ホーム > スタッフブログ

募集要項

2016年9月9日(金)12:02第一回 Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局≪自己紹介≫

 

初めまして、こんにちは。Guten Tag!
ドイツ語講師のEriです。
今日からドイツ、ドイツ語関連のブログを更新していきますので、何卒、宜しくお願い致します。
今回は自己紹介の回という事で、私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

■名前: Eri

■ドイツ歴: 南ドイツのフライブルクに12年

 

■経歴:

中学卒業後、単独でドイツに渡り、2014年の9月ドイツ国立大学の独科とヨーロッパ民俗学科を卒業致しました。滞在していた期間は12年間です。
18歳の時にスペイン語を習得するため、スペインのレオンに留学し、そのままフライブルク大学でも第1外国語でスペイン語、第2でポルトガル語を続けていました。

 

■好きな言語=得意な言語: ドイツ語 > スペイン語 > ポルトガル語です。

ドイツの大学でドイツ語言語学を鍛えられたので、ドイツ語の構成、細かいニュアンスの違い、また日本人がドイツ語を学ぶ上でのコツを教えられます。
現在指導中の生徒さん達はドイツ留学、大学院試や独検というそれぞれの目標にそった授業を行っています。
例(会話中心、文法中心、混ぜた授業。など。)

 

■ドイツで経験したバイト: 大学時代初期はお寿司屋さんでウエイトレスとして働いていました。

こちらのお店は日本人の方々が従業員だったため、カルチャーショックなどなくスムーズに働け心優しい方々に巡り会えました。
そこから、周りがアジア人誰1人いないメキシカンレストランに移り、慣れるのに苦労しました。ドイツ人だけではなく、他の外国の方々も働いていらっしゃたので、
これは失礼に値する事なんだとか、こういう時にひるんではいけないんだとか、かなりこのお店で根性をつけられました。笑
熱々の料理(ファヒータ)が乗ったフライパンを3枚同時に持ち運び、一分一秒単位で売上げを追求し、客席から戻ってくる時は絶対に何かを持って来る。
お会計は机で済ますので、暗算を早く出来なければいけない、常連客をつける、など本当にここで学んだ事が今でも生きています。
因みに、食べ逃げをしようとしたお客様を外まで追いかけて行ってレシートを見せて払いなさいと突き詰めた事もあります。笑
その時は流石にオーナーが追いかけて来て下さって、助け船を出して下さいました。

後は、毎年フライブルク大学で翻訳そして通訳、日本人大学生のサポートをするチューターとして6年間働かせて頂きました。
ここで出会った学生の方々とも今でも仲良くさせて頂き本当に感謝しております。

■趣味: 読書、旅(特に一人旅)、ボーリング、ダンス、仕事。

 

■好きな有名人

・金田一春彦(日本の国語学者、国語辞典で有名。)
・Norbert Elias (社会学者、彼の作品:文明化の過程の大ファンです。)
・Bertholt Brecht(ドイツの有名劇作家)
・関口存男(ドイツ語学者:彼が説いた接続法一式、二式はドイツに逆輸入されるほど。)
・Helmut Schmidt (ドイツの政治家:社会民主党所属( SPD) 去年2015年11月に死去)
・安藤 忠雄(有名建築家)

■尊敬する人

・アリストテレス(古代ギリシアの哲学者)

 

以上、自己紹介でした。

次回は私から見たドイツという国をお話したいと思います。

 

 IMG_2896
 ■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年9月5日(月)20:39【おすすめテキストのご紹介】

今日は当校のタイ語講師「上原みどりこ先生」が著作したテキストをご紹介させていただきます。
まずは、「キクタン 入門編」
聞いて覚えるタイ語単語帳です。
どの言語でも聞ける単語帳は存在していて、それぞれ重要かと思いますがタイ語は特に重要な言語かもしれません。
なぜならば、タイ語には「※声調」があること!!
※音の高低により意味が区別されるもの。同じ「ア」でも音程によって意味が変わります。

タイ語の他にも中国語・広東語・ベトナム語など声調のある言語はありますが、こららの言語は単語+声調セットで覚える事が必須!
せっかく単語を覚えても、声調が出来ていないと通じにくいのです・・・。上原先生の作った「キクタン」は聞きながら覚えられる上にテキストでも声調が分かりやすく表示されています。
是非オススメです!

もう一冊。
「中上級者のためのシャドーイングでタイ語」
これは、タイ語経験者にはありがたいテキスト。
タイ語以外でもそうなのですが、中級者以上の方はテキスト選びが非常に困難・・・。興味のある分野で新聞や雑誌の記事を使う事が多いのですが、このように素晴らしいテキストがあると心強いですね。内容は通常同時通訳のトレーニングに用いられている「シャドーイング」を応用したものです。タイ語独特の発音やスピード感についていきたいと、という方にぴったりです。

以上2冊をご紹介させていただきました。
是非、ご参考にしていただければ幸いです。

【著者:上原みどりこ先生】
東京外国語大学卒業後、タイ語講師・翻訳・通訳・語学書著作などタイ語のプロフェッショナルとして活躍。日本人講師ならではの論理的でわかりやすいレッスンで、特に海外赴任前語学レッスンで活躍中です。

■キクタン
www.amazon.co.jp/dp/4757424957

■中上級者のためのシャドーイングでタイ語
http://neostep.shop-pro.jp/?pid=85664704

2016年9月2日(金)21:07【ドイツ語 コラム連載開始のお知らせ】

皆様こんにちは。

ここ数ヶ月お休みしていたコラムの連載を来週から再開いたします。今回のピックアップ言語は「ドイツ語」!!
前回はダビッド先生で好評を頂きましたが、今回は日本人講師のエリ先生が担当します。
ダビッド先生のコラムはドイツ人目線のドイツ・ドイツ語でしたが、今回は日本人目線のドイツ・ドイツ語です。
今回も非常に充実したコラムになると思います。
是非お楽しみに! 以下エリ先生のご紹介を簡単に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中学卒業後渡独。ドイツ・フライブルク大学でドイツ語言語学部を卒業して、現在日本で講師・通訳者・翻訳者として活躍しています。

スタッフが思うエリ先生の長点を一言で。
「必ず目標達成に導いてくれる」
先生です。
担当している生徒さんの検定通過率は100%。これは驚異的な数字です。教え方がいいという事はもちろんですが、生徒さんに「本当の事が言える」事が大きいとスタッフは考えています。語学で結果を出すには「マジック」は存在しません。あくまで皆様の努力が必要なわけですが、どんな努力がどれくらい必要で、それが「出来ているのか、いないのか?」
それをしっかりお伝えできるという事は本当に難しい事です。
何故難しいか?少し気が強ければ言える事では?
確かに事実を告げる事は誰にでも出来ます。
でも、語学学習をするのは生徒さんです。生徒さんのモチベーションを落としたら、いくら有益なアドバイスを出来ても意味がないのです。
では、どうしたら生徒さんのモチベーションを落とさず、本当の事、時には厳しい事が言えるのか?
必要な事は一つ。普段から先生が生徒様に信頼されている事です。
ニーズを深く聞き出し、理解し、フィードバックし、励まし、一緒に笑ってレッスンを進めて先生は生徒さんから信頼を得ていきます。そんなレッスンの積み重ねが土台となり、やっと「本当の事」が言えるのだと思います。

そんなエリ先生、これまでの話しを聞くと何だか、ハードル高い、堅い先生なのかな??と思われるかもしれません。
それが、案外天然な面も・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来週からのコラム是非お楽しみに!!

IMG_2896

2016年8月27日(土)12:52【カタカナなしで頑張ってみよう!】

皆様こんにちは。

突然ですが、質問です。
皆様の使っているテキストに「カタカナ表記」はありますでしょうか?英語に関しては、表記のないものが多いと思いますが、ローマ字を使用しない言語、中国語やロシア語、タイ語、アラビア語などはカナ表記のものが多いのではないでしょうか?
独学をする時にカナ表記があると安心しますね。馴染のない文字を一生懸命目で追って、たどたどしく音読するのはストレスになります。

でもでも・・・。
この記事をご覧になった皆様には、カナ表記に頼らない語学学習を是非身につけて欲しいのです!!

なぜか?

それは、多くの外国語の文字と日本語のカナのシステムがまったく違うために、カナで外国語を表記すると発音の再現性が著しく落ちるからです。
例えば、ローマ字は「単音文字」と呼ばれ、一つの文字で子音も母音も表す事ができますが、逆にひらがな・カタカナは「音節文字」といい母音と子音が組み合わさっていて、発音するとほぼ母音で終わります。これが何を意味するか。
馴染み深い英語で例を取ると、book,web,breadなどローマ字であれば、子音で完結しますが、カナ表記で読むと、「ブック(ウ)」「ウェブ(ウ)」「ブレッド(オ)」のように音節文字であるがために母音で終えなければいけなくなります。
下記簡単な挨拶をカタカナで読んでみると、その違和感がわかると思います。

グッド(オ) モーニング(ウ) Good morning
ハウ アー ユー ドゥーイング(ウ)?How are you doing?
そのまま読むとやっぱり間延びした感じがしますよね・・・。
下手したら通じません。

上記は一番大きな例ですが、カナと外国語で用いられる文字の互換性はありません。あくまでも一番近い聞こえ方にカナを用いているだけであり、運用者によってカナふりの定義も変わってしまう危うさもあります。

せっかく外国語を学習するのですから、日本語のカナに基づいた発音ではなく、その国の文字に従った本当の発音を手に入れたいものですよね。
辛いのは最初だけです!!
その言語が持つ文字ルールを理解して、それに従った学習を進めていただけると、初心者の段階を抜けた後見える景色が違ってくるはずです。

2016年8月6日(土)16:55【Rio Olympic開幕】

なんだかんだ、ネガティブな話しが多かったオリンピックが開幕しましたね。治安、ジカ熱、テロなど僕も不安が多く、正直今回は盛り上がりに欠けるかな?と思っていたのですが、今朝の開会式を見たら・・・。

やっぱオリンピックはいい!!!

特別なものですね。セレモニーはすごくなかったですか??
個人的には今までのオリンピックでベストだったような気がします。閉会式まで大きな事故なく素晴らしい大会になる事を願っています。

https://www.facebook.com/olympics/home

2016年8月4日(木)20:13【勉強は机で!〜頑張れ清武弘嗣〜】

先日TVを見ていて思わず突っ込まずにいられない光景を見ました。スペインリーグに挑戦の清武弘嗣選手、スペイン語の習得も頑張っているようです。がしかし・・・

勉強は机でしよう!!!
ベットでしちゃダメ・・。
既に半分は夢の中って目をしています。

無数のライバルに打ち勝たなくてはいけない中で、更に語学もやらなきゃならないなんて、本当に過酷だし尊敬します。
だから頑張ってほしい!スポーツはコミュニケーションが本当に大切で、スペイン語が上達したらきっとサッカーでも結果が出ると思います。清武選手がこれを見ていたらskypeでも当校の素晴らしい講師を紹介したいです。

IMG_1558

2016年7月19日(火)17:07【テキスト紹介】

本日は当校のインドネシア語講師である深尾康夫先生が【ビジネス/生活で使える インドネシア語ダイアローグ】を出版しましたので、お知らせさせて頂きます。

深尾先生は2年前、当校監修でDHC様より出版された【通信講座 仕事で使えるインドネシア語】を著作いただきましたが、今回は当校は関わりなく三修社より出版されております。
深尾先生はビジネス関連のインドネシア語レッスンに多く携わっておられ、海外でビジネスをする中でどんな表現が必須なのか?また、どんなシチュエーションに備える必要があるのか?を熟知しています。そんな深尾先生が作ったこのテキスト、ご赴任前の方は是非お役立てください。もちろん、欧米アジア語学センターにいらっしゃって、このテキストを使って深尾先生のプライベートレッスンを受ける!というのがベストの道です。

www.amazon.co.jp/dp/4384046847

2016年5月17日(火)16:44【ベトナム語 通信講座】

本日は当校、欧米アジア語学センター監修で、当校講師「寺田 雄介」先生が執筆した通信講座用テキストをご紹介させて頂きます。

今回もDHC様よりお声がけ頂き出版にご協力させていただきました。インドネシア語・スペイン語・ポルトガル語に続き4言語目になります。


テキストは「海外赴任者」向けに作られており、赴任者が遭遇する様々な場面の会話から、必要最低限の文法事項を学ぶ仕組みになっています。
ポイントは、学習項目を「必要最小限」に絞り込んで忙しいビジネスマンの方々を挫折させないように作られている事です。
スキットの文量は多くなく、学習ペースも一日で覚える表現を数個程度に抑えて、それを3ヶ月間継続していただく作りです。
一日の学習量としては30分もかかりませんが、3ヶ月続ける事で「塵も積もれば山となる」内容に仕上がっています。
また、ご赴任者様には嬉しいベトナムの文化的な事や豆知識などもコラムに盛り込まれているので、現地での生活にも役立てていただく事ができます。

内容は必要最低限の要素を短期間に効率的に行う事を主眼として
作られておりますので、「もっと深く学習したい!!」という方は是非当校に通ってくださいね。執筆者の寺田先生が担当させていただく事も可能です!

fij@fi.jpn.ac_20160517_164133

2016年4月28日(木)19:49【東京ジャーミィバザー2016】

こんにちは。明日からGWのはじまりです!
予定は決まりましたか?
決まっていないけど、何かしたいと考えている方にオススメのイベントがあります。
東京代々木に日本最大のモスク「東京ジャーミィ」があるのですが、そこでバザーを開催しているそうです。バザーでの利益の一部は熊本地震に寄付していただけるという事ですので、参加する事で、熊本の復興に寄与する事もできます。

イベントではイスラム教を紹介するセミナーやアラビア書道、オヤ(トルコ刺繍)を体験できたり、トルコアイスなど定番のグルメなどを楽しむ事ができます!是非興味のある方は参加してみてください。

当校の爽やか講師も参加しています。(ラフマン先生・アタライ先生)、トルコ語の生徒さんは会いに行ってたければ先生方も喜ぶと思います!!!

https://www.facebook.com/tmn4bazaar/

2016年4月27日(水)15:49おすすめ教材【TED】

ビジネスレッスンなど、中級者以上の英語レッスンではよく教材に【TED】を使います。今日は特に面白いと思ったものを見つけたのでシェアします。是非ご覧ください。

建築家が幼稚園建設から建築の無限の可能性を語っていますが、感動すらしました。語り手の手塚貴晴さんのプレゼンは笑い、説得力、感動どれをとっても素晴らしいです。英語でプレゼンする予定のある方は必見!

http://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20160115-00002232-ted