ホーム > スタッフブログ

募集要項

2017年6月9日(金)15:06「What do you drink? Bourbon?」

本日は英語の時制の面白さに関して少々。

現在読んでいる「心にとどく英語 マークピーターセン著(岩波書店)」に面白い記述がありましたので紹介します。

「What do you drink? Bourbon?」

皆さん。これをどのように翻訳しますか?
そりゃ、「何飲む?バーボン?」でしょ。普通のことです。
でも、本日は時制の面白さに関して、お話しすると宣言しました。答えは単純ではありません。
上の例文は実は、非常に有名な「卒業」という映画のワンシーンを例にとったものなのですが、ミセス・ロビンソンという中年女性が優等生ベンという青年を誘惑するシーンにてミセスから発された言葉です。
(ミセスはベンの両親の親友。彼にとっては昔からのおばさん・・・。)
あるパーティの帰り、ミセスはベンに自宅まで送ってもらうのですが、その際「一人で部屋に入るのが怖い」などと理由をつけて結局、彼をホームバーに連れて行き、例の言葉を発するのです。

「What do you drink? Bourbon?」

どうでしょう?事の背景がわかって、翻訳が変わりましたか?
やっぱり「何飲む?バーボン?」しか思い浮かばない!でも、それでは
「What will you have? Bourbon?」などの方が自然なのではないでしょうか?

では正解を。これは時制が「単純現在」であり、「習慣的行動」を表すため
「いつも何飲んでるの?」
になるのです。しかも、この言葉は次のような行間を含んでいます。「あなたはもう子供じゃないんだから、当然自分の決まった飲み物があるんでしょう?」
う~ん。中学校一年で習うだろう、単純な文章がこんな奥行きをもっているとは!
英語の時制って深いですね。こういう行間にものを含ませた表現が出来るようなりたいものですね。

<< スタッフブログ一覧へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ