ホーム > スタッフブログ

募集要項

2018年7月7日(土)15:29【日本にいたって外国語はうまくなる!】

外国語を習得しようと思ったら、やはり留学しかないか・・・・。

そのように考えている方も多いと思います。

 

自分にはお金も時間もない・・・。諦めようかな。と考えていらっしゃる方。

果たして、留学に行く事が唯一の習得方法なのでしょうか?

言語学には「言葉の恣意性」という考えがあります。

言葉が持つ「音」と「意味」に関しては必然性がなく、それ故「恣意的」であるという事です。

例えば、「花」という単語は「ハナ」という読み方と意味に何か関係があるでしょうか?

まったくありません。アメリカに行ったら「flower フラワー」ですし、韓国にいったら「꽃コッ」です。もし、音と意味に必然性があれば、世界共通で同じ単語になってもおかしくはありません。「ザーザー(雨の音)」や「ワンワン(犬の鳴き声)」等のオノマトペでさえ、国によって違うのです。

 

何が言いたいか?というと、言葉に必然性がない以上は、結局記憶する・覚えていくしかない、という事です。覚える事に、場所は関係ありません。日本にいたって、アメリカにいたって、机に向かう、講師に向かう、という意味で同じです。それをきちんとしない人はたとえ、アメリカにいても、英語を覚える事はないのです。逆に言うと、日本でも机・講師に向かい合った人はものにしていく。

 

「留学をしなくても、こんな学習方法があります!」的なお話しではなく、申し訳ありません・・・・。ただ、なすべき事は日本でも海外でも基本的に同じで、泥臭い学習があるのみという事です。

そんな事言われたって、どう努力していいかわからない。そのために、プロの語学講師がいるのだと思います。講師はレッスン中に知識をお伝えするだけではなく、どのように覚え、記憶していくかという学習方法など、自分が語学に対してどう向き合うべきかを教えてくれます。

 

留学をできないという理由で、外国語を諦めていた方。日本にいながら外国語習得、チャレンジしてみませんか??

 

※今回は、日本でも外国語習得をできるという対として、留学をネガティブに扱う事になりましたが、留学を否定しているわけではありません。やはり、習得した外国語を運用する機会に恵まれているという点で留学は大きなメリットを持っていると思いますが、留学する事が外国語習得の唯一の方法ではない、という考えです。

 

☆☆欧米アジア語学センターで語学を学びませんか☆☆
お問い合わせはこちら!
■体験レッスン:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/
■ホームページ: http://www.fij.tokyo
■電話番号:03-5840-7434

<< スタッフブログ一覧へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ