ホーム > スタッフブログ

募集要項

2016年8月6日(土)16:55【Rio Olympic開幕】

なんだかんだ、ネガティブな話しが多かったオリンピックが開幕しましたね。治安、ジカ熱、テロなど僕も不安が多く、正直今回は盛り上がりに欠けるかな?と思っていたのですが、今朝の開会式を見たら・・・。

やっぱオリンピックはいい!!!

特別なものですね。セレモニーはすごくなかったですか??
個人的には今までのオリンピックでベストだったような気がします。閉会式まで大きな事故なく素晴らしい大会になる事を願っています。

https://www.facebook.com/olympics/home

2016年8月4日(木)20:13【勉強は机で!〜頑張れ清武弘嗣〜】

先日TVを見ていて思わず突っ込まずにいられない光景を見ました。スペインリーグに挑戦の清武弘嗣選手、スペイン語の習得も頑張っているようです。がしかし・・・

勉強は机でしよう!!!
ベットでしちゃダメ・・。
既に半分は夢の中って目をしています。

無数のライバルに打ち勝たなくてはいけない中で、更に語学もやらなきゃならないなんて、本当に過酷だし尊敬します。
だから頑張ってほしい!スポーツはコミュニケーションが本当に大切で、スペイン語が上達したらきっとサッカーでも結果が出ると思います。清武選手がこれを見ていたらskypeでも当校の素晴らしい講師を紹介したいです。

IMG_1558

2016年8月1日(月)18:44【大袈裟に発音してみよう!】

皆様こんにちは。

今日は僕が大好きなラジオDJ・小林克哉(テレビのBest Hit USAも有名だし、俳優や歌手なんかもやっています。)が「ザ・インタビュー」という番組に登場していたので、ご紹介させて頂きます。インタビュアーもこれまた大好きな松岡修造!

小林克哉の英語での曲紹介はいつもかっこよく、海外生活が長いんだろうな・・・、とずっと思っていたのですが、なんと留学生活の経験もないとの事!!本当にびっくりしました。
番組内では、そんな彼の英語学習の秘訣なども話しています。

インタビューで印象に残っている事は、英語を発音する時に、それぞれのアルファベットの特徴をデフォルメさせるといいとの事。
例えば、N・Mなどは類似しているため同じように聞こえるのですが、これを大袈裟に特長を捉えながら発音していく事で上達していくそうです。単語を例に取ると「MOON」、普通に言えば「ムーン」ですがこれを大袈裟に「ムーンヌッ」と発音してみる。もちろん、慣れてきたらデフォルメしたものは自然に戻す必要があります。大袈裟に発音されたものに慣れ、自然に発音できるようになった時、そこには限りなくネイティブに近い発音が待っているかもしれません。

番組がYou Tubeにアップされていないか探したのですが、予告編しか見つけられませんでした。再放送がやっていたら是非見てみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=uRYakPTmWn4

2016年7月19日(火)17:07【テキスト紹介】

本日は当校のインドネシア語講師である深尾康夫先生が【ビジネス/生活で使える インドネシア語ダイアローグ】を出版しましたので、お知らせさせて頂きます。

深尾先生は2年前、当校監修でDHC様より出版された【通信講座 仕事で使えるインドネシア語】を著作いただきましたが、今回は当校は関わりなく三修社より出版されております。
深尾先生はビジネス関連のインドネシア語レッスンに多く携わっておられ、海外でビジネスをする中でどんな表現が必須なのか?また、どんなシチュエーションに備える必要があるのか?を熟知しています。そんな深尾先生が作ったこのテキスト、ご赴任前の方は是非お役立てください。もちろん、欧米アジア語学センターにいらっしゃって、このテキストを使って深尾先生のプライベートレッスンを受ける!というのがベストの道です。

www.amazon.co.jp/dp/4384046847

2016年5月17日(火)16:44【ベトナム語 通信講座】

本日は当校、欧米アジア語学センター監修で、当校講師「寺田 雄介」先生が執筆した通信講座用テキストをご紹介させて頂きます。

今回もDHC様よりお声がけ頂き出版にご協力させていただきました。インドネシア語・スペイン語・ポルトガル語に続き4言語目になります。


テキストは「海外赴任者」向けに作られており、赴任者が遭遇する様々な場面の会話から、必要最低限の文法事項を学ぶ仕組みになっています。
ポイントは、学習項目を「必要最小限」に絞り込んで忙しいビジネスマンの方々を挫折させないように作られている事です。
スキットの文量は多くなく、学習ペースも一日で覚える表現を数個程度に抑えて、それを3ヶ月間継続していただく作りです。
一日の学習量としては30分もかかりませんが、3ヶ月続ける事で「塵も積もれば山となる」内容に仕上がっています。
また、ご赴任者様には嬉しいベトナムの文化的な事や豆知識などもコラムに盛り込まれているので、現地での生活にも役立てていただく事ができます。

内容は必要最低限の要素を短期間に効率的に行う事を主眼として
作られておりますので、「もっと深く学習したい!!」という方は是非当校に通ってくださいね。執筆者の寺田先生が担当させていただく事も可能です!

fij@fi.jpn.ac_20160517_164133

2016年4月30日(土)12:08【GW2日目】

こんにちは。GW2日目の土曜日素晴らしい天気ですね。

欧米アジア語学センターは今日も開校しておりますが、レッスンの数はGW前に比べると半分ほど。教室内もなんとなく、GW的なゆったりとした時間が流れている気がします。

毎年GW前には生徒の皆様に、期間中旅行などに行かれるか?を聞くのですが、みなさま混雑を避けお出かけをされない方がほとんどです。
そんな時は今まで頑張ってこられた「復習」の大チャンス!!
でも、こんな天気の良い日にお家で電気スタンドを付けて、ガリガリと、じゃもったいないです。スタバやおしゃれなカフェに出掛けて、出来ればオープンテラスで自分へのご褒美として、フラペチーノなんかを食べながら気持ちよく楽しく勉強をすると効率もいいと思います!!

GW中にも関わらず勉強してください、と口うるさい欧米アジア語学センターからのお知らせでした。

 

s-fun7

2016年4月28日(木)19:49【東京ジャーミィバザー2016】

こんにちは。明日からGWのはじまりです!
予定は決まりましたか?
決まっていないけど、何かしたいと考えている方にオススメのイベントがあります。
東京代々木に日本最大のモスク「東京ジャーミィ」があるのですが、そこでバザーを開催しているそうです。バザーでの利益の一部は熊本地震に寄付していただけるという事ですので、参加する事で、熊本の復興に寄与する事もできます。

イベントではイスラム教を紹介するセミナーやアラビア書道、オヤ(トルコ刺繍)を体験できたり、トルコアイスなど定番のグルメなどを楽しむ事ができます!是非興味のある方は参加してみてください。

当校の爽やか講師も参加しています。(ラフマン先生・アタライ先生)、トルコ語の生徒さんは会いに行ってたければ先生方も喜ぶと思います!!!

https://www.facebook.com/tmn4bazaar/

2016年4月28日(木)15:39ゴールデンウィークの営業に関して

GWの営業に関してお知らせいたします。 GW期間中は以下の日程でお休みとさせて頂いております。 4/29(金)・5/3(火)~5/5(木) 皆様よいゴールデンウィークをお過ごしください。 欧米アジア語学センター 03-5840-7434

2016年4月27日(水)15:49おすすめ教材【TED】

ビジネスレッスンなど、中級者以上の英語レッスンではよく教材に【TED】を使います。今日は特に面白いと思ったものを見つけたのでシェアします。是非ご覧ください。

建築家が幼稚園建設から建築の無限の可能性を語っていますが、感動すらしました。語り手の手塚貴晴さんのプレゼンは笑い、説得力、感動どれをとっても素晴らしいです。英語でプレゼンする予定のある方は必見!

http://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20160115-00002232-ted

2016年4月15日(金)10:58≪第24話 最終回≫ ダビッド先生のドイツ情報局 【独学について】

Hallo!

やっと春らしくなってきましたね!なんだかいろいろと活動したくなるエネルギーがわいてきますね!ぜひそのエネルギーをドイツ語の勉強にも振り分けてほしいです!

今まで半年間、ドイツの文化事情と、その後より語学学校らしくドイツ語の言語や習い方について紹介してきました。もちろん全部自分の個人的なフィルターがかかっているの、皆さんにもぜひ自分で「ドイツ」を体験してもらいたいといつも思っています!
今日はいよいよコラムが最終回を迎えることになりました!最後に、勉強を継続する大切さについて書きたいです。
語学で絶対に欠かせられないのは「独学」です。

 

独学。自分独りで勉強する。コミュニケーションがしたいのに、なんてさみしいこと。独りでって。
でも、やっぱり脳裏に焼き付けるのに、自分しかいないです。
先生に一度言われて、覚えたということはまずないですね。本で読んだから覚えたってのもないです。繰り返しやるしかないです!

ちょっと脱線ですが、実は我が家で最近わんちゃんとの暮らしを始めたのですが、オスワリ、オテ、フセなどいろいろ教えています。最初は、絶望的な顔もしてたわんちゃんが、少しずつ人間の言葉を理解するようになってきています。こっちも、犬の習性を少しずつ勉強して、お互いコミュニケーションをとれるように頑張っています。そのために必要なのは、我慢強さと繰り返しお互いに向き合うことです。

言葉の勉強の場合は、人間同士のかかわり合いなので、もちろん動物とのコミュニケーションと違って、バディランゲージなどだけでもいろいろぱっと見てわかりますが、基本的に根気強くコツコツやってお互い寄り添ってみることに変わりはないかと思います。違う文化園だと当たり前だと思ったことが当たり前じゃなかったり、異文化交流で気まずい場面もあるでしょうし、でもそれを恐れずに勉強して実際使ってみるしかないですね!そうすると、楽しいと思えるときがどんどん増えて、いつのまにか、生まれてから今まで全く暗号のようにしか聞こえなかった言葉が「そういえば、私の耳で聞いてわかるんだ〜」と感動すると思うんです。

ボクも、子供のとき日本語のアニメをドイツ語の字幕で見てたとき、まさかいつか同じ日本語をぱっと使えて、ぱっと聞いて理解して、しかも日本語で自分でコラムやマンガを書いたりすると思いもしませんでした。振り返って感動するんですよね。よく、全く別の言葉を理解できるようになったなあって。

 

皆さんもそれができます!!

 

今まで紹介した勉強方法は、ボクが全部実践して良いと思ってるので紹介したのですが、人それぞれ、合う合わないがあるかと思います。とにかく、自分でうまく勉強する方法を見つけてください。うまくいかないときでも、継続するのが全て!それで絶対大丈夫です。

モチベーションを保ちましょう。

 

実は、義務教育でボクたちは、「勉強」ってのは、いやなことだ、面相臭いだけだ、とかいろいろな経験もしてくるので、勉強を嫌いな人が多いと思うんですよね。自分のできること・才能関係なく、数字にスキルを置き換えられて、あれもこれも向いてないことまでできるようにならなきゃいけないですしね。しかも人生のためになる勉強が少ないですよね、学校では。(少なくともドイツではそうでした)数学でサイン、コサインとタンジェントを勉強しても、今まで一度も必要ありませんでした。英語では、死刑や妊娠中絶の難しいテーマについての意見交換が皆の前でトークショー形式でできるけど、高校卒業したての時「フォーク」と「スプーン」はなんと言うのかわかりませんでした。「This is a pen」も大して役に立たないでしょうね。確定申告の仕方とか、そういう実生活で必要な勉強はあまりありませんでした。日本ではどうでしょう?

 

でもね、語学の勉強を自分で選んでいる皆さん、勉強は実は楽しいことだったことを再発見してもらいたいです。そのためにも、このコラムを書きました。興味を持つと、勉強ほど楽しいことはないかもしれません。語学は最初から実践的だからハードルが高いと思っちゃうけど、12年も学校に通ってきて一度も使ったことないものと比べると、すぐに応用できる勉強って素晴らしいじゃないですか!(笑)

 

なので、ぜひ、興味を持ち続けて、大変でも、何のために勉強しているのか、どんな目標があるか、どうやって達成できるか、だけを考えてください。どれだけ大変なことだって考えないでくださいね。だって、人生なんでも大変ですよ!だから自分にとって意味のある大変なことをしましょう!(笑)考えすぎないで、コツコツやるといつの間にかできてしまいますからね♪

 

しかも、ドイツ語の勉強に関しては、日本ではNHKでドイツ語講座もあったり、確か毎年番組の内容がリニュアルすると思うんですが、それに合わせた本も出てるし、ネイティブの先生が番組でも教えてるという恵まれた環境があります。昔ドイツのテレビやラジオで日本語講座があればどれだけ嬉しかったか!(笑)

 

以前紹介した教科書は、日本語の解説が載っていないし、実は日本で売ってる教科書は文法の解説だけを詰め込む本とかが多くて…それを使うとまた先ほどの「勉強っていやだな、面倒くさいな」という印象しか残らないと思うので、オススメできません。でもNHKの番組は、見てる限り独学にとてもいいと思いますよ!ぜひ活かしてください。

勉強が進んでいる中級者とかは、ドイツ語だけの本でもいいですし、教科書じゃなくても子供用の絵本やマンガから、小学生向けの小説に移ったり、どんどん新聞や雑誌、実際ドイツでの生活で目にするものを見て勉強することがいいでしょう。特に今はどんな紙面でもオンライン版も出てたりするので、便利ですね!

 

自分で興味のある教材を見つけて、勉強したいという気持ちになって、頑張ってください。楽しさがモチベーションのスイッチですから。

今年の春からもスイッチをオンして、頑張りましょう!

 

それでは、ここでコラムが24回目の更新で終わりになります。楽しんでいただけたでしょうか?ボクは、半年間書いてて、本当に楽しかったですし、もしたくさんの人にドイツのことを身近に感じてもらえたり、勉強の仕方で新しいヒントになれたなら嬉しいなあと思います。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

またぜひ、どこかで♪

Macht’s gut! (お元気でね)

 

ダビット

 

 

david

 

 

■筆者:レンメル ダビッド ナタナエル

マンガ家になるため来日し、現在はドイツ語講師、マンガ家、マンガ講師
として活躍中。ドイツ語講師としては、日本語を高いレベルで習得した経験を
活かして、論理的でわかりやすいレッスンが評判。
何よりも楽しくレッスンを進める事で生徒さんの継続率も非常に高い先生です。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:http://www.fij.tokyo/course/german.php
■資料請求:http://www.fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:http://www.fij.tokyo/free_trial/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・