ホーム > スタッフブログ

募集要項

2017年4月5日(水)14:49Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツ国民食 アスパラ】

ドイツの美味しい食べ物といいますとじゃがいもやソーセージが代表的だと思いますが、他にもまだまだ美味しい食べ物はたくさんあります。

そう、例えば白アスパラガス!(Spargel)

今日はその白アスパラガスのちょっとした歴史、栽培の仕方などをご紹介させて頂きます!

 

アスパラガスの価値は既に古代ギリシャ人に理解されていました。

古代ギリシャの名医ヒポクラテスは緑のアスパラガスの支柱ではなく、乾いた根の部分から強い利尿作用のある薬を得ていました。

 

裕福な古代ローマ人にとってアスパラガスはどの祝宴でも欠かせない食材でした。

更に、ローマ帝国初代皇帝は使用人に

“任務はアスパラガスが沸騰するのに必要な時間より速く遂行されるべきだ!”

と命令の際にアスパラガスを話題に持ち込む程、彼はアスパラガスの大ファンでした。笑

 

古代ローマ人がアスパラガスをヨーロッパに伝え、ドイツでは初めてStuttgartの庭園で栽培され17世紀半にアスパラガスはドイツで広められ、19世紀の後半にアスパラガスが空き缶で保存されることが出来るようになり、大成功を収めます。

また19世紀に今まで緑のアスパラガスだけだったのが、他の色のアスパラガスも栽培される様になり、ほとんど土の下だけで栽培されるようになります。第2次世界大戦後

ドイツはこの頃、奇跡的経済複興だけでなく、アスパラガス栽培も驚く好景気をみせます。

アスパラガスの耕地面積は1995年から2005年だけでも約18000ヘク

タールに拡張し、国家の連邦上級官庁の調査によると2013年にはおよそ24000ヘクターである事が分かりました。

 

アスパラガスの栽培は準備や土地の知識も必要とされるためとても時間がかかり、

軽い砂質の土で栽培されるのが一番適しています。

 

ドイツでは6月が白アスパラガスの季節でトーストに乗せて食べたり、じゃがいもを添えて食べたりします!

皆様も一度白アスパラガスを食べてみてくださいね!

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri
中学卒業後、単身渡独。
持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
引っ張る頼れる講師。
強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2017年3月18日(土)11:24Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【推薦図書】

今日は最近出版されたドイツ語のテキスト「今すぐ書けるドイツ語レター・Eメール表現集」をここでご紹介させて頂きます!

 

この本は基本的に左側が日本語そして、右側がドイツ語で書いてあります。

とても見やすく分かりやすく書いてあるのがとてもポイント高いのですが、その他にも皆様が気になっている手紙の最後に書く、herzliche Gruesse, mit freundlichen Gruessen, などの挨拶の細かな説明などもあり、普通では得られない情報が書いてあります。

 

この本はレベル的には中級の方に適していると思いますが、ドイツ人に誠意を見せたいという思いで、初心者の方でも本に書いてある形式をそのまま真似して使ってらっしゃる方も沢山います。

ビジネスからパーソナルな文書まで、シチュエーション毎に分けられているので、今ドイツ人とメールでやり取りをしている方、折角ですからこの本を利用して英語からドイツ語に切り替えてみませんか?

ビジネスシーンでも、やはり英語よりドイツ語でメールを書くとやり取りがスムーズに行く、返信が早いという声をよく耳にします。

後は、間違えている所をわざわざ添削して返信して下さる方も沢山いらっしゃいますよ!

 

完璧ではなくても、一生懸命伝えようとする!その誠意がお互いの関係をより親密にさせますし、こちら側により親近感を抱いて下さると思います。

 

授業でインプットした後、メールや手紙で習ったことをアウトプットして交流を深めていって下さいね。

 

では、Auf Wiedersehen! (またね!)

 

IMG_0313

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年2月27日(月)18:50Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツの飲み物と言えば?】

ドイツの飲み物と言えば?

とお伺いすると皆様口を揃えてビールと仰いますが、ドイツには他にも美味しい飲み物が沢山あります!私自身はビールを美味しいと思えないタイプですので、ワインやカクテルをドイツで飲んでいました。

 

そして今日はここ数年ドイツで人気の”Hugo =フゴ”というカクテルをご紹介したいと思います。
フゴはさっぱりしていて、またホルンダーの甘い味がするので飲みやすいです。

比較的夏に飲まれる事が多く女性に大人気です。

 

作り方はすごく簡単!

ホルンダーのお花のシロップ、レモン又はライム、プロセッコ(スパークリングワイン)又はゼクト(ドイツ版シャンパン)お好みによって混ぜるだけ。

最後にミント、またライムを薄く切って入れると香りも加わって美味しいですよ!氷も忘れずに!

また、アルコールを入れずにホルンダージュースとしても飲まれる方も多く、ホルンダーはビタミンやカルシウムが含まれているため上の世代の方にも愛されています。

 

材料は日本でも手に入れられるので、是非自分でも作ってみて下さいね!

 

Dann,  bis übernächste Woche!

(では、また再来週に!)

写真は「フゴ」見ているだけで喉が渇きますね!

 

フゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年2月13日(月)16:05Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【リーディングのコツ②】

皆様、ご無沙汰しております。

さて今日はお預けになっていた、リーディングパート2をご紹介していきたいと思います。

 生徒様がいつも読解でつまずくのは、長文が出てきた時です。

ドイツ語は長文が多いため、何がどこに繋がってるのか分からなってしまい、混乱してしまいます。

けど、長いからといって投げやりになったり惑わされないで下さい。

 

以前お伝えした通り、ドイツ語は規則がしっかりとしているのでルールをきちんと守ればあっというまに読解出来ます。

 

① まず、長文が出て来たら、すかさず1格2格3格4格をつけて下さい。

 

② どれが1格か4格か分からない場合は動詞をみて下さい。動詞の変化で1格が単数か複数かを見つける事が出来ます。

 

③ ドイツ語の文で一番大事なのは動詞といって良いと思います。動詞が何格を必要とするのか、あるいは前置詞を必要とするのか必要とする場合、
どの前置詞が使われているのかを見つけ出せるとあっというまです。

 

 ④ 副文は後ろから訳してみると、早く訳せる。勿論、dass やweil , warum 等が前に出て来てる時はそこから訳してみて下さい。

 

⑤ 慣用句や熟語をある程度学んでおくこと。単語単語を調べても意味が通らない場合は慣用句や熟語が隠されている可能性があります。
辞書に書いてある初めの意味だけをみるのではなく、文全体また辞書全体にも目を通して下さいね。

 ⑥文をスラッシュして、区切って読む。どこで一文なのか理解するためにも、これはかなり役に立ちます。まずは一文一文を見つけ出して、
 後程全部訳せば綺麗に頭に入ってきやすいです。

 

皆様長文を読解する際、ぜひ実践してみて下さいね!

 

それでは、 schönen Tag noch! (まだ素敵な日を!)

 

IMG_2896

 

 ■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

2017年1月27日(金)19:31Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【スピーキングのコツ】

Hallo, guten Abend! (こんばんは)

 

いよいよ、コラムも10回目を迎えました。お目通し頂き誠にありがとうございます。

今日は皆様にスピーキングのコツをお伝えしていこうと思います。

控え目で、聞き手に回る傾向にある日本人にとってスピーキングは特に苦手とする分野ではないでしょうか?

 

まず、スピーキングが苦手な方にとって、その場を切り抜けたいと思われている方にアドバイス出来るとしたら、会話の主導権を自分が握る事です!

これは自分だけが、永遠に語るという意味ではなく、答えが返って来ても自分が理解出来る質問をする。つまり、自分の分野に相手を引き込むという事です。

後は、相手に長く語らせず相槌を打ったり、少し口を挟んでみるというのも自分がその間、考えを整理する為にも重要です。分からない、どうしようもない!となってしまったら、質問を流して、違う話を切り出すという事もとても大事だと思います。シーンとなってしまうよりも会話が弾ませる事が大事です。

 

前もお話しさせて頂いた事ありますが、トライする時に初めは文法が間違っているとわかっていても、相手に伝えるという事を優先させる。しかし、ある程度やはり文法が出来ていないと通じない時もあるのでその時は、日本語でいう「えーっと…」(also, irgendwie, ja, aber…) などを前置きして考えている事を表明して下さい。

 

少し横暴なやり方かもしれませんが、初めはこのぐらいの勢いで試してみて下さいね。通じた!が話す事が楽しいとなっていくのでその気持ちを大事に頑張って下さい!

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

2017年1月13日(金)16:51Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツ語の魅力】

今週のコラムのテーマは

ドイツ語の魅力です!

 

皆さん、明けましておめでとうございます。(ein gutes neues Jahr)

今年も宜しくお願い致します。

 

今年の目標(ドイツ語を好きになってもらう❤️)を早速、有言実行です!

 

 

いきますよ!生徒からよく受ける質問でありがちなのが、辞書には同じ意味が載っている2つの単語、意味は同じだけど何が違うの?!

例えばgrüßenとbegrüßen(両方、和独には挨拶すると載っています。)これ、実は同じ挨拶するでもニュアンスが違うんです!

ドイツ語を学ぶときに大事なのは初めから分からないから辞書をひこうではなく必ずその前に頭の中で絵を描いて妄想してみることです!そしてコツを掴む事!

今、違いが分からない方達の頭の中では人が挨拶している絵が浮かんでいます。

これを最後には2つの明確に分かれる絵にしてみせます!

 

まず、文法的に解いていきます。beがつくのはいつも非分離動詞、そして大事なのがbe+動詞はいつも4格を必要とする!という事はbe+動詞の時は文がコンパクトになることが多く、前置詞が要らない時も割りと出てきます。

(例 Ich arbeite an der Hausarbeit. oder Ich bearbeite die Hausarbeit.)

そして、もう一つ言語学的レクチャーです。この全く意味がなさそうなbe-実はちかっぱ大事な意味が隠されているんです。今回はドイツ語を好きになってもらうため特別サービスで教えます。笑☆ be=”ist konkret auf eine Sache bezogen,” ” Man ist mehr an der Sache dran” そう、具体的に指し示したり、もっとその事に対して近くにいるって言うニュアンスが隠されてるんです!けどいつもじゃないんで気をつけてください。70%ぐらいこれで適応できます!

 

では、この言語学的ニュアンスからgrüßen,begrüßenの違いを解いていきましょう!

grüßenは実は微笑んで挨拶したり、頭を下げて挨拶したり、挨拶してる側の体に触れてない時、適度な距離がある時 grüßenを使います。

ではさっき言ったBeの意味を適応させるとどうなるでしょうか。

そう、そうなんです、そのことに対して近くにいるという事でbegrüßenは挨拶する方を抱きしめて挨拶したり、ほっぺにチューして挨拶したり、手を差し出し挨拶する時、身体が触れ合って挨拶する時はbegrüßenなんです!

だからメールで最後に挨拶を書く時はBegrüßungではなくGrüße, schöne Grüße, viele Grüßeって書くでしょ?☆

ねえ、面白いでしょ?☆今、あなたの頭の中にはgrüßenとbegrüßenで絵が分かれてるはず!本当ドイツ語って面白い、意味の中の意味を探して(意味論)ドイツ語を手に入れましょう☆

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2016年12月27日(火)10:48Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【リーディング学習のコツ】

皆さん、frohe Weihnachten!(メリークリスマス!)

この3連休いかがお過ごしでしたか?

 

今回はリーディングのコツ 1 を皆様に伝授していきたいと思います。

 

皆さんは長文読解をする際、どの様にされていますか?

限られた時間の中で全部書いてある事を理解していくのはとても難しい事だと思います。長文読解だけに時間を費やしていたら、試験時間もあっという間に終わってしまって文法問題がきちんと出来なかったなんていうのもよく耳にします。

 

試験で読解問題を解く時は中身をなんとなく理解する事を目標として下さい。

分からない単語を永遠に考えるのではなく、どの様にどこで文の流れが展開しているのかを見極めるよう努めて下さい。

 

例えば、読んでいる最中、文の中で vor allem(とりわけ)

d.h. (すなわち) 、nämlich(すなわち)

genauer gesagt (もっと正確に言うと)         anders gesagt (ちがういい方をすると)

also (それだから、その結果として)

z.B.(例えば)

Es geht um…, Es handelt sich um…, (-が問題である。)

Einerseits…., andererseits…..(一方では、他方では)

Zwar…., aber….(確かに…..だが)

などの後ろに必ず長文のキーとなる言葉が含まれているので、そこに線を引っ張っていくと読みやすくなっていくと思います。

 

結論は勿論、最初に書かれている事もあれば、後ろに書かれている事もあります。ですから、前と後ろを結びつけて確認するのも大事になってきます。

 

後は、単語量を増やす事は勿論また自分の知識を身につけておく事です。

この読解の内容は大体こういう話題だろうなあというのは普段、皆さんが日常生活の中で新聞、学術雑誌などを読んでおくと推測する事が出来ます。

お時間があれば是非、ドイツ語の子供新聞なども読んでみて下さいね。

http://www.pauls-kinderwelt.de/stuttgarter-kinderzeitung.php

 

次回のリーディングのコツでは関係代名詞の読解を中心に語らせて頂きたいと思います。

 

下の写真は留学時代に一緒にリーディング勉強を頑張った外国人留学生たちです。

IMG_2924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年12月8日(木)14:39Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツの教育】

皆さんはドイツの教育と聞くとどういうイメージを持っていますか?
ドイツと言うと車や機械が有名な技術大国で、教育もそれに合わせて厳格なものと思われるかと思いますが、
そのような国民を育てる教育とはどのようなものでしょうか?

 

それにはかの有名な学者アレクサンダー・フンボルトの兄ウィルヘルム・フンボルトの提唱した教育論が影響していると言われています。プロイセンの大学教育改革を任されたフンボルトは、大学は自立した個人を育てる場と定め、自立には文化的素養と理数学的教養が欠かせないとし、文系であっても理数系の講義を受けたり、また逆に理数系でも文系の教養を得られるような仕組みを設けました。事実を学ぶだけではなく、その事実を踏まえて自分がどう考えるのかを重視するので、試験も論述や口述が殆どです。中学や高校でもそうです。ドイツ人が理屈っぽいと思われるのもこうして子供の頃から論述試験で鍛えられているからかもしれません。

そんなドイツの大学も最近では欧州連合の高等教育を統一するボローニャ・プロセスの制定で大きく変わりました。ディプロムからバチェラーマスターという単位制になり、試験の数も増え、他の国の大学とも似たようなシステムになりました。フンボルトの教育の理想が失われる!技術大国としての基盤が危うい!と大きな議論になったものですが、果たしてどうなるのでしょうか?

 

■ウィルヘム フンボルト
ドイツの言語学者・政治家・貴族。フンボルト大学(ベルリン大学)の創始者

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2016年11月18日(金)11:57Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【ドイツ人の国民性】

今回は私が思っているドイツ人の国民性についてお話しさせて頂きます。

 

ドイツに12年在住していた時に、ドイツ人以外の外国人からよくドイツ人は冷たい、面白くないという事を頻繁に耳にしました。

自分自身もドイツに移り、初めの1,2年は冷たいなあという印象を持っていましたが、言語が理解出来るようになり、しっかりとしたコミュニケーションが取れるようになってドイツ人への印象が変わりました。

 

個性がある、ダイレクトに物を言うなどは海外ではよく見られる傾向なのですが、それに加えドイツ人の多くの人は一つの物、事柄に対する意見をしっかり持っていて、そしてその事について討論するのが好きです。

 

大学在学中よく経験したのですが、ドイツではゼミや講義の中でプレゼンする人が、自分の仲良い友達でも、そうでなくても関係なく質問し、反論があれば自分の論理で冷静に説明します。だからと言って、友達関係が悪化する事は無く、ゼミや講義の後はいつも通りに仲良く話していました。

討論好きは学校だけに限りません。プライベートな時間、カフェ、バーや居酒屋に行っても、世間話以外に国際政治の討論、社会問題、新聞の話、ある歴史の解釈の仕方など真面目な討論が繰り広げられます。

ドイツ人は論理的で一人一人が自分の哲学を持っているという事ですね。

 

ですが、それは他人の意見を受け入れないという事ではありません。自分の意見を持ち、それを他の人に話す事で、自分の中でもう一度確認、そして他の人の意見を聴き、それがまた違った意味で論理的であればその事について自分も感銘したり、考え直したり、他人の意見に同意出来なくてもそれと共存しようとする、といった傾向です。それと同時に深い芯をそれぞれが持っているという事です。

もちろん、全員がそうではありませんでした。自分が知りあって来た人にはそういう方々が多く、長くドイツに住んでいる外国人もこういった影響を少なからず受けています。

 

大学の事務やレストランバーで仕事をしている際に感じたことですが、駄目なものはだめ、決め事に関しては例外をめったに認めません。(日本だったら、単位を落としそうになると救済措置がありますが、ドイツではスコアを割ると問答無用で落第!)、仕事は自分で見つけるもの、やる時はやる。そして、会議では役職や年齢など自分の立場に囚われず、改善点、問題点を言っていく。時間になったら途中でも仕事を終えるという傾向が強かったです。

 

皆さんはどのようなドイツ人像をお持ちでしょうか?是非、ドイツに行って沢山のドイツ人と深くお話ししてみて下さいね。

 

IMG_2896

 

 

■筆者:Eri

 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年11月4日(金)19:00Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局【自宅学習について】

Lange nicht gesehen ! (長いことお会いしませんでしたね!)

 

今日は自宅学習のテーマでお話ししようと思います。

 

週に一度の授業を受けていれば、それなりにドイツ語のレベルがアップしてるだろうと思われてますか?
勿論、全く受けないよりは確実に良いと思います。ですが、やはり皆さんが家で又は電車の中で努力して頂かないとレベルは中々アップしません。
授業で新しい所を学びその場で理解して実践出来て帰っても、何日か経つとこれ何だったけ?となる方がほとんどです。
ですので、宿題をやりながら復習する事がとても大事になってきます。

 時間的な問題で。。。とおっしゃる方が多いのですが、その場合私は「では予習は良いので復習を頑張ってみて下さい!」と復習を重視しています。
語学をマスターする上で大事な事は習った事がきちんと定着していく事、習った事の積み重ねで次、勉強する所が理解出来る様になっています。
因みに、効果的なのは週に一度ドイツ語の日、6時間など、まとまった時間で無理するのではなく、毎日1時間なら1時間、30分なら30分と毎日やっていく方がより効果的です。
毎日ドイツ語に触れる事で、自分の生活の一部になっていきます。ですので単語なども普段より忘れにくく、また定着しやすくなります。

 

私の生徒さんに専業主婦の方がいらっしゃいます、その方は家のあらゆる家具にドイツ語で名前を貼り付け、掃除機をかける時は掃除機をドイツ語で唱えながら単語を覚えられています。もっと聴き取れるようになりたい!という生徒さんには「耳が喜ぶドイツ語」を買うのをお勧めして、ドイツの食文化、歴史、大学制度などドイツの知識を増やしながら聴き取り頑張って頂いてます。書くのが好きという方には、発音しながら、沢山書いて覚えて下さいとか、作文を書いてきて頂く事にしています。単語がすぐ頭から抜けていくという方々には是非携帯をドイツ語設定にしてみて下さいと勧めています。政治、経済新聞を読むのがお好きという方には初めは分かりやすく書いて下さっている” Slow German “や ” Spiegel online” を読んで宿題として翻訳してくる事をお勧めしています。上級者の方にはfaz ( Frankfurter allgemeine) を翻訳する事をお勧めしています。

 

皆様もまず初めに自分が好きな事=好きな学習法からドイツ語を学んでみては如何でしょうか?
是非、楽しみながら語学を習得していって下さいね!
それでは、 Auf Wiedersehen ! (またね!)

 

【今回お勧めしたもの】
■耳が喜ぶドイツ語 
www.amazon.co.jp/dp/4384056435

■Slow Ggerman
http://slowgerman.com/

■Spiegel online
http://www.spiegel.de/

■Frankfurter allgemeine
http://www.faz.net/

 

IMG_2896

 

■筆者:Eri
 中学卒業後、単身渡独。
 持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
 引っ張る頼れる講師。
 強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
 併せ持っています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・