシア語圏の民族、習慣、歴史、文化、経済など、さまざまなトピックスを発信していきます。読者の皆さんには、近くて遠いロシア語圏について、いろいろな発見をしていただければと思っております。

 私は、ウクライナの首都キエフで生まれ育ちました。当時はソ連邦を成す一国でした。私と私の家族と親戚は全員ウクライナ国籍なのですが、ウクライナ人の多くがそうであるように、ヨーロッパ大陸の歴史の中で、ポーランド、ロシア、ウクライナ…など、私の先祖は様々な国と地域にまたがったルーツを持っていますので、多民族の文化をも持ち合わせています。そう、私の出生地であるウクライナは、日本の皆さんが中学生の時に学んだ「ヨーロッパの穀倉」であり、土地が非常に肥沃であるため農業が非常に盛んで、農作物に恵まれています。ウクライナの国旗をご覧いただければ、その景色を思い浮かべられますよ。

 

青色は空を、黄色は小麦を象徴し、実り豊かな農業を表わしている。

青色は空を、黄色は小麦を象徴し、実り豊かな農業を表わしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ソ連時代から工業製品の多くはウクライナで製造されていたことから、「東欧の工場」とも呼ばれており、今でも東欧の重工業製品の産業の中枢を成しています。ウクライナ、とりわけキエフは、中世からの建築物が佇むとても美しい都市で、また緑が濃く自然に恵まれた首都です。ウクライナについてのトピックスは、今度改めて発信します。

さて、私がキエフで学生だった頃は、まだ日本は本当に遠い存在で、どのような国か想像もつかなく、マルコ・ポーロの中の世界の感覚でした。特にソ連時代は、日本の情報はあまり入ってきませんでしたので、まさか自分が未知の日本に住むことは想像もしていませんでした。キエフ国立大学卒業後は、法律事務所での勤務を経て、現地の語学学校でロシア語、ウクライナ語の教授法を学び、以来様々な生徒さんへ語学を教えてきました。その時からの経験を活かし、今、日本でロシア語の講師をしています。

ロシア語を学ばれる皆さんは、ビジネマンから学生さん、主婦の方まで、目的や目標は様々ですが、やはり日本の生徒さんは、とても真面目に前向きに学んでくださるので、着実に身につけていかれる方がほとんどです。

 ロシア語は、ヨーロッパで2番目に習得が難しい言語であるため、ひたむきな勉強はもちろん最重要となってくるのですが、難しいからこそ「楽しく勉強する」ことも目標達成のカギであることを、当校の生徒さんに気づかされています。ですので、楽しく、興味を引き出すような話題とともに、目標目的に沿ったレッスンをすることを心がけています。

 以上、私の自己紹介とさせていただき、当校のロシア語レッスンと今後のブログ配信お楽しみしてください。

 

筆者:荻野アントニーナ

筆者:荻野アントニーナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でロシア語を学んでみませんか??≫
■ロシア語ページ:http://www.fij.tokyo/course/russia.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019年10月17日(木)18:37広報担当<小島よしお>副校長 企画第一弾 英語で道案内をするぞ!

こんにちは。

先日芸人<小島よしお>さんが当校の広報担当に就任した事をお知らせしましたが、

今日は広報担当としての、ミッションを発表します!!!

 

ミッション 「来年のオリンピックまで世界中すべての人に道案内をできるようになるぞ!!!」

 

今回第一弾は、「英語」でのチャレンジです。

まずは、当校の講師とレッスンをしてからの挑戦です!

場所は都内某所、よしおさんの稽古場にて、

欧米アジア語学センターの語学レッスンなら、生徒さんの希望の場所どこでもレッスンをする事が可能です!

講師は英語講師のエース、オマホニー・グレッグ先生が担当しました。

幼稚園のキッズから、ビジネス、大学での講義まで幅広い経験を持った講師です。

元々英語が得意ですが、英語を道案内する上で役立つフレーズをレクチャー

 

 

☆困っている人を見つけたら?

Are you OK?

☆う~ん。早くて聞き取れない!

Could you say that slowly please.

☆わからない単語が出てきた。違う方法で言って!

I couldn’t understand some of your words.Please could you say that different way?

☆○○線に乗る

take ○○line

☆○○線に乗り換える

change to ○○line

☆歩いて

on foot

☆右(左)に曲がる

turn to right(left)

☆○○があります。(見つけられます。)

You will find ○○

 

など、体当たりで30分ほど道案内の練習をした後、グレッグ先生相手に実践でチャレンジ!!

たった30分の練習でしっかり道案内をできるようになりました!!

チャレンジの結果はこちら!

 

 

 

 

 

いかがですか?ほんの30分の練習です!

コツは

・上の表現のように最低限の表現をしっかり把握しておくこと。

・わからない時に聞き返す手段を持っておくこと。

・文法が正確か?などこだわりすぎず、失敗を恐れず伝えること。

・笑顔で親切な心で(よしおさんの説明で 中央線=orange line 総武線=yellow line はvery good!!!)

 

これって、簡単そうに見えてとても難しい事です。

でも、前もって練習しておけば自信を持って相手に伝える事ができます。

これでミッションである「世界中すべての人への道案内」の21%をクリアしました!(世界73億人中、15億人が英語話者だそうです。)

次は韓国語にチャレンジする予定です!

皆様お楽しみに。

 

 

 

世界40ヶ国語以上のプライベートレッスン

欧米アジア語学センター

電話:03-5840-7434

メール:gogaku@fij.tokyo

web:http://www.fij.tokyo/index.html