ホーム > スタッフブログ

募集要項

2017年5月27日(土)17:27「うみのむこうは?」 好奇心が語学学習の原点

こんにちは。スタッフの石川です。

今日は土曜日ですので、ちょっとのんびりした話題を。
私事なのですが、2歳半になる息子がおりまして、彼は絵本が大好きです。
そんな彼のお気に入りの一冊に「うみのむこうは」という絵本があるのですが、大人も読みながら海の向こう側に思いを馳せる事ができるような、想像力を掻き立てる絵本です。

例えば
「海の向こうはずっと海。どこまで行っても海かしら?」
「海の向こうは町かしら?高いビルがある町かしら?」
「小さい家もあるね。きっと子供も住んでるね。」
など。ほぼ同じ構図の絵なのですが、女の子が想像している姿が続きます。
そして、最後に
「海の向こうでもこちらを見てるかな?わたしがあちらを見ているように」
で終わります。海の向こうに広がる、女の子が想像する動物や町に息子は夢中になるのですが、ただ一箇所だけ、息子が逃げ出すところがあります。それは

「うみのむこうは何かしら?怖い動物やお化けがいるかもね。」

というページ。そのお化けや動物が本当に結構怖い・・・。
それがトラウマになり、絵本そのものを嫌いになってもおかしくないのですが、数分経つと再びこの本を持って「これ読んで!」と戻ってきます。
この息子のリアクション。滑稽なのですが、身に覚えがあるような???なんだろう?

思い当たりました。海外に興味を持ち出した、大学生時代。個人旅行に出たり留学したりの、あの頃の自分です。好奇心、恐怖心が同居したあのなんとも言えない気持ち。
当時は2009年の同時多発テロなどもあり、散々不安になりましたが結局「うみのむこうになにがあるかな?」の好奇心が勝ちました。
きっと外国語を学ばれる皆様も同じ思いで学び始めた方が多いのではないでしょうか?
絵本ですので、参考図書にはなりませんがお時間があればパラパラ見てみたら、そんな昔を思い出して、マンネリになっていた語学学習も(該当する方は)情熱が戻ってくるかもしれません!!

※「うみのむこうは」五味太郎作
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%86%E3%81%BF%E3…/…/4871100359

<< スタッフブログ一覧へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ