ホーム > スタッフブログ

募集要項

2017年6月28日(水)18:12Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【検定必須!慣用句の覚え方】

皆様、如何お過ごしでしょうか?

6月25日日曜日はドイツ語検定が開催されましたね。

受験された方、出来はどうでしたか??

試験に向けて暗記しなければいけない事が沢山あて皆さん苦労されたかと思います。

今回はそんな方々のお手伝いが少し出来ると思います。

6月に開催されるドイツ語検定は5級から2級まで、12月のドイツ語検定は5級から1級まで受けられます。

 

今回は準一級、もしくは一級受験者に必須の慣用句の覚え方を少し伝授していきます!

 

慣用句は食物、動物、植物をテーマとしたものなど色々とありますが、なぜ、「酔っ払っている」に猿が使われ、「頭がいかれている」に鳥が使われるのか頑張って暗記する間に様々な疑問を抱かれると思います。

実は、というか勿論!一つ一つの慣用句には歴史的背景が隠されてるんですね!

いくつかの慣用句は言語学的にもまだ解明されていませんが、この歴史的背景が分かると印象付けられて面白く覚えられると思います。

今日は数ある慣用句のうちの5つをご紹介いたします。

 

 

1.(ごちゃごちゃになっている)wie Kraut und Rueben durcheinander liegen(直訳:キャベツと人参がちらかって横たわっている。)

 

キャベツと人参は頻繁に一緒に栽培されていて、スープに入れられていたことからKraut und Ruebenがここで用いられています。

 

 

2.(いやなことをやむなくする)in den sauren Apfel beissen (直訳:酸っぱいりんごにかぶりつく)

 

この言い回しはマーテイン・ルーターで初めて発見されましたが、何にも食べ物がないときに、酸っぱいリンゴを食べなければならないという概念から生まれたと言われています。

 

3.(最初と最後、肝心かなめ、終始一貫)das A und O sein (直訳:AとOである。)

 

なんでA und Z Seinじゃないの?と生徒様たちによく聞かれますが、これはギリシャ語の始めと終わりのアルファベットなんです!

 

4.(女房の尻に敷かれている)unter dem Pantoffel stehen (直訳:スリッパの下に立っている。)

 

スリッパは昔女性だけが履いていました。女性たちがスリッパで男性を殴る、脅すことが出来ることからこの様な言い回しがあると言われています。

 

5.(巧みに話を聞き出す)jm die Wuermer aus der Nase ziehen(直訳:寄生虫を鼻から引き出す。)

 

中世時代、沢山の人々が自分の頭の中にいる寄生虫が病気の原因だと思っていました。

医者を名乗った詐欺師が年の市の偽儀式で病気の市民に対してこの行為をおこなってお金を稼いでいた事からこの言い回しが出てきたと言われています。

 如何でしょうか?まだまだ慣用句たくさんあります。

言語はその国の歴史文化から本当にうまれているなあって感じですよね。

 また再来週もお会い出来ることを楽しみにしております!

 

 

IMG_2896

 ■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

2017年6月9日(金)15:06「What do you drink? Bourbon?」

本日は英語の時制の面白さに関して少々。

現在読んでいる「心にとどく英語 マークピーターセン著(岩波書店)」に面白い記述がありましたので紹介します。

「What do you drink? Bourbon?」

皆さん。これをどのように翻訳しますか?
そりゃ、「何飲む?バーボン?」でしょ。普通のことです。
でも、本日は時制の面白さに関して、お話しすると宣言しました。答えは単純ではありません。
上の例文は実は、非常に有名な「卒業」という映画のワンシーンを例にとったものなのですが、ミセス・ロビンソンという中年女性が優等生ベンという青年を誘惑するシーンにてミセスから発された言葉です。
(ミセスはベンの両親の親友。彼にとっては昔からのおばさん・・・。)
あるパーティの帰り、ミセスはベンに自宅まで送ってもらうのですが、その際「一人で部屋に入るのが怖い」などと理由をつけて結局、彼をホームバーに連れて行き、例の言葉を発するのです。

「What do you drink? Bourbon?」

どうでしょう?事の背景がわかって、翻訳が変わりましたか?
やっぱり「何飲む?バーボン?」しか思い浮かばない!でも、それでは
「What will you have? Bourbon?」などの方が自然なのではないでしょうか?

では正解を。これは時制が「単純現在」であり、「習慣的行動」を表すため
「いつも何飲んでるの?」
になるのです。しかも、この言葉は次のような行間を含んでいます。「あなたはもう子供じゃないんだから、当然自分の決まった飲み物があるんでしょう?」
う~ん。中学校一年で習うだろう、単純な文章がこんな奥行きをもっているとは!
英語の時制って深いですね。こういう行間にものを含ませた表現が出来るようなりたいものですね。

2017年6月6日(火)19:36【ご存知ですか?海外子女教育振興財団(JOES)】

今日は海外で生活する事になるご家族、特にお子様をサポートする団体をご紹介します。

海外へのご赴任が決まった方の間では、ご存知の方が多いかと思いますが、ここでは、日本のテキストの無料配布から、出国前・滞在中・帰国後のすべての段階での特にお子様の教育に関して決め細やかにサポートしています。
何かと心配事の多いご赴任者ご家族には力強いパートナーとなってくれるでしょう!

下記、webサイトをご覧頂ければ色々な情報を見る事ができますが、更に色々な情報を知りたい方は、彼らが月間で発行している「海外子女教育」という雑誌を読むとよいでしょう。活きた現地学校情報が溢れており、私のような海外赴任には縁がない人間にも、著名人が執筆したコラムは読み応えがありますし、帰国子女の海外での奮闘記などは涙を誘うものがあります。「読み物」として普通に面白いです。
海外赴任があるかも??という方は是非事前に手に入れて読んでおくと良いかもしれませんね。

■webサイト
http://www.joes.or.jp/

■機関紙「海外子女教育」
http://juko.joes.or.jp/shop/g/g1100100/

2017年6月2日(金)18:57Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツのビール】

Wir haben wieder Sommer!!!

また夏がやって来ましたね‼︎

このぐらいの温度で止まって頂ければ過ごしやすいのですが、まだまだ暑くなるでしょうね。笑

 

夏と言えばビールの季節ですが皆様はどんなビールがお好きですか?

 ドイツと言えばビールですが美味しいだけではなく色々な種類のビールが飲めるのもドイツビールの特徴です。

例えば、車で街に繰り出して来た友達はコーラビールやバナナヴァイツェンを一杯だけ飲んでいました。(車で帰宅するからです。)

これはその名の通りコーラ半分、バナナジュース半分で割ったビールです。笑

 美味しいの?と思われる方、最近では日本のスーパーにラードラーRadlerというビールを見かけられる様になりました!

是非、試しに飲んでみて下さい。

こちらは半分レモネード(スプライトでも割れます。)半分ビールです。

すぐ酔わないですし、暑い夏にスッキリされたい方にお勧め致します!

作り方は簡単ですので自分でもご自宅で作ってみて下さい。

 

基本的にドイツ人はビールをキンキンに冷やさず常温で飲まれる方が多いのも特徴です。

因みに中世時代ドイツではビールは栄養物としてみなされ盛んに飲まれていました。(水の代わりに飲まれていた。)それ故、ドイツ人はアルコールに強いのではないかという説も浮上しています。

 また1516年には”ビール純粋令”という大麦・ホップ・水以外は使用してはならない事を決定し、品質維持向上を国を挙げて行っている事もドイツビールの美味しさの秘密なのでしょう。

 もうこうなれば現地に行って沢山の種類のビールを試してみるのが1番ですね!

 

美味しい美味しいと言いましたが私自身はビールが大の苦手です。ラードラーを頑張って飲めるぐらいです。。けど、ビールの歴史は大好きです!ビールの歴史は紀元前までさかのぼる事ができます。面白いですね!

 

では、また再来週お楽しみに!

 

 

IMG_0855 IMG_0857

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・